FC2ブログ

M男をSにさせる尾根遺産

この週末から、秋の大型連休ですね。インドネシアに出かける方々もいらっしゃるかと存じますが、念のため、9月24日は犠牲祭です。

昨年の犠牲祭とその前日は、トラベルをはじめ風俗すべてが休業でした。今年も同様ならば、23,24日が休業に。ご注意ください。

さて今回は当ブログ初登場、SEasia様のシンガポール体験談です。

シンガポールの夜景

5年ぶりにゲイランに行ってきました。僕は中国人好きなので、5年前は滞在1週間で3回行ったくらいです。今回は時間の関係で1回、しかも昼の12時に行ってきました。
さすがに半分くらいは閉まってましたし、空いてても女の子が少なかったですが、Lor 20から18、16と暑い中ぐるっと回り、たどり着いたのはWesterhout Roadの12番。

この置屋は実際に女の子を見て選ぶのではなく、テレビモニターに映った写真を見て選ぶといった感じでした。10人くらい写真はありましたが、どれもそこそこ可愛く、中でも可愛い系の1人に目が行き、待ち時間10分ながら指名。

プレイ前にほかの女の子も横切りましたが、結構可愛かった気がします。1時間$150で、待ってる間、冷たい紅茶を出してくれました。

案の定英語は全く通じませんでしたが、ゲイランでは珍しいらしいマットプレイがあったのはうれしい誤算でした。ちゃんとマットの上にビニールを敷いてくれるので、前のおっさんのことを気にせずにすみますw 

日本のソープまではいかないまでも、結構ちゃんとやってくれましたので満足でした。
普段はあんまり責めたりしないのですが (Mなのでw)、演技とはいえ結構あえいだりビクビクしたりしてくれるので、手マンしつつ指フェラしてもらいました。

指フェラがエロくて、ついでにディープキスも試みましたが、嫌がられつつも成功w あとフェラは生フェラでした。
そんなこんなで挿入と相成ったわけですが、手マンに没頭したためタイムオーバーの電話が…。

女の子はさっさと切り上げようとしたのですが、携帯で「1分 終了」と打って見せたら何とか通じたみたいで、ぎりぎりフィニッシュできましたw 同じ漢字圏でよかったw

可愛い子が多いみたいですし、近いうちにまた1週間行くので、またのぞいてきます。


にほんブログ村 大人の生活ブログ 東南アジアナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

本来は受け身派のSEasia様を、ソノ気にさせるとは、その尾根遺産、なかなかやりますねぇ~

ゲイランにもポツポツとマット有、の置屋が出来てきて、かなり人気だと聞きますが、尾根遺産の質もなかなかなのですね。

tag : シンガポール 体験談 ゲイラン 置屋 マット インドネシア 風俗 トラベル 犠牲祭

シンガポールで夜間飲酒禁止に

臨時更新です。

この4月からシンガポールでは、公共の場所での
夜10時30分以降の飲酒が(提供も)法律で禁じられるようです。

ニュースのリンクです

報道によれば、飲酒が可能となるのは原則、自宅やホテルの自室、
及び許可を取得したバーなどに限られるそうです。

GeylangRoad.jpg

イパネマとかは当然、その【許可】を取るのでしょうが、
画像のようなゲイラン地区のホーカーはどうなるんでしょうね。

飲酒が原因の暴動や傷害事件の9割が、午後10時30分以降に発生した、
という理由だそうですから、その多くはゲイランあたりで起きたものと推察いたします。

だとすれば、【許可】は簡単には下りないのでは?

また飲酒が出来ないことで、界隈の賑わいがどうなるのか?
尾根遺産たちの稼ぎへの影響は?

にほんブログ村 大人の生活ブログ 東南アジアナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

tag : シンガポール イパネマ ゲイラン 飲酒 ホーカー

シンガポールにタニヤ嬢?

足かけ6ケ国遠征から戻って参りました。

深夜到着のクアラルンプールで1泊、
そこからホーチミン、ヤンゴン、プーケット、シンガポールと回り
最後はバコロド(フィリピン)を探査しマニラに1泊して帰国。

今年の上半期は、通算で半分の12週、日本を離れていました。
このあと、W杯期間中はおとなしくセーブ。次回遠征先は未定です。

シンガポールの景色

さて、シンガポール滞在の最終夜。
締めくくるならやっぱりインドネシア尾根遺産、
と考えてロロン12を目指しました。

グラウンド脇にもタルマにも、ピンとくる娘がおらず、
101前を歩いていました。

ちょうど中国系オバケとインドネシアンの境目あたりで、
ひとりポツンと離れて立つ、楚々とした感じの尾根遺産。
インド系の若者が前に立って品定めしていました。


通りかかった私に、いきなり日本語で
「ワタシ、ニホン ダイスキ デス! オネガイシマス!」 と。
ゲイラン道待娘らしからぬ、流暢な日本語です。
「インドネシア?」 「イエ、タイ カラ キノウ キマシタ」

本人いわく、韓国レストランで働いていたけれど、
クーデター以降、お客さんが激減したので、
陸路バスに延々乗ってシンガポールまで来たばかりだ、と。

韓国レストランで働いていたにしては、上手すぎる日本語。
アニメ好きでYouTubeを観て覚えた、なんてレベルではありません。
英会話も普通に出来るし、相応の教育を受けたよう。

その後何度か探りを入れてもうまく話をはぐらかすのですが、
そもそもレストラン勤務なら固定給じゃないの?
それが遠路シンガポールまで来て、路傍に立ちますか?

ということは、実は日本人相手の商売で、しかも歩合給、
クーデター前は稼ぎもよかった、となると・・・

そういえば以前、タイが洪水騒ぎのときに、
クアラルンプールのSPAにバンコクのカラオケ嬢がいた、
というパトラッシュ様の体験談がありましたね。

bangkok-2732437_640.jpg

何にせよ、彼女からヒシヒシと伝わってくる必死さ、というか
こんな場所で路傍に立って、インド系男性にジロジロ見られて
不安で怖くて仕方ない、みたいな悲壮感で哀願されては、
NOとはいえないジェントルマン(偽善者?)な私。

それに、顔もスタイルも十分合格点だし、
近いので自分のホテルに連れて戻ることにしました。
(ブローカーがいて、交渉しました)

で、商談が成立すると、ブローカーの兄ちゃんが
近くの仲間からスマホを借りてきて、使い方を教えています。
「この番号にこうやって連絡を寄越せ」みたいに。

ということは、私が記念すべき?1人目の客、ですね

でもタニヤ嬢なら、スマホくらい持っているだろうし、
使い方に不慣れということもないでしょうから、
韓国レストラン勤務、というのも本当なのかも???


部屋に入ってもまだ落ち着かない様子。
とにかく 「日本人は優しい」 とか 「雪を食べてみたい」 とか
JAPAN愛をアピールしてきます。

こちらも彼女がリラックスできるよう、努めて優しく接します。
こういうときにドラエモンの風貌が安心感を与えるんです (笑

マグロかと思いきや、なかなかビビッドに反応してくれて、
逝ったあとも抜こうとせず、ジッと見つめてくれて・・・
いい娘に巡り会えたことを神様に感謝!

結果プーケットでは全く遊ばずにいて、
シンガポールでタイ尾根遺産と連戦するとは因果なものです。

tag : シンガポール SPA 体験談 クアラルンプール カラオケ インドネシア ヤンゴン ホーチミン フィリピン マニラ

タイ本国の余波で

それは今回、ゲイラン/ロロン20での出来事。

営業中の置屋ではない建物の前、
暗がりに立っている2名の尾根遺産。
可愛いぞ!!
ネシアン?タイ? でも何故ここに?

すかさずオヤジが近寄ってきました。
「サービス抜群のタイ娘です。1人50S$。
2人一緒にどうですか?100です。英語も話せます。」

3Pしたいわけではないけれど、
このレベルのタイ尾根遺産が50なら悪くない。

「で、どこでするの?」「ここです」
ウェスターハウトとL20の角、元は54番置屋で、
今は営業していないんじゃ??? 
これは置屋の【外商】ではないようです。

ゲイランのストリート

建物の外で、オヤジに50払うと、
「中へどうぞ」といい自分は外に残ります。
中には老夫婦?がいるだけ。娘はスタスタ部屋に入っていきます。
造りは古い感じですが、かつての置屋部屋には違いありません。

「今日、プーケットから来たばかりなんだよ」
「そうなの? 私は10日前にサムイ島から来たのよ」
「なぜシンガポールで?」
「知ってるでしょ?今のタイの状況。お客さん、少ないの」
「サムイでの仕事は、バービア?」
「そう」
英会話、うまいわけだw

タイ軍部のおかげ?で、本来なら巡り会うことのない娘と
異国の地シンガポールで一戦交えるなんて。

しかもプーケットのバービアで遊んでいたら、
なんだかんだで1万円前後は要していたであろうに、
同じ?バービア娘を4千円ほどで抱けるわけです。

しかしいくらBF、LDが無用とはいえ、
プーケットだったら娘に2000Bは必要。ということは、
シンガポールでの娘の取り分、少ないのでしょうね。

ちなみに客引きのオヤジは建物のボスではなくて、
老夫婦が【臨時貸し】している模様。
ゆえに尾根遺産2人も、住まいはゲイランから遠いそう。

推測するに、タイの現状を商機と考えた在住オヤジが、
期間限定でスカウトしてきて、間借りするような形での営業かと。


オヤジは「サービス抜群」と言いましたが、所詮バービア娘。
置屋嬢のテクを持っているはずもないわけで、
バービアから連れ出したような、恋人モードでプレイ。

帰り際、遠慮気味に「私へのチップは?」と
聞いてくるあたりがバービア嬢。
「ここはシンガポールだから、シンガポール流」と却下。

それ以上、何も言ってきませんでしたが、暗い表情に。
ココでも期待したほどに稼げていないのでしょう。

サムイ島はこの日、夜間外出禁止令が解かれたので、
シンガポールにはもういないと思いますが。

tag : ゲイラン 置屋 タイ シンガポール サムイ プーケット バービア チップ

ゲイラン道待娘の動態調査2

ゲイラン道待娘動態調査の続きです。

☆6月4日(水)

朝も9時から、ゲイランRd(L18~22)では小姐たちが元気に営業中。
ホーカーでの食事中に勧誘されるのはチョイ・ウザ。

この晩は道待娘ではなく、置屋の現状調査。
チェックして歩いたなかで、悪い意味で気になったのがL18の『浴中屋』

過去に当ブログでも何度か名前が登場しましたね。
複数の読者様が愛用されていることが判明した一方で、
質が落ちた、という声も。

ゆえに現状はどうなのか、と覗きに行ったわけです。
平日19時過ぎで金魚鉢には2名のみ。
人数からしてまずまずお客は来ているようです。

激ウザだったのが、ここの男性店員。
カタコト日本語混じりの勧誘が、ゲイランにしては強引だし、
遊ばずに出ようとすると悪態をついてきます。

ああいう接客をされると、
次回以降はここを避けよう って思っちゃいますね。

geylang-Rd

☆6月5日(木)

朝から小雨混じり。ゲイランRd沿いのホーカーでお茶していると、
こんな朝でもお声がかかります。

午後は観察拠点をタルマRdに移動。
16時、そぼ降る雨のなか、傘をさしたネシアンが4名のみ。

19時半。夕食後の散歩を兼ねて、
まずゲイランRdをL6に折れて、並行する裏道に。

そこに30代後半?の白人女性がポツンとひとり。
少し離れて観察していると、通行人と話しています。
商談不成立? すると今度は腰かけてジッとしています。
この行動は道待娘ですね。でも白人は・・・

L8ダーリン前に小姐が10名前後。
プリンセス前にデブス&年増の3重苦小姐が3名。

101前にはネシアンとLB? 計9名。
LBはL18に多数いましたが、ここは管轄外のはず。
LBだと感じるくらい、レベルが低い ということで。

ゲイランRdに並行する細道に戻って、
L10~14間に小姐が15名。


続いて22~23時。19時半の状況にプラスして、
まずゲイランRdに並行する細道、L10~12間に
タイ尾根遺産が10名ほど整列。

プリンセスの前にもタイ尾根遺産が5名。

L12のネシアンは増殖して、グラウンド脇に10名ほど、
タルマの四つ角にも10名前後、L12のゲイランRd寄りにも
総勢30名弱はいたかと。

いつの時点と比較するかにもよりますが、
これだけいれば、まずまずではないでしょうか。

この晩の様相を見る限り、摘発の嵐は収まったような・・・
とすると、あの空港の警備ぶりも含め、
セキュリティ・サミット対応だったのか???

あれって、メンバーは豪華?だけど、主催は英国のシンクタンク。
シンガポール政府じゃないのに、あそこまでやるの?

まだ予断を許しませんが、平穏なゲイランが戻りますように。

tag : ゲイラン 道待娘 置屋 シンガポール 尾根遺産 タイ

リンク
カテゴリ
検索フォーム
最新コメント