FC2ブログ

アンヘレスのピナは自分のお尻をぱんぱんと叩いてドギーを要求

新サイトで公開していない磯仁様のレポート、
今回はアンヘレスです。


お店はKOKOMO’Sの斜め前にあります。

こちらは小さな間口のお店で、
その作りはまるでバンコクのパッポンにある
KING’S系列のお店のようです。

お店のカーテンを潜るといきなり正面に細長いステージ。
そこに10数名の娘がそれぞれ私服のまま踊っています。
偶に上からポールを伝って娘がステージに降りて来ます。
左側に小さな席、右側には大人数用のテーブル席が並んでいます。

まずはビールを頼んで一息、すると突然5,6人のグループ客が。

どうやらK国人の団体のようで、いきなりドカッとテーブル席に座ると、
案内役と思われる一人が、お前の好みはこの娘か?と言う感じで
いきなり娘の腕を掴んで確保してテーブルに連れて行きます。

その中の一人が断ると、何と全員でお店を後に。
何も飲み物一つすら頼まないで・・・
まるでスーパーで商品を選ぶように・・
って、ここもまあそのようなものでしょうが。
ちなみにこのお店のオーナーもK国人だそう。

さて、先程からステージ上の一人の娘が
こちらに向かってアピールして来ます。

軽く笑っていなしていると、
何と先程の団体がまた戻って来て再度物色すると、
今度はその娘をさらっていっちゃいましたよ。

さっそくペイバーのようです。
その娘はお店を出掛けにこちらに振り返って
手を振って行ってくれましたが・・・。

さて、お店にはブレザーを着たような娘も何人かおりまして、
聞けばウェイトレスなんだそう。

選んだのはその中の一人、25才、落ち着いた感じの美形、
長いストレートのきれいな黒髪がその白い肌に映えます。
子供は一人だそう。

横に付けて一緒に数杯飲んだところで
この娘は大人だな、と思ったのでペイバー。

自分のビールは110ペソ、
レディスドリンクは同じビールが300ペソでした。
こちら、バーファインは誰でも一緒で3,000ペソ均一でした。

彼女はお酒が好きとのことで途中寄り道して少し飲み直してから部屋へ。
お互いシャワーを浴びて、さあ、プレイ開始です。
まずはこちらから攻めます。

首筋から胸へと舌を這わせ、彼女のたわわな乳房を弄び、
と、堪らずに彼女はこちらの頭を自分のそこに押し付けます。
思いもかけずにクンニの強制です。

茂みはきれいにシェイブされ、
その下に覗いている小さな蕾を舌先で弾くように舐め上げると、
今度は物凄い力で頭を押さえ付けられます。

しばしこちらの舌を堪能して貰ったところで交代、
彼女はそれにかぶりつくように咥えた後、ゆっくりと上下、
昂ぶったものを愛しそうに咥えてくれます。

充分になったところで準備をしてからまずは彼女が上に。
こちらの胸に両腕を付いて、まるで獣のように激しく動きます。

途中交代して今度はこちらが上に。

円を描くようにゆっくりと突き始めると、それでは物足りないのか
いきなり「チェンジ!」と言って体を離すと自ら四つん這いになって
自分のお尻をぱんぱんと叩いてドギーの要求。

心得たとばかりに後ろからゆっくりと挿入して
彼女のお尻を両手でギュッと掴んでガンガンと突きます。

さらに彼女のたわわな乳房に両手を廻して強く揉みながら
腰にありったけの力を込めてガンガンと突きます。

彼女の漏らす溜息がだんだん大きくなってきたところで
こちらも堪らずフィニッシュ!

こちらのモノを包んでいる彼女の襞が、
その律動に合わせてキュッキュッと収縮しています。

しばらくそのままで余韻に浸っていると、
最後に絞り取られるようにギューッと締めつけられて、
ここで四つん這いのまま彼女は上気させた顔を
こちらに向けて親指を立ててニッコリと・・・
どうやら良かったようで・・・久し振りのご奉仕でした。

お互いが交代でシャワーを浴びて、戻ると彼女も既にベッドの中、
どうやら泊まって行ってくれるようで・・・。

午前二時過ぎ、彼女のけたたましいスマホの着信音で目が覚めます。
迎えが来るからこれから帰るそう。

ここからちょっと離れたアパートに
子供とお守り役の親戚と三人で住んでいるそう。
三人でパラワン島というところから出て来たんだそう。

こちらも着替えてお見送り、
ロビーでバイバイと手を振ってお別れです。

いろいろな背景を背負った娘たちですが、
それを微塵も表に出さない天真爛漫さ、
これもフィリピーナならではでしょうか。

【イポー】2017年の最新情報

2017年、再び訪れたマレーシアのイポー。

新サイトで記事にいたしますが、
店名やMAPはこの有料記事にて
限定公開といたします。

過去記事で「隠しSPA」の存在をレポートした
シュエン・ホテルはその後、
SPAを閉鎖してしまいました。

限られた選択肢しかないイポー風俗の灯を守るため
このような措置をとりますことをご理解ください。

続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

【ヤンゴン】アメリカンBJ?が売りの尾根遺産

ちょうど1年前、新ブログがハッキングされたり、
サーバーの移行を余儀なくされたりで
連日、七転八倒しておりました。

サーバーの移転にともなって、
予約投稿していた記事のいくつかも
そのままお蔵入りしていました。

今回の磯仁様レポートは、お蔵入りしていたもので
ヤンゴンの某ディスコです。

*オトコの夜遊びガイド「ヤンゴン編」には収録済み

myanmar-lady-temple.jpg

入店は金曜日の深夜12時過ぎ。

まずはビールを頼んで一息。
この時間、お客の入りは4割程。

恐らくはホテルの宿泊客なのでしょうか、
妙齢の白人カップルが目立っており、
フロアで楽しそうに踊っています。

小生の他に一人客はたった一人、
アジア系の客は見る限りこれだけでした。

斜め奥を見ると、カウンターテーブル席に
若い女性が5人程固まって腰掛けていて、
その内の一人が暗がりの中から
こちらを見て微笑んでおります。

こちらがそれに気付くと、
キメの笑顔でセクシー・ポージング。

思わずオーッ!と驚くフリをするや、
待ってましたとばかりに駆け足でやって来て
いきなり膝の上にお尻を乗っけてきましたよ。

膝の上で腰をフリフリした後は
体をぴたりとくっ付けて横に座り、
こちらの右手を取って自らの腰に回します。

お姉さん、長身でグラマラスな体型、
服装はまさにあのバブリーな時代を
彷彿とさせる超ボディコン!

その青地のピタリと体に密着した生地が、
一層彼女のセクシーさを強調しています。

タイトなミニからすらりと伸びた綺麗な脚、
そして胸元を強調したライン、
もうセクシーそのものです。

壇蜜をケバくした風の顔立ち。そのロングの
黒髪がお顔のスリムさを強調しています。

お姉さん、そのたわわな胸をグイグイと
当方の体に押し付けながら一言、
「CHINESE?」

日本人ですと答えると
「オニサン、カコイイネ」 などと
知っている限りの?日本語を並べます。

お姉さん、今度はすらりと伸びた両腕で
当方の顔を抱きかかえるようにして、
ケバいお顔を唇が触れる程に近づけて、
甘い吐息を顔に吹きかけながら
囁くように「GO HOTEL!」と。

ショートならいくらですか?と聞くと、
すかさず 「SHORT 100US$」 と言います。

これは高い!と驚くフリをするとお姉さん、
「BLOW JOBで一回、本番でもう一回、
計2回で100US$」
 と。

ならば「フェラはグッドなの?」と聞くと
「AMERICAN BLOW JOB!」 と言いながら
何と左手で玉をニギニギしながら
右手で竿をグリグリと握りながら上下させ、
それを口で咥えるマネをするじゃないですか!

これはセクシー!

そうしながらもどうだ、と言わんばかりに
BODYをグイグイと押し付けて来ますよ。

普通ならもうこれで落ちちゃいますね。

なおも躊躇しているとお姉さん、
飲み物を取りに行ってくると席を立ちます。

やれやれ、と思う間もなく、今度は別の
やや小柄ながらも均整の取れた娘が
こちらに飛んでくるや、目の前で
イケイケの腰振りダンス!

白のスケスケのシャツに
下はショートの縞模様のホットパンツ姿。
そこからスラリ伸びた白肌が艶かしいこと!

娘さん、今度は膝に跨っての腰振りダンス。
そして耳元で 「OK!GO HOTEL!」 だって。

挨拶どころか名前すら聞いてもいないのに、
いきなりコレですから。

で、肝心のお値段を聞くと何と
ロング150$、ショート100$ですと。

ちょっとトイレ、と席を立とうとすると
「OK、 NO CHOOSE NO PROBLEM、
I GO HOME」
 と言います。

トイレから戻るともうそこに
彼女の姿はありませんでした。

即決するかどうかが彼女らにとっての
勝負なのでしょうね。

すぐにまた先程のボディコンお姉さんが
やって来ましたが、こちらも謹んで
遠慮させて頂きました。


数年前はロンジー姿の男性グループを
多く見かけたものですが、今宵は
ロンジーどころかミャンマー人客の姿すら
見かけませんでした。

僅か数年でこうも変わるとは・・・。

  ~  ~  ~

磯仁様もお嘆きのように、
軍事政権下だった頃のヤンゴンでは
ディスコにロンジー姿の尾根遺産も
多数いたものです。

それが今では、イケイケのボディコン(涙

でも高額とはいえ、上玉がいるんですよね。

tag : ヤンゴン ディスコ 夜遊び

プノンペンのディスコにいたのは

今回は磯仁様のプノンペン体験談です。
舞台はプノンペンの某ディスコです。


平日木曜日の深夜12時過ぎ、店の前を通ったところ、
入口にいた黒服と女店員から声を掛けられて思わず入店。
簡単なセキュリティチェックを受けてから中へ。

フロアへ入った途端、おお、物凄い賑わいです。
お客はもちろんのこと、フリーと思われる娘らも。
なかなかの品揃えです。

まずは空いていた中央のカウンター席へと座りビールを頼みます。
何でもプロモ中だそうで一杯頼むともう一杯がフリーなんだそう。
ビールはTigerでグラス一杯がUS3.25$でした。

まずはグイッと喉を潤して周りを見回します。
この時間でお客の入りは7、8割程でしょうか。
なかなかの盛況です。

さて、向かい側のカウンターに座って居る娘さんを順番に見て行きますと、
皆さんなかなかお洒落な格好で、
且つ頼んでいる飲み物もお洒落な飲み物っぽいです。

かつてのWALKABOUTでは皆さん水がメインでしたが、
こちらは皆さん色の付いたカクテルやジュースが主流のようです。
着ている服もどことなく高級っぽい感じでしょうか。

順に見て行くと中にはこちらの視線に合わせて微笑んで来る娘も居ります。
一人で来ている娘や二人でつるんで来ている娘らも居るようです。

ここで斜め右の角に二人程目を引く娘が居りました。
一人は緑っぽい服の小柄な娘、もう一人は真っ白のボディコン風の服の、
まるでキャンペーンガール?と見紛う程の背の高いスタイルの良い娘。

どちらもこちらが視線を向ける度に微笑んでくれているような・・・・。

そこでバーテンダーにカクテルを注文し、あの向かいの娘に届けてとリクエスト。
もちろん選んだのは身の丈に合った緑の小柄な娘。

彼女、いきなりカクテルが届けられて驚いた様子でしたが、
バーテンダーがこちらから、と当方を指したのを見てひと安心したようで、
すぐにグラスを持ち上げてこちらに微笑んで乾杯のポーズをとってくれました。
(ちなみにカクテルは4.75$/1杯です)

ちなみに隣の白い服の娘は「私じゃないの?」というプンプン顔をしていましたね。
まあ、笑ってはいましたが。まず種蒔きは成功でしょうか。

しばらく周りのやり取りなどを様子見しながらビールを楽しみます。
一杯目を飲み干すやすかさずバーテンダーが「お代わりです」と
二杯目を持って来てくれます。気配りもなかなかです。

と、突然右側から娘がひょこっと顔を出してきたので驚きました!
見ると先程カクテルを奢ってあげた緑の服の娘です。
いやぁ、やっぱり小柄で可愛いこと!

さっそく挨拶がてら乾杯です。
彼女、英語が喋れました。
お年は23才、日中は仕事をしているそうで、ここへは時々来る位だそうです。

空席が無かったので、彼女を膝に抱っこして一つの丸イスに二人で座ります。
これって体が密着してなかなかイイ感じです!

さて、他愛も無い会話でお互いの緊張もほぐれたところで肝心の質問です。

「今晩一緒に過ごしたいのですがいくらですか?」
「あなたが先に言って」
「ここでは初めてだからいくらか判りません、いくらでしょうか?」

という会話を何度か続けた後、
「明日も平日だし朝6時には仕事に行かなくちゃいけないから今日はショートだけ、週末なら泊りも出来るけど。」
と言い、続けて
「ショートは70$、但し1時間、2時間単位じゃなくて一回出たらその時点で終わり」だそう。

うーん、小柄で顔とスタイルはモロに好み、
でも服の上から触った胸は、分厚いパットが入っているのが丸判り。

ものは試しにとも思ったのですが、どうにも決めきれず。
ちょっと考えるから、と一旦彼女を離すと、彼女もあっさりとしたもので、
直ぐに別の友達と隣のファランの若者二人組にアピールしに行っていましたね。

しかし高い、ショートで70$とは!
まあ言い値ですから交渉の余地はあるのかもですが。
そこまで上玉かな?というのが本音です。

まあカクテル一杯奢っただけで、さんざんセクキャバ状態で触り倒しましたので、
これはこれで良しとするところでしょうか。

彼女が席を離れた後、ふと向かいのカウンターに目をやると、
すかさず白い服のキャンペーンガール風?の娘が
こちらに視線を合わせて微笑んで来ます。

おっ、俺もまだまだイケてるのかな?
と勘違いさせてくれるところがここのお店の娘の良いところでしょうか??

時は既に深夜2時近く、ビールでお腹がパンパンになった後、
ウォッカベースのカクテルを飲んでヘロヘロになってしまい、
もう今日は女はいいやとようやく諦めがついたところで、
辺りの即席カップルを横目で眺めながらすごすごと一人退散です。

tag : プノンペン ディスコ 体験談 ショート

【台湾】高雄の夜はどうなのか

今回は磯仁様の2017年:新規開拓レポート。
舞台は台湾の高雄です。


今迄もう何度も台北は訪れていましたが、
この度初めて高雄まで足を延ばして見ました。

台北から高雄までは新幹線で移動、僅か1時間半程でした。

kaohsiung1.jpg

六合夜市

滞在時は丁度台湾の連休日だったようで、
この週末の高雄は地元や海外からの観光客で大賑わいでした。
有名な六合夜市は夕方から開き始め、
深夜まで多くの観光客で賑わいをみせておりました。

この夜市に面したマッサージ屋さんや
一本横道に入ったところにも
マッサージ屋さんがいくつかあったのですが、
いずれも中まで良く見える作りで至って健全な感じでした。

昼間にこの通りを歩いていて、
KARAOKEの看板をいくつか見つけていたのですが、
何と夜になっても灯りは点かず。

以前、台北の森林北路にあるKARAOKEや
クラブとは名ばかりの日本人専用のお店でお姉さんを連れ出して、
一緒に夜の街の観光をしてからホテルの部屋へ、
というのを何度か経験。

今回もそれを期待していたのですが、
その当ては完全に外れてしまいました。

次にこの夜市近くの通りには、
表向きには床屋やマッサージ屋を呈した置屋が
存在しているという情報をもとに探索するも、
その存在は全く確認出来ませんでした。

Kaohsiung2.jpg

六合一路

Kaohsiung3.jpg

中正三路

結果、高雄に三泊するも全くその類のお店は見つけられず。

当方の探索がヘタなのか、
それとも街自体が浄化されているのでしょうか。

なお、市内にいくつかあるサウナは、
完全にそっちの趣味の方々のハッテン場だそうなので、
今回は出向くのを自粛した次第です。


観光だけであればとても楽しく過ごせます。
皆さんとてもフレンドリーで、こちらが日本人と判ると
片言の日本語で話し掛けてくれたり、
食事もメインの観光客向けの通りを外れたら、
安くて美味しいお店に出会えます。

夜の一人歩きでも安全です。

ただ、泊まっていたホテルのTVでは
24時間日本のAVを流しているのに(無料)、
そちらの供給が全く無い(デリのチラシすら一切無し)のも
なんだかな、という思いです。

★オトコの夜遊びガイド★
実は各都市の 【とっておき】 情報は、ご購入者様利益を考慮し、ブログでは一般公開しておりません。シリーズ各編のご購入は、以下各都市のバナー画像をクリックしてください。
ジャカルタ編は分冊化!
これまでのビギナー向け情報は「基礎編」、日本人があまり行かないようなスポットを知りたい方々には「応用編」を
JKT17k.jpg JKT17o.jpg
ジャカルタ編から分冊
ブカシ、チカランにご出張の皆さま向けにお求めやすく分冊いたしました。
cika17.jpg
ホーチミン編17~18
2017年5月の最新情報にアップデート
17HCM.jpg
バリ島も遊び倒そう!
ゴージャスにプレイができるSPAは?★【夜のインドネシア語会話集】も
bali17.jpg
ヤンゴンの夜遊びは?
有名店はスレた尾根遺産ばかりに劣化してしまったヤンゴンですが、じゃあ、どこで遊べば?
YGN_17.jpg
【世界遺産の街】 の尾根遺産は
改訂版2017をリリースいたしました!★【カンボジア版:夜の指さし会話帳】も★
siemreap17.jpg
変貌著しいプノンペンの今!
改訂版リリースです★【夜のカンボジア語指さし会話帳】つき★
PNH17.jpg
クアラルンプール編
リンギット安のクアラルンプールなら、円安の痛手を感じずに風俗三昧OK!!
KL17S.jpg
マニラ編17~18
2016年10月リリースの改訂版です
厳選マニラ夜遊びスポット。フィリピーナ攻略法も全公開 MNL16.jpg
ジョグジャカルタ編
世界遺産の街ジョグジャカルタの風俗情報★【夜のネシア語会話集】つき
yog17.jpg
スラバヤ編
スラバヤの風俗情報★【夜のネシア語会話集】つき
15surabaya.jpg
プロフィール

アジアナイトウォーカー

Author:アジアナイトウォーカー
アジアの尾根遺産をこよなく愛し、各地へ風俗巡礼を繰り返すアラフィフおやじ。

カテゴリ
リンク
検索フォーム
月別アーカイブ
最新コメント