FC2ブログ

2016/11/22【中国】狙いはプロよりも素人

「アジアの尾根遺産」ではこれまであまり触れてこなかった中国本土の風俗。toripapa様からレポートを頂戴しました。


◎はじめに


僕は中国を訪れて10年以上になります。


中国語は独学で学びました。今となっては中国人との結婚もあってそれ程の不自由はありません。


さて、中国の風俗事情です。


雲南の南越やラオス、カンボジア、ミャンマ-との国境付近は、今でも無法地帯で遊ぶのには不自由はありませんが、国境を跨いで中国人以外と遊ぶメリットを僕は見いだせません。何より遠いしね…


◎ターゲット


実は上海や北京でも遊ぶのはそれ程難しくはないのですが、但しプロではなく素人です。


それ故に相手に色々と値踏みされるので、日本では有名処ではない省都や二級都市を目指します。


その時プラスアルファで史跡や名物を調べておくことが肝要です。


(知的素養は不可欠)


◎メソッド


次に QQ 若しくは wechat をPCとスマホに仕込みます。


QQでは地域指定して女性を検索できるので、行く先を決めたら年齢を18歳から24歳の範疇で検索します。


相当数ヒットするので、中国語と日本語の相互学習を仕掛けます。


何日か続けていると必ずコミットがあります。


コミットしてくると大抵face to faceを希望してきます。


この辺りは臆することなくチャレンジして下さい。


mid-autumn-2752710_640.jpg

◎ストラテジー


ちなみに中国女性のNGはバ-コ-ドヘア、白髪、前歯の歯抜けです。バ-コ-ドは潔く剃って、ニット・伊達眼鏡等のお洒落なスタイルを作ります。


中国の中高年はお洒落をしません。


ジ-ンズ、スニ-カ-、サマ-カ-ディガンなんて皆無で、小洒落たバックパックなんて持っていません。


スタイルは今より10歳若作りファッションで。


30代はそのままでOK、40代50代は必須です。


僕はゴ-ルドとシルバ-の指輪を両中指に。左手はインディアン系アクセサリ-と翡翠のパワ-スト-ンとプロトレック、シガレットケ-スとマッチケ-スとマネ-クリップに崩した1,500元を挟み、控えめなインディアン系のネックレスとキャップと眼鏡を掛けて会います。


服は今ならセ-タ-で夏ならTシャツでご対面(^^)


 


◎餌付け


普通に挨拶して、互いに理解できる言葉で会話をします。


しかしなから直ぐに頓挫します。


そこで、wechat搭載の翻訳ソフトを介して、色々とプライベ-ト事を話します。そして、「もう少ししたら○○市に観光に行くので勉強している」 と言います。これが最初の餌です。


これを起点に色々と仕掛けます。


実は食いつきは相当良いはずです。


エロを封印して初中国旅の不安な男性を演じきります。


そして1週間程度はこの方式で彼女達と仲良くなります。この位の年齢では圧倒的に女子大生がヒットします。


日本では知り合ってもこの先が大変なのですが、習慣の違いもあって百中と言わぬまでも相当の高確率で親しい友達になれます。


 


◎小姐の意図は?


さて、友達からの先の一歩が問題です。


彼女達の思惑は結婚では無く就職が目的なので、色々な人のネットワ-クを欲しています。


なので相互学習相手の外国人社会人は良い端末と考えます。


まずは、QQとwechatを導入して中国ギャルの相互学習者を探しましょう(^^) 


具体的な手法は次回より。相当な裏情報もあります。


とにかく中国ではネットナンパは必須です。


でも、この手法を日本で使えば結果はプロばかりかも…


 


◎管理人の感想


なるほど、向こうのニードはおカネではなく外国人のネットワーク、ですか。


中国語が出来ないことをハンデと思わず、逆に≪武器≫にするのですね。


toripapa様、具体的な手法もぜひご教示よろしくお願い申し上げます。


にほんブログ村 大人の生活ブログ 東南アジアナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

【2016/6/1】6年間を思い返せば

今こうしてアジアナイトウォーカーとして7年目を迎えるにあたり、これまでお世話になった方々を思い出しておりました。

  • ジャカルタの奥深さをご教示頂いたsuka nona dong!様

  • 高級カラオケにご招待下さった某社長様

  • チブブールをご案内して下さったN様

  • カリジョドを教えて下さったT様

  • チビトンをご案内して下さったS様

  • インドネシアの諸事情をレクチャーして下さった住人R様


などなど、ジャカルタ関連だけでも直接お目にかかった方々が、こんなに。ご支援ご協力に改めて御礼申し上げます。


ジャカルタ以外の場所でも多くのご駐在様、ご在住様にお会いでき、また様々なご教示を頂きました。



  • シンガポールの裏情報を下さったY様

  • クアラルンプールに精通されたteddy様

  • バリ島をご案内して下さったJ様

  • ヤンゴンを熟知された現住民様

  • スラバヤを歩き尽くされたH様

  • マニラの情報・画像を頂戴したK****様

  • プノンペンにご友人の多いC様

  • 各地を転戦しておいでのWFR様

  • 私に代わって調査に赴いて下さったパトラッシュ様


あれっ?他にもいらしたはずなのに・・・

最近記憶力がめっきり衰えました。(悲)

お目にかかっておきながらお名前を挙げられなかった皆さま、どうか非礼をお許しください。

ともかく、こんなに大勢の方々がこのブログと「夜遊びガイド」に対してご支援を申し出て下さったからこそ、今の私があるわけです。

また他にも、こんな私に対して「今度こちらにいらしたらご一緒しましょう」「***はご存じですか?案内しますよ」などの有難いお言葉をいくつも頂戴したまま、まだお会いできずにおりますことを誠に申し訳なく感じております。

もちろん、メールのやり取りだけであってもお世話になった方は枚挙不能なほどです。

丸6年、時にはヒーヒー言いながらもこうして続けてこれました。

かなり息が苦しくなってはおりますが、まだ走り続けられる限りは、鈍足ですが精一杯邁進いたしますので、これからも「アジアの尾根遺産」と「オトコの夜遊びガイド」シリーズをどうぞよろしくお願い申し上げます。

thanks-1804597_640.jpg

≪寅 様のコメント≫

6周年おめでとうございます。
先日管理人様に、インドやバングラデシュ、スリランカ方面の開拓は如何かと提案した寅。

自分なりにネットで情報仕入れる試みをしましたが、邦人がHIV含めた性病リスクや、法律上のリスク 例えばインドの置屋では人身売買で仕入れた幼少の尾根遺産にステロイド剤をママが強制服用させて成人尾根遺産に仕立てるなど。
またカレーの元祖なのでクミンとかの香辛料からくる体臭の酷さなど、半月かけてわかったところです。
プロならそんな情報はさておきグッドな情報を探し当てられるでしょうが。

プロの管理人様が勧めない意図を理解した次第です。
素人の場合情報収集には限度があり、また得た情報の信憑性の判断がつきかねますので、管理人様の実地レポートは重宝する限りですので今後の活躍を期待しています。

≪管理人の返信≫

寅様、ありがとうございます。

私はインド系を勧めないわけではないのです。むしろインド系の顔立ちは好きな部類です。

その昔、ビートルズのジョージ・ハリソンがシタールの音色に魅せられたように、同朋諸氏のなかにもインド系に惹かれる方々が
少なからずいらっしゃるかと存じます。

ただ私自身は「生理的に」ダメ、になってしまったというだけで。

クアラルンプールのインド人街に泊まったときや、シンガポールのリトル・インディアを歩いたときの、街全体に染みついた、複雑に入り混じった臭気。

ゲイランにいるインド系道待娘を、数m離れた場所からギラギラした目で黙って「視姦」しているかのような十数名の男たち。

インド置屋に入る男たちを観察していたら、ホントに10分くらいで出てくるわけで、 脱いだら即ハメて、すぐ出してサヨナラ、そんな味も素っ気もないようなエッチをする人たち。

クアラルンプールで、メーターを使おうとしないタクシーは、そのほとんどがインド系運転手だ、という実感。

こうした体験の積み重ねが私には悪く作用しただけです。

≪ベトナイトに消えてもらいたい一人 様のコメント≫

こんにちは、6周年おめでとうございます。下記のコメントはさすがですね。

>そういうのは削除しますが、基本的にはすべてのコメントを承認しております。
>ご批判もありますが、それも私にある意味、「何か」を期待して下さっているのかと。
>もちろんその期待に応えられるかは別ですけれど。
>こんなブログですから、批判があるのも「想定内」で始めたことです。
>批判の声が無い(あるいは承認しない)サイトなんて
>逆に怪しいのでは??? と疑ってしまいます。

ossanや他のブロガーが自分の都合のいいように情報コントロールしてますが、自作自演で笑う事もできません。

ANW様はもし会いたいって言えば逢ってくれるのですか?

≪管理人の返信≫

コメントありがとうございます。

どこのサイトが、どれだけ情報をコントロールしているのかは本人しかわからないんですよね。
私のアンチ派は、私もやっていると言い張るかもしれませんし。(苦笑

以前、確か2度、コメントを削除したことがありましたが、その際には「削除しました、なぜなら・・・」と理由もつけてブログ内で報告しております。

あっ、でも他サイトにコメントを投稿されたご本人様は、反映されなければそうだ、とわかりますね。
ご自分のものについては、ですが。

>もし会いたいって言えば逢ってくれるのですか?

拒否する理由がわかりませんが・・・芸能人じゃあるまいし、です(笑
こんな一介のブロガーに興味を持って頂けるだけでも光栄ですから。

誰にも逢えない、なんてブロガーがいるとすれば、本人が何か、やましい部分があるからじゃないでしょうか?

(アンチもいらっしゃいますが)私は自分のしていることが、多くの方々のお役に立っているはずだ、と確信していますから、やましい気持ちは無いのです。

でも、私も限られた日程で調査に回るので、なかなか各位のご都合と合わないですね。

これまでお会いした方々とは、その前にメールでいろいろ情報交換とかをしていて、そのなかで「**月の中旬なら」みたいな話の流れになって、ですね。

ただ、数週間前のコメントに書きましたように、昨年から私、以前のような頻度であちらこちらと自由に行ける状況に今はないのです。

ちなみにベト・・・様はホーチミンにお住まいなのでしょうか?
もしそうであれば、他都市より可能性はありそうです。
ご存じのとおり、閉鎖・移転が激しいので調査機会も多いかと。
(本来そうあって欲しくはないのですが)

≪モンキー様のコメント≫

ご無沙汰しております。7年も続けられているなんて、頭が下がります。
先々月はベトナムの幻岬、先月はミャンマーに行ってまいりました。
仕事がいろいろゴタゴタしてお出来ておりませんが、お約束通り今度メールでご報告致します。
お体に気を付けて。今後も楽しみにしております。

≪管理人の返信≫

モンキー様、いつもありがとうございます。
幻岬は私にとって「いつかは・・・」と思いながらもずっと行けずにいる場所です。
確か一時、危機的 とかどこかで読んだ記憶がありますが、今はどうなのでしょうか?

お仕事が落ち着かれてからで構いませんので、ご教示頂ければ幸いです。
今後ともよろしくお願い申し上げます。

≪S様のコメント≫

7年目おめでとうございます。
私の拙いレポも何度か載せていただき有難うございます。毎回自分のレポを読むと自分の文才の無さに恥ずかしく思っています。
TBにご一緒させて頂いたのも、もう2年前ですね。これからも応援していますので頑張って下さい。

≪管理人の返信≫

S様、どんでもございません!
いつも貴重な情報、改めて御礼申し上げます。

wechatでの数々の戦果、羨ましい限りです。

先日、チカランへの行き帰りに、かつて待ち合わせしました例のホテルの横を通り、懐かしく思いだしました。
TBは今も健在なんですかね。あの近くにもうひとつ、似たような場所があるみたいですよ。

≪suka nona dong! 様のコメント≫

初版出されてからもう6年経つのですね! 
ジャカルタもずいぶん様変わりして来た様に感じます。先月もお気に入りの格安マッサージ(オイルマッサージ)店つぶれてました90分抜きいれて17万だったんで、ちょくちょく行ってたんで残念です(笑)  
次回は8月に遠征予定なんで久しぶりに新規開拓してみようかなと考えています。

≪管理人の返信≫

suka nona dong! 様、ありがとうございます。

思い出すのはまだ、初版ジャカルタ編をリリースして間もなかった頃。
suka nona dong! 様から「クラシックを知っているとは・・・」というお褒めの言葉を頂戴したことです。

あのお言葉は、暗中模索していた私にとってまさに光明でした。
あの時、suka nona dong!様のようなベテラン様に評価を頂けていなかったら、私は挫折していたかもしれません。

お世話になった方々の冒頭にお名前を挙げさせて頂きましたのは、そのときの嬉しさ、有難さを忘れていないからでございます。
どうかこれからも様々ご教示頂けますようお願い申し上げます。

≪だるまわんさ様のコメント≫

アジアナイトウォーカー様、7年目突入おめでとうございます。これからも益々ご活躍の程祈念しております。
応用編も無事に出稿されたようで、多くの方が情報を知ることになるかと思いますが、私も微力ながら今後ともお手伝いさせていただければと思っております。

≪管理人の返信≫

だるまわんさ様、わざわざのコメント、恐縮でございます。
微力どころか、本当にお陰様で、応用編も出来上がりました。

>多くの方が情報を知ることになるかと思いますが、

いえ、そうはならないと思います。
応用編の説明ページに書きましたとおりで、情報の拡散を制御するために大幅に値上げしたうえ、スライド価格制度も導入いたします。

隠れた穴場を、クラシックみたいにさせない、そのためにはどうしたら??? と私なりに無い知恵を振り絞ったうえでのトライアルです。

このやり方にはご批判もあるかとは存じます。
またこれで完璧だ、とも申せません。
しかし熟考の末の結論なので。

≪ヒックマン様のコメント≫

遅れましたがどうもおめでとうございます。
私はあえてヤンゴンに特化してコメントさせていただいていますが、このようなブログさんもそれ自体が歴史の証言になっていきますので、いろいろご苦労ほかあろうかと思いますが、ぜひ管理人様には頑張っていただければ嬉しく思います。

余談ですが、私はやはりインド系は苦手ですね。ミャンマーにもインド系の人は沢山いますが、女の子で知り合いはいますけど、楽しいことをする相手をしては、非インド系の女の子のほうがいいと思います。肌の黒い女性は苦手というところがあるのかもです。

≪管理人の返信≫

ヒックマン様、わざわざありがとうございます。
「歴史の証言」なんて大それたシロモノではありませんが、激励のお言葉、ありがたく頂戴いたします。

ツアコンをしている友人に以前聞いた話ですが、ツアーでインドを訪れた邦人観光客が10名いれば、うち9名は「インドはもう懲り懲り」となるそうです。
でも残りの1名は、その後もリピート訪問するほど、インドにハマるのだそうですよ。

≪TK様のコメント≫

アジアナイトウォーカー様、7周年おめでとうございます。
これからも益々ご活躍されることと、ご健康をお祈りいたします。

思い返せば、当方が初めてガイドを購入させていただいたのが2010年シンガポール版でした。
それ以降、ジャカルタ編、バリ編と、ガイドの導きにより、知らない土地で大いに楽しむことができました。本当にありがとうございます。一度、2012年にジャカルタでナイトウォーカー様にお会いした時には感動いたしました。

当方はここ2年半ほど夜遊びを離れていましたが、今年はどこかへ行こうかと計画中です。
どこか情報がほしい地域等ありましたら、渡航先として検討しますのでご連絡ください。

これからも陰ながら応援しております。お体に気を付けてください。

≪管理人の返信≫

TK様、お久しぶりですね。
感動・・・なんて大袈裟ですよ、私は芸能人じゃなくただのメタボおやじですから。(苦笑

2年半も離れていらっしゃったとは全く存じませんでした。

ありがたいお申し出、誠にありがとうございます。
今すぐ思いつく場所は特にないのですが、何かありましたらまた連絡させて頂きますね。

tag : ジャカルタ 夜遊び インドネシア

ホーチミンの新店関連

新ブログで追って記事をアップいたします。

ホーチミン新店1
住所は・・・わかりますよね?
文字にはしません。
ホーチミンの新店2
こちらは近くの店です。
ホーチミン別の店

にほんブログ村 大人の生活ブログ 東南アジアナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

tag : ホーチミン

【2016/1/16】ソウル置屋街の今(2)

磯仁様のソウル・レポートの続きです。
今回はミアリテキサスです。画像も頂いたものです。

◎アクセス

地下鉄4号線「吉音」駅下車。
201901161.jpg
10番出口を出てすぐ斜め右側の、縄のれんのような簾の奥がその一帯です。営業時間はAM08:00-PM11:00。料金は90,000W/30分。
201901162.jpg
クリスマスの日、午後3時頃に向かいました。
簾を潜って中を見渡すと閑散とした雰囲気、お店はどこも開いているようには見えず、またひとっ子一人歩いておりません。
201901163.jpg
来るのが早過ぎたか?と思ったところで、いつの間に来たのか後ろからいきなり、中年女性の客引きに腕をがっちり掴まれます。

◎ポン引き

直ぐに断るも、この客引きは腕を掴んで離さず、何やら言いながらすぐ傍にあった一軒に強引に連れ込みます。

そのお店のガラスはスモークで、外から見る限り営業している感じでは無かったのですが、ガラス戸を開けた瞬間そこは別世界。

中はまるで小さな旅館の玄関のようで、煌々と明かりが灯り暖房が効いておりました。

目の前に居た店主と思しきアジュンマがさっそく手招きして、上がれと何度も促します。

娘は?と聞くとすぐに目の前にやってきた二人、跪いてこちらを見上げています。

一瞥するも、どちらもいまひとつだったので、「これだけしかいないの?なら帰る」と言って外へ出ようとすると、何とアジュンマが素早くサッシ戸の鍵をガチャリと掛けて帰してくれません!

201901164.jpg
で、どうしても遊んで行けと。

値段はいくら?と聞くと、呼び込みの女性とアイコンタクトを取りながら90,000Wと言います。

時間は?と聞くとアジュンマは英語が判らず、すると目の前に並んで座っていた娘の一人が「サンジュウ」と何故か日本語で答えます。

◎セレクト

それではこれも経験と思い、改めて並んだ二人を見比べます。

左に座った娘はベガルタ仙台レディースの川★優理に激似のぽっちゃり娘。

片や右に座った娘は、まるで目を大きくしたような山口★夜子似のスリムな娘。

しばし悩んだ上、終始こちらをニコニコと見上げているぽっちゃり娘に決定。彼女は近寄って「コン★ームOK?」と聞いてきます。もちろんと頷きます。

靴を脱いで階段で二階へ上がります。そこは布団が敷いてあるだけの狭いヤリ部屋。

ここで娘が先にお金を頂戴とのことで、90,000Wを手渡すと何故か日本語で「チョトマテクダサイ」と言い部屋を出て行きます。

201901165.jpg

◎サービス

先に全部脱いで仰向けになり彼女を待ちます。しばし待つこと3分、彼女の登場。

名前は「チョー★ン」、26才だそう。

服を脱いだ彼女、やはりかなりのぽっちゃりです。

そして色が白いこと。胸もなかなか大きいのですが、その分少々垂れちゃっています。

濡れティッシュで胸とそこだけを軽く拭くのはもうお決まりでしょうか。さあ、プレイ開始です。

まずは両乳首舐め、温かい彼女の舌が乳首を軽く優しく包み込むかのようになぞります。

たわわな乳房がこちらの体に触れる度に、その柔らかな感触がこちらの性感を刺激します。

今度は下に降りると先を咥えてゆっくりと上下させますが、これは極普通でしょうか。

程良く大きくなったところで再度彼女が「コン★ーム O.K?」と聞いてきます。

嫌がるお客も多いのでしょうか?(しかも日本人に?)

201901166.jpg

まずは彼女に上になって貰います。

ゆっくりと腰を降ろして上下動、こちらも下から両手に余る程大きな彼女の乳房を揉みしだきます。

この柔らかでマシュマロのような感触、うーん、最高です。

しばしその乳房の感触を堪能し、今度はこちらが上になります。

上になると、まるでぽっちゃり感が体全体を優しく包んでくれるようでかなり気持ち良く、彼女の首筋に顔を寄せながらだんだん動きを早め、そのまま一気にフィニッシュ!いやあ満足でした。

◎アフター

しばらく余韻を楽しんだ後、仰向けになると濡れティッシュで丁寧に拭ってくれます。

さらに根元から絞り出すようにしてから、再度綺麗に拭ってくれました。中々の気遣いですね。

出掛けに「ドモアリガトゴザイマス」と何故かまた日本語で。

やはりこちらも日本人客が多いのでしょうか?

この娘はテクニック面は今ひとつでしたが、何よりも気立ての優しい娘ではありました。一階に降りたところでバイバイです。

が、アジュンマが1,000W札を両手に広げながら「チップ!チップ!」だって。もちろん笑って遠慮しましたが。

201901167.jpg

最後はぽっちゃり娘と、何故か選ばれなかった娘までがお見送りしてくれてお店を後にしました。

他の情報にあった「まずはカラオケやセクシーショーを見ながら一杯やって」というのはこのお店ではありませんでした。

部屋にあった「100,000W 120,000W」という金額がそうなのでしょうか。

もしかしたら今回はそれを省いた、ヤルだけの値段だったのかも知れません。

清涼里は時間が短いので慌ただしいのですが、こちらは時間が倍なのでかなりゆっくり出来ます。

娘を選ぶ際にもし気に入らなかったら毅然と断って次の店へ、というスタイルであればこの界隈でも選べる娘はいるかも知れません。

外に出ると通りはまだひっそりとしたままです。まるで前世紀から取り残されたようなこの界隈、古き良き時代の名残なのかも知れません。

◎管理人の感想

磯仁様、長文に画像まで御礼申し上げます。
韓国はクリスチャン比率が高いですから、さすがにクリスマスは閑古鳥、かと。

にほんブログ村 大人の生活ブログ 東南アジアナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

【2016/1/9】ソウル置屋街の今

ブログ「続:アジアの尾根遺産」は今年中に閉鎖する予定です。

各アーカイブ・ブログに移管する記事以外は順次、ここに移管いたします。

表題の日付は「続:アジアの尾根遺産」にアップされた年月日です。

新情報ではありませんのでご承知おきください。


今回の磯仁様によるナイトライフ・レポート。
舞台は珍しくソウルです。力作をお楽しみください。

201901071.jpg

◎はじめに

クリスマスにソウルへ行って来ました。韓国を訪れるのは03年の6月以来で実に12年振りです。

この間、韓国では売春防止法成立による風俗の撲滅や、それに反対する売春婦らのデモなどのニュースが流れていましたが、今回訪れてみると全盛期とまではいかないながらも清涼里、ミアリテキサスは健在でした。酷寒の中で韓国娘の、まるで搗きたての餅のような柔肌の温もりに包まれるのはなかなか良いものでした。

訪韓直後、「慰安婦問題」についての協議が合意したとの報道がなされました。「近くて遠い国」が今後はより一層、身近な国となることを心から願う次第であります。

◎清涼里588

(チョンニャンニ オーパルパル)
営業:PM6:00-AM02:00、料金:70,000W/15分。
※この日のキャッシングでは約7,500円。

クリスマスイブの夜10時頃に訪問。

やっているのか心配していたのですが、通りの角を超えたところで、奥の一帯がほのかなピンクのネオンで照らされているのを確認出来、まずは一安心。どうやら営業しているようでした。

そのまま道なりに奥へ向かうと、通り沿いには明るい光に照らされたガラス張りのお店が奥まで続いています。

営業しているのはおよそ7割程でしょうか。それぞれお店の中には、一人から二人の娘がイスに腰掛けていました。

明かりが点いているのに娘が座っていない、空のお店も結構目立ちましたが、これは今まさに接客中ということでしょう。

201901072.jpg

通りを歩いていると時々、お店の中から娘らがライターでサッシのガラスをトントントンと叩いて呼び込みます。どうやら当方をお客と認定してくれたようです。

中には明らかにこちらが日本人と判るようで、お店の前を通り掛るとすかさずサッシ戸を開けて「オニーサン、ワタシ、ハナシアル」などと日本語で呼び込む娘も。声が掛る率は総じて6割程でしたでしょうか

◎変遷

前回(2003年)この通りを歩いていた時には、両側のお店の中から大勢の娘らが一斉にガラス戸から身を乗り出して「オッパー!」と勇ましく声を掛けてきましたから、それに比べれば随分大人しくなったものです。

その時にはお店の中から手を伸ばしてきて、傘や服を掴まれて中に引っ張り込まれたりと強引な客引きでしたから、今では隔世の感があります。

また以前はほとんどの娘が、初夏なのに何故か黒のロングブーツを穿いていましたが、今回は真冬なのに皆さんハイヒールでした。

その格好もセクシーなパステルカラーのドレス姿や、透け透けのキャミソール風の上着に下はショートパンツとセクシーな姿。
顔はもちろんスタイルはまるで韓流グループの中に居てもおかしくないような容姿でした。

◎チョイス

さて、通りを歩いて奥まで行き、今度はその突き当たりの横の通り沿いに並んだお店を眺めて行きます。

灯りが点いているお店の半分以上は空で、娘が居るのはぽつんぽつんという感じ。

歩いているお客もぽつぽつという感じで、時々車で流しながら娘を品定めしている客もいるという感じです。

お客の数も以前とは比較にならない位少なく感じましたが、今宵はクリスマスイブでしたので、そのせいでしょうか?

さて、通りを歩いていると、外れのお店に一人ぽつんとイスに座って居る娘に目が釘付けになりました。

その娘もすぐにこちらに気付いてすかさずサッシ戸を開けてきます。

How much?と英語で聞くと英語で「Seven」と。

判ったと頷くと今度は娘が「コン★ーム?」と言うではないですか。

てっきりコン★ームは持っているか?と聞かれたと思い、あわてて財布の中を確認しますがこの夜は持っておらず。

首を振ると、娘は「No!」と言ってすぐサッシ戸を閉めます。

スタイル抜群で顔はモロに好みだっただけに残念です。

※翌日別のお店に行って判ったのですが、どうやら娘はコン★ームを使ってくれるか?と言いたかったようです。どうやらお客(しかも日本人)の中には使わないでしたがるお方もかなり多いようで※

201901073.jpg

この娘を探して翌日の夜も来たのですが、30分歩き回っても遂にこの娘には出会えず、やはりこちらも一期一会なのかも知れません。

この夜はクリスマス、夜7時のこの界隈は前日よりも若干開いているお店は少なく、また娘の数もかなり少なく感じました。

そのまま通りを歩いていたらまたまた好みの顔立ちの娘が!

今時の韓流歌手の中に混ざって居てもおかしくないような容姿の娘です。

ぱっと見は昔の「栗田ひろみ」をさらに小顔でスリムにしたような美形、目元のメイクは凄いですがそれ以外はほぼナチュラルメイク。

スタイルはすらりとした細身ながら、その黒のキャミソール風のドレスから覗いて見える大きな白い胸。

脚はそれを強調するかのような短いホットパンツからすらりと伸びた、まるでモデルかと見紛う程の綺麗な脚です。

◎プレイ

目が合ったところでにっこりとされたのでこちらも頷くと彼女、すぐにサッシ戸の施錠を外し中へと招いてくれます。

彼女、名前は「★ンジュン」、25才だそう。

外の身を切るような寒さとは打って変わって、飾り窓の中はとても暖かいです。

再度施錠すると奥の部屋へと案内され、部屋に入ったところで「マネー」と。

70,000Wを手渡すと彼女は「服を脱いで」という仕草をして一旦、部屋の外へ出て行きます。

大きなベッドに仰向けになったところで彼女が登場、素早く脱いで裸になるとベッドへ。

彼女、枕元の濡れティッシュを引き抜くとこちらの両乳首とそれを軽く拭います。

以前(2003年)は洗面器にお湯を張って持って来て、石鹸で洗ってくれたので、これも隔世の感がありますね。

拭い終わったところでさあ、プレイ開始です。

まずは仰向けになった当方に覆い被さるようにして左右の乳首舐め、直ぐに下に降りて今度は先を咥えてねっとりとした★ェラ。
が、なかなか大きくならないと見るや、今度は舌を這わせて竿舐めから再度先を咥え★ェラ。

まあまあ大きくなったところでスキンを被せ、ジェルをたっぷりとあそこに塗ってまずは彼女が上に、ゆっくりと腰を降ろしてようやく彼女の中に。ジェルを塗っているのにかなりの狭さでした。

ゆっくりとしたリズムで腰を動かす彼女の動きに合わせて、目の前で揺れるたわわな白い乳房。

手を伸ばし優しく掴むとそれはもう天然の柔らかさ、搗きたての餅のようです。

そこに一円玉もない程の小さな乳輪、ツンと上を向いた豆粒程の可愛い乳首となかなかの美乳です。

その柔らかく暖かい乳房を揉みながら彼女の腰の動きをしばし堪能、と、彼女が「チェンジ!」と言いながら仰向けになります。

今度はこちらが上になりゆっくりと中へ、ゆっくりと動きながら彼女に覆い被さります。

温かくすべやかな彼女の肌は、やはり韓国ならではでしょうか、南国娘とはまた違った「肌が合う」感じが。

そのまま彼女の頬に顔を寄せると彼女は思いっきり顔を背けます。また、首筋に顔を寄せようとするもこれも拒否。

うーん、これはちょっと残念。

時間制限があるので徐々に腰の動きを早め、乳房を押しつぶすように体全体を押し付け、腰の奥に微かな高まりを感じたところで一気に動きを早めそのままフィニッシュ!

しばらく快感の余韻に浸ったところでようやく体を離します。いやあ、満足でした。

◎アフター

彼女は身振りで仰向けになるようにと、こちらが仰向けになったところで濡れティッシュでスキンを外し、何度かそれを丁寧に拭ってくれます。

また身振りで着替えるようにと言いながら彼女は一旦部屋を出て行き、こちらがほぼ着替えを終えたところで彼女も戻って来て素早く身支度を整えます。

お互いが身支度を終えたところで部屋のドアを開けて廊下へ。

部屋の前で脱いでいた靴が、ちゃんとこちら向きに揃えてあったのは優しい心遣いでしょうか。

最後はお店のサッシ戸の施錠を外してサッシを開けてくれたところで笑顔で「バイバイ」と。こちらも手を振ってバイバイです。

この夜のソウル、気温は何とマイナス5度!お店から外に出た途端に身を切るような寒さだったのですが、先程の韓国娘の肌の温もりがまだ体を包んでいるかのようで、体も心もぽかぽかでした。

現状この金額なら、ジャカルタやヤンゴン等の東南アジア諸国に比べたらコスパの面では今一つかとは思いますが、何よりもこの娘の上質の肌、思い立ったらたった2時間で行ける近さ、ならばソウルも「有り」なのかも知れません。

201901074.jpg

≪清涼里のアクセス≫

地下鉄1号線「清涼里」駅下車。
5番出口を出たら、目の前にある「LOTTE PLAZA」を正面に見て、その右斜め奥の一帯が「清涼里」です。
歩いていくと直ぐに明るいピンク色のネオンが見えます。

にほんブログ村 大人の生活ブログ 東南アジアナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
リンク
カテゴリ
検索フォーム
最新コメント