FC2ブログ

2019/1/26【シドニー】置屋の店内にATM

今回はお馴染みY様の体験談です。舞台はオーストラリア・シドニーです。


久しぶりにシドニーに行ったのですが、事前調査で「置屋があり」「合法で」「Google Mapで検索できる」ということで、友人と一緒に行ってきました。


◎場所は


セントラル駅周辺で、キーワード brothel でGoogle Mapで検索したら、置屋が出てきます。

ちなみに有名なキングズクロスでは、(実際に行きましたが)ほとんど置屋はありませんでした。


前日に下見はしてたので、同じルートで各置屋をまわっていきます。


置屋毎に人種が異なり、アジア系の置屋もあれば、オージーやメキシカン等多国籍の置屋もありました。下見の際にアジア系の置屋で、入口でばったり会った非番(?)の娘が気になっていたので、その店に行きました。


その店で気になっていた娘が稼働していたので、連れも日本女性が気になったので、入ることにしました。


コースはいくつかありましたが、店員さんおススメのダイヤモンドコースで、30分 150AUD(12,000円ぐらい)を選択しました。


ご丁寧にも店の中にATMがあったので、キャッシュをおろして支払いしました。


darling-harbour-366565_640.jpg

◎プレイは


私のお相手は、中国のハンチョウ出身の23才で、可愛くて、背も低く、スリムなのに出るとこは出て、どストライクでした。


部屋に行ったところ、広くて綺麗でシャワーとバスがあり、バンコクのMPのような感じでした。


キスやタッチをしながら、お互いに脱がせ合いをして、シャワーのところに行き、簡単に洗ってもらいます。


その後ベッドに行き、キスから乳舐め、アソコを舐めて指入れすると、悶えながらいい感じに濡れてきます。


生フ☆ラをやってもらい、正常位で合体。いつもはそこからバックに移るのですが、あまりにも気持ち良く正常位で逝ってしまいました…


終わって待合室に戻ると連れが待っており、話を聞くと、連れの相手は長野県出身の日本女性だったということですが、お互いに大満足だったことを確認できました。


オーストラリアに行ってまでアジア系なの?と思いますが、どストライクの中国女性がいたのと日本女性がいたことは、ちょっとびっくりでしたね。


◎管理人から


Y様、貴重なレポをありがとうございます。相変わらずの引きのお強さですねぇ~。


私がシドニーで夜遊び三昧したのは、もう十数年前になります。


同僚たちと連れだって、まず有名処のキングズクロスに。ストリップを覗いたのですが、店のあまりの汚さとダンサーのレベルの低さに唖然として、すぐに退散しました。


そのあと、私が事前リサーチしていた置屋に。キングズクロスからは徒歩圏でした。


白人尾根遺産たち、出身地はバラバラで、私のお相手はアイルランドから来た、と言っていました。


ベッド脇の照明の下、これでもかというくらい入念に、愚息の病気の有無を調べられて、それだけで高揚していたテンションが落ちました。


 


◎アジアナイトウォーカー誕生?


翌日もまた、別の同僚たちを同じ置屋に案内。しかしもう、私は白人女への興味を失っており、上階へあがっていく同僚らを見送ってから、単身アジア系置屋に向かいました。


香港とかタイとか、4ケ国くらいいたように記憶しています。そこで指名した、香港から来たという尾根遺産。


当時まだ中国本土からは、今のように大量の海外渡航者が来ていませんでしたから、英会話もできた彼女はおそらく、実際に香港から来ていたのではないかと。


で、その尾根遺産が大当たり!


大満足の一夜だったので、翌日も翌々日も、3連荘でアジア系ばかりの置屋に通い詰めました。同僚たちは私の行動に首を傾げていました。


でも今になって振り返れば、あのシドニーの夜が、私にとってアジアン好きを強く自覚させる契機でしたね。


白人女性を抱いたのは、人生であれが最後でした。(たぶん今後も)


そういえばその当時でも、シドニーの置屋に日本人女性がいるという情報はネットにありました。ワーホリ崩れでしょうかね。


にほんブログ村 大人の生活ブログ 東南アジアナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

tag : 置屋 体験談 夜遊び

2018/1/7【ニューヨークの風俗】ストリップで思わぬお誘いが

今回頂戴しました、お馴染みmonkey様の夜遊び体験談の舞台は、何とニューヨーク!世界の首都の風俗事情とは?


◎ニューヨークって遊べるの?


ニューヨークへの弾丸ツアーを敢行してきました。


風俗不毛都市の最たる地位にあるニューヨークで、ちょっと面白い経験をしてきましたので、需要があるかどうかわかりませんが、ドイツの記事もあったのでご報告致します。


基本的にNYは、というよりアメリカは風俗は禁止です。


ですが、格安のアジア系を始め、南米やロシア系など様々な人種がコールガールをしており、これを呼ぶエスコートが一般的と言われております。


それとチャイナタウンやコリアンタウンの、マッサージやSPAなどはお手軽系風俗として存在するようですが、摘発が相次いでいるようでガードが硬いとの事です。


実際今回行く前に色々調べましたが、更新が2012年頃の情報で止まっていました。


マンハッタンでヘリコプターに乗ったり、ナイアガラの滝に日帰りで行ったりと結構忙しかったので、最後まではたどり着けないストリップクラブに深夜に飲みに行く程度でした。


前置きが長かったですが、このストリップクラブで面白い体験をしました。


◎ストリップの遊び方は


ストリップは以前もよく行っていましたが、何と言ってもチップが$1で済むので、ダンサーの人数とローテーション次第では$20で1時間位は見ていられます。


その他に、これは店次第ですが、大体$20-$25を嬢に払えば、別室で"プライベートダンス(PD)"といって密着した状態で、音楽が1曲終わるまでダンスしてもらえます。


但し軽くならいいですが、基本はおさわり厳禁です。


しかし今回行った所は施設は立派ながら、嬢の年齢層が高めで、なんとなく場末感の漂う箱でした。


まだ0時を越えたばかりで客も少なく、嬢が熱心にPDを営業してきました。


「3セッションまとめて買ってくれればスペシャルなサービスをする」と言ってきたので、まぁいいかと思って$75を払いました。


ちなみにお相手はちょっとぽっちゃりだけどエロい体つきのコロンビアンでした。コロンビアは初めてです。


new-york-1819861_640.jpg

◎個室の中で更なるお誘いが


手を繋いで個室に行くと、音楽に合わせて私の足の上に跨ってダンスが始まりました。通常は触れないのですが、積極的におっぱいに私の手を持って行って揉ませます。


そのうち口におっぱいを押し付けてきたので、乳首を舐めたり吸ったりしていると、盛り上がってきたのかパンティを脱ぎ捨てました。


今度はそこを弄っていたら耳元で「セックスは好き?」と聞いてきました。「もちろん!」と答えると「$200でOK」と。


戸惑いましたが、通常は出来ないと言われていること、マッサージやSPAでも相場は$200と調べていたので、すぐに「じゃあ、お願い」と$200を払いました。


するとコンドーさんをすぐにかぶせて即合体。なんとか3曲終わる前にイケました。


他のストリップでは体験出来なかったので、少し高くつきましたが良い思い出になりました。また行く機会があったら、今度はSPAなどもご報告致します。


 


◎管理人の感想


 


私もニューヨークには一度、20年以上前に個人旅行したことはあります。


5番街あたりは問題なかったですが、マジソンスクエアガーデンの南とかブルックリン橋のたもとあたりは結構ヤバそうな雰囲気だったので、そそくさと退散したものです。


場末感のあるストリップだなんて、monkey様のチャレンジ精神に敬服いたします。


にほんブログ村 大人の生活ブログ 東南アジアナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

tag : 夜遊び 風俗 体験談 マッサージ

2016/11/22【中国】狙いはプロよりも素人

「アジアの尾根遺産」ではこれまであまり触れてこなかった中国本土の風俗。toripapa様からレポートを頂戴しました。


◎はじめに


僕は中国を訪れて10年以上になります。


中国語は独学で学びました。今となっては中国人との結婚もあってそれ程の不自由はありません。


さて、中国の風俗事情です。


雲南の南越やラオス、カンボジア、ミャンマ-との国境付近は、今でも無法地帯で遊ぶのには不自由はありませんが、国境を跨いで中国人以外と遊ぶメリットを僕は見いだせません。何より遠いしね…


◎ターゲット


実は上海や北京でも遊ぶのはそれ程難しくはないのですが、但しプロではなく素人です。


それ故に相手に色々と値踏みされるので、日本では有名処ではない省都や二級都市を目指します。


その時プラスアルファで史跡や名物を調べておくことが肝要です。


(知的素養は不可欠)


◎メソッド


次に QQ 若しくは wechat をPCとスマホに仕込みます。


QQでは地域指定して女性を検索できるので、行く先を決めたら年齢を18歳から24歳の範疇で検索します。


相当数ヒットするので、中国語と日本語の相互学習を仕掛けます。


何日か続けていると必ずコミットがあります。


コミットしてくると大抵face to faceを希望してきます。


この辺りは臆することなくチャレンジして下さい。


mid-autumn-2752710_640.jpg

◎ストラテジー


ちなみに中国女性のNGはバ-コ-ドヘア、白髪、前歯の歯抜けです。バ-コ-ドは潔く剃って、ニット・伊達眼鏡等のお洒落なスタイルを作ります。


中国の中高年はお洒落をしません。


ジ-ンズ、スニ-カ-、サマ-カ-ディガンなんて皆無で、小洒落たバックパックなんて持っていません。


スタイルは今より10歳若作りファッションで。


30代はそのままでOK、40代50代は必須です。


僕はゴ-ルドとシルバ-の指輪を両中指に。左手はインディアン系アクセサリ-と翡翠のパワ-スト-ンとプロトレック、シガレットケ-スとマッチケ-スとマネ-クリップに崩した1,500元を挟み、控えめなインディアン系のネックレスとキャップと眼鏡を掛けて会います。


服は今ならセ-タ-で夏ならTシャツでご対面(^^)


 


◎餌付け


普通に挨拶して、互いに理解できる言葉で会話をします。


しかしなから直ぐに頓挫します。


そこで、wechat搭載の翻訳ソフトを介して、色々とプライベ-ト事を話します。そして、「もう少ししたら○○市に観光に行くので勉強している」 と言います。これが最初の餌です。


これを起点に色々と仕掛けます。


実は食いつきは相当良いはずです。


エロを封印して初中国旅の不安な男性を演じきります。


そして1週間程度はこの方式で彼女達と仲良くなります。この位の年齢では圧倒的に女子大生がヒットします。


日本では知り合ってもこの先が大変なのですが、習慣の違いもあって百中と言わぬまでも相当の高確率で親しい友達になれます。


 


◎小姐の意図は?


さて、友達からの先の一歩が問題です。


彼女達の思惑は結婚では無く就職が目的なので、色々な人のネットワ-クを欲しています。


なので相互学習相手の外国人社会人は良い端末と考えます。


まずは、QQとwechatを導入して中国ギャルの相互学習者を探しましょう(^^) 


具体的な手法は次回より。相当な裏情報もあります。


とにかく中国ではネットナンパは必須です。


でも、この手法を日本で使えば結果はプロばかりかも…


 


◎管理人の感想


なるほど、向こうのニードはおカネではなく外国人のネットワーク、ですか。


中国語が出来ないことをハンデと思わず、逆に≪武器≫にするのですね。


toripapa様、具体的な手法もぜひご教示よろしくお願い申し上げます。


にほんブログ村 大人の生活ブログ 東南アジアナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

【2016/6/1】6年間を思い返せば

今こうしてアジアナイトウォーカーとして7年目を迎えるにあたり、これまでお世話になった方々を思い出しておりました。

  • ジャカルタの奥深さをご教示頂いたsuka nona dong!様

  • 高級カラオケにご招待下さった某社長様

  • チブブールをご案内して下さったN様

  • カリジョドを教えて下さったT様

  • チビトンをご案内して下さったS様

  • インドネシアの諸事情をレクチャーして下さった住人R様


などなど、ジャカルタ関連だけでも直接お目にかかった方々が、こんなに。ご支援ご協力に改めて御礼申し上げます。


ジャカルタ以外の場所でも多くのご駐在様、ご在住様にお会いでき、また様々なご教示を頂きました。



  • シンガポールの裏情報を下さったY様

  • クアラルンプールに精通されたteddy様

  • バリ島をご案内して下さったJ様

  • ヤンゴンを熟知された現住民様

  • スラバヤを歩き尽くされたH様

  • マニラの情報・画像を頂戴したK****様

  • プノンペンにご友人の多いC様

  • 各地を転戦しておいでのWFR様

  • 私に代わって調査に赴いて下さったパトラッシュ様


あれっ?他にもいらしたはずなのに・・・

最近記憶力がめっきり衰えました。(悲)

お目にかかっておきながらお名前を挙げられなかった皆さま、どうか非礼をお許しください。

ともかく、こんなに大勢の方々がこのブログと「夜遊びガイド」に対してご支援を申し出て下さったからこそ、今の私があるわけです。

また他にも、こんな私に対して「今度こちらにいらしたらご一緒しましょう」「***はご存じですか?案内しますよ」などの有難いお言葉をいくつも頂戴したまま、まだお会いできずにおりますことを誠に申し訳なく感じております。

もちろん、メールのやり取りだけであってもお世話になった方は枚挙不能なほどです。

丸6年、時にはヒーヒー言いながらもこうして続けてこれました。

かなり息が苦しくなってはおりますが、まだ走り続けられる限りは、鈍足ですが精一杯邁進いたしますので、これからも「アジアの尾根遺産」と「オトコの夜遊びガイド」シリーズをどうぞよろしくお願い申し上げます。

thanks-1804597_640.jpg

≪寅 様のコメント≫

6周年おめでとうございます。
先日管理人様に、インドやバングラデシュ、スリランカ方面の開拓は如何かと提案した寅。

自分なりにネットで情報仕入れる試みをしましたが、邦人がHIV含めた性病リスクや、法律上のリスク 例えばインドの置屋では人身売買で仕入れた幼少の尾根遺産にステロイド剤をママが強制服用させて成人尾根遺産に仕立てるなど。
またカレーの元祖なのでクミンとかの香辛料からくる体臭の酷さなど、半月かけてわかったところです。
プロならそんな情報はさておきグッドな情報を探し当てられるでしょうが。

プロの管理人様が勧めない意図を理解した次第です。
素人の場合情報収集には限度があり、また得た情報の信憑性の判断がつきかねますので、管理人様の実地レポートは重宝する限りですので今後の活躍を期待しています。

≪管理人の返信≫

寅様、ありがとうございます。

私はインド系を勧めないわけではないのです。むしろインド系の顔立ちは好きな部類です。

その昔、ビートルズのジョージ・ハリソンがシタールの音色に魅せられたように、同朋諸氏のなかにもインド系に惹かれる方々が
少なからずいらっしゃるかと存じます。

ただ私自身は「生理的に」ダメ、になってしまったというだけで。

クアラルンプールのインド人街に泊まったときや、シンガポールのリトル・インディアを歩いたときの、街全体に染みついた、複雑に入り混じった臭気。

ゲイランにいるインド系道待娘を、数m離れた場所からギラギラした目で黙って「視姦」しているかのような十数名の男たち。

インド置屋に入る男たちを観察していたら、ホントに10分くらいで出てくるわけで、 脱いだら即ハメて、すぐ出してサヨナラ、そんな味も素っ気もないようなエッチをする人たち。

クアラルンプールで、メーターを使おうとしないタクシーは、そのほとんどがインド系運転手だ、という実感。

こうした体験の積み重ねが私には悪く作用しただけです。

≪ベトナイトに消えてもらいたい一人 様のコメント≫

こんにちは、6周年おめでとうございます。下記のコメントはさすがですね。

>そういうのは削除しますが、基本的にはすべてのコメントを承認しております。
>ご批判もありますが、それも私にある意味、「何か」を期待して下さっているのかと。
>もちろんその期待に応えられるかは別ですけれど。
>こんなブログですから、批判があるのも「想定内」で始めたことです。
>批判の声が無い(あるいは承認しない)サイトなんて
>逆に怪しいのでは??? と疑ってしまいます。

ossanや他のブロガーが自分の都合のいいように情報コントロールしてますが、自作自演で笑う事もできません。

ANW様はもし会いたいって言えば逢ってくれるのですか?

≪管理人の返信≫

コメントありがとうございます。

どこのサイトが、どれだけ情報をコントロールしているのかは本人しかわからないんですよね。
私のアンチ派は、私もやっていると言い張るかもしれませんし。(苦笑

以前、確か2度、コメントを削除したことがありましたが、その際には「削除しました、なぜなら・・・」と理由もつけてブログ内で報告しております。

あっ、でも他サイトにコメントを投稿されたご本人様は、反映されなければそうだ、とわかりますね。
ご自分のものについては、ですが。

>もし会いたいって言えば逢ってくれるのですか?

拒否する理由がわかりませんが・・・芸能人じゃあるまいし、です(笑
こんな一介のブロガーに興味を持って頂けるだけでも光栄ですから。

誰にも逢えない、なんてブロガーがいるとすれば、本人が何か、やましい部分があるからじゃないでしょうか?

(アンチもいらっしゃいますが)私は自分のしていることが、多くの方々のお役に立っているはずだ、と確信していますから、やましい気持ちは無いのです。

でも、私も限られた日程で調査に回るので、なかなか各位のご都合と合わないですね。

これまでお会いした方々とは、その前にメールでいろいろ情報交換とかをしていて、そのなかで「**月の中旬なら」みたいな話の流れになって、ですね。

ただ、数週間前のコメントに書きましたように、昨年から私、以前のような頻度であちらこちらと自由に行ける状況に今はないのです。

ちなみにベト・・・様はホーチミンにお住まいなのでしょうか?
もしそうであれば、他都市より可能性はありそうです。
ご存じのとおり、閉鎖・移転が激しいので調査機会も多いかと。
(本来そうあって欲しくはないのですが)

≪モンキー様のコメント≫

ご無沙汰しております。7年も続けられているなんて、頭が下がります。
先々月はベトナムの幻岬、先月はミャンマーに行ってまいりました。
仕事がいろいろゴタゴタしてお出来ておりませんが、お約束通り今度メールでご報告致します。
お体に気を付けて。今後も楽しみにしております。

≪管理人の返信≫

モンキー様、いつもありがとうございます。
幻岬は私にとって「いつかは・・・」と思いながらもずっと行けずにいる場所です。
確か一時、危機的 とかどこかで読んだ記憶がありますが、今はどうなのでしょうか?

お仕事が落ち着かれてからで構いませんので、ご教示頂ければ幸いです。
今後ともよろしくお願い申し上げます。

≪S様のコメント≫

7年目おめでとうございます。
私の拙いレポも何度か載せていただき有難うございます。毎回自分のレポを読むと自分の文才の無さに恥ずかしく思っています。
TBにご一緒させて頂いたのも、もう2年前ですね。これからも応援していますので頑張って下さい。

≪管理人の返信≫

S様、どんでもございません!
いつも貴重な情報、改めて御礼申し上げます。

wechatでの数々の戦果、羨ましい限りです。

先日、チカランへの行き帰りに、かつて待ち合わせしました例のホテルの横を通り、懐かしく思いだしました。
TBは今も健在なんですかね。あの近くにもうひとつ、似たような場所があるみたいですよ。

≪suka nona dong! 様のコメント≫

初版出されてからもう6年経つのですね! 
ジャカルタもずいぶん様変わりして来た様に感じます。先月もお気に入りの格安マッサージ(オイルマッサージ)店つぶれてました90分抜きいれて17万だったんで、ちょくちょく行ってたんで残念です(笑)  
次回は8月に遠征予定なんで久しぶりに新規開拓してみようかなと考えています。

≪管理人の返信≫

suka nona dong! 様、ありがとうございます。

思い出すのはまだ、初版ジャカルタ編をリリースして間もなかった頃。
suka nona dong! 様から「クラシックを知っているとは・・・」というお褒めの言葉を頂戴したことです。

あのお言葉は、暗中模索していた私にとってまさに光明でした。
あの時、suka nona dong!様のようなベテラン様に評価を頂けていなかったら、私は挫折していたかもしれません。

お世話になった方々の冒頭にお名前を挙げさせて頂きましたのは、そのときの嬉しさ、有難さを忘れていないからでございます。
どうかこれからも様々ご教示頂けますようお願い申し上げます。

≪だるまわんさ様のコメント≫

アジアナイトウォーカー様、7年目突入おめでとうございます。これからも益々ご活躍の程祈念しております。
応用編も無事に出稿されたようで、多くの方が情報を知ることになるかと思いますが、私も微力ながら今後ともお手伝いさせていただければと思っております。

≪管理人の返信≫

だるまわんさ様、わざわざのコメント、恐縮でございます。
微力どころか、本当にお陰様で、応用編も出来上がりました。

>多くの方が情報を知ることになるかと思いますが、

いえ、そうはならないと思います。
応用編の説明ページに書きましたとおりで、情報の拡散を制御するために大幅に値上げしたうえ、スライド価格制度も導入いたします。

隠れた穴場を、クラシックみたいにさせない、そのためにはどうしたら??? と私なりに無い知恵を振り絞ったうえでのトライアルです。

このやり方にはご批判もあるかとは存じます。
またこれで完璧だ、とも申せません。
しかし熟考の末の結論なので。

≪ヒックマン様のコメント≫

遅れましたがどうもおめでとうございます。
私はあえてヤンゴンに特化してコメントさせていただいていますが、このようなブログさんもそれ自体が歴史の証言になっていきますので、いろいろご苦労ほかあろうかと思いますが、ぜひ管理人様には頑張っていただければ嬉しく思います。

余談ですが、私はやはりインド系は苦手ですね。ミャンマーにもインド系の人は沢山いますが、女の子で知り合いはいますけど、楽しいことをする相手をしては、非インド系の女の子のほうがいいと思います。肌の黒い女性は苦手というところがあるのかもです。

≪管理人の返信≫

ヒックマン様、わざわざありがとうございます。
「歴史の証言」なんて大それたシロモノではありませんが、激励のお言葉、ありがたく頂戴いたします。

ツアコンをしている友人に以前聞いた話ですが、ツアーでインドを訪れた邦人観光客が10名いれば、うち9名は「インドはもう懲り懲り」となるそうです。
でも残りの1名は、その後もリピート訪問するほど、インドにハマるのだそうですよ。

≪TK様のコメント≫

アジアナイトウォーカー様、7周年おめでとうございます。
これからも益々ご活躍されることと、ご健康をお祈りいたします。

思い返せば、当方が初めてガイドを購入させていただいたのが2010年シンガポール版でした。
それ以降、ジャカルタ編、バリ編と、ガイドの導きにより、知らない土地で大いに楽しむことができました。本当にありがとうございます。一度、2012年にジャカルタでナイトウォーカー様にお会いした時には感動いたしました。

当方はここ2年半ほど夜遊びを離れていましたが、今年はどこかへ行こうかと計画中です。
どこか情報がほしい地域等ありましたら、渡航先として検討しますのでご連絡ください。

これからも陰ながら応援しております。お体に気を付けてください。

≪管理人の返信≫

TK様、お久しぶりですね。
感動・・・なんて大袈裟ですよ、私は芸能人じゃなくただのメタボおやじですから。(苦笑

2年半も離れていらっしゃったとは全く存じませんでした。

ありがたいお申し出、誠にありがとうございます。
今すぐ思いつく場所は特にないのですが、何かありましたらまた連絡させて頂きますね。

tag : ジャカルタ 夜遊び インドネシア

ホーチミンの新店関連

新ブログで追って記事をアップいたします。

ホーチミン新店1
住所は・・・わかりますよね?
文字にはしません。
ホーチミンの新店2
こちらは近くの店です。
ホーチミン別の店

にほんブログ村 大人の生活ブログ 東南アジアナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

tag : ホーチミン

リンク
カテゴリ
検索フォーム
最新コメント