FC2ブログ

2018/10/10【ジャカルタ・コタ】正統派お勧めマッサージ店TOP3

夜遊びに備えて、昼間はまともなマッサージで疲れを癒したい。


そんなとき、オプションありの店では高くつくうえ、施術レベルも期待できないものですよね。


ジャカルタ・コタ地区を隅々までご存じのH様が、今回は正統派のマッサージ店をランキング化してくださいました。


インドネシアでマッサージを受けるとなると、どうしてもオイルマッサージが主流となる。


「Jangan pakai minyak ya.(油を使わないで)」とか言うと、「Jariku sakit.(指が痛い)」とか適当に言い訳をして、なかなか日本風の指圧(インドネシア語でもやっとshiatsuが通用するようになった)をしてくれない。やってくれてもあまり腕はよくない。


そこで本当は教えたくない、ジャカルタ指圧ベスト3を発表しようと思う。


◎第3位


マンガブサル交差点近くの中国人ビルの中の按摩店


トランス・ジャカルタのOlimo停留所を降りたところに、巨大な中国人専用と思われるマンションがある。そのビルの周りはいかにも中国らしいネオンが輝く、ド派手な火鍋屋が軒を連ねる。


そのビルの中に入ると1階から3階まで吹き抜けになっている。その2階や3階に、按摩と扉に書いてあるマッサージ屋さんが何軒かある。


指圧は10万ルピア程度。さすが周りが中国人なのか、インドネシア人のマッサージでも腕がよく気持ちよい。ただベッドがあまりきれいではないので、神経質な人は少し遠出して以下の所に。


◎第2位


ガジャマダ・プラザ5階にある上海


massage2.png

かって、ロカサリ・プラザの散髪屋の2階にひっそりとあった上海というマッサージ屋。


アジアナイトウォーカーさんも案内したことのある店であったが、あまりにも目立たず立地が悪かったせいかロカサリ・プラザは撤退。


その時に、本店はガジャマダ・プラザにあると聞いて行ってみたが、探しきれずしばらく記憶の片隅にあった。


ある日、意を決して聞き込みしたところなんと5階にあった。なぜ探しきれなかったかというと、エスカレーターが4階で途切れていて、そこは洋服屋さんが広がるフロアーであった。


しかし、その奥の離れた所にエスカレーターを発見。なんと5階があったのである。5階に行くと画像の赤看板をやっと発見。


ここのマッサージの特徴は、泡だて器みたいな器具で背中を叩いてくれる。これが結構きもちいい。


クラシックにも近いので、それまでにここで休むのもありかもしれない。指圧10万ルピア以外にも、棒みたいな器具で背中や顔のツボを押してくれる珍しいマッサージもある。


◎第1位


ハルコ・マンガドゥア内にある竹苑(Bamboo)


massage3.png

haruco mangga dua内にひっそりとあるマッサージ店。


マッサージ師は全員中国人の女性。さすが中国人だけあり腕もピカイチ。そして値段はなんと1時間22万ルピア。インフレ加速中(私が10年前初めて行ったときは確か10万ルピアくらいだった)である。


腕がいいので、マッサージ中ぐっすり寝てしまうことも。コタインダーで遊んだ後、よく通っていた。最近は、結構お客さんが増えたみたいで、いっぱいなこともよくある。


いかがでしたでしょうか。他にもHalomasの隣も指圧をやってくれる。まずまずの腕なのでそちらもお勧め。


 


◎管理人から


H様、ありがとうございました。


SHIATSUは最近、正しく通じるようになったのでしょうか?


ジャカルタに限らず、何故かインドネシアでは足踏みマッサージをSHIATSUと呼ぶことが定着しています。


私はSPA等で初対面のセラピストにいつも、アイドリング・トークの一環で「日本の本物の指圧は、kaki(脚)は使わないんだよ」と教えてきました。私の地道な布教活動?が実を結んだんでしょうか。(笑


にほんブログ村 大人の生活ブログ 東南アジアナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

tag : ジャカルタ コタ マッサージ

2018/7/23クラシックに宿泊してみたら

ジャカルタ夜遊びのメッカともいえるクラシック。


そのクラシックがagodaで予約できるようになった、と以前ここでも書きました。


実際に1泊してみましたので、今回はそのレポートです。


◎他人様のレビューでは


まずアゴダの宿泊者レビューから一部を紹介します。



  • ホテルの売店でビールが買えるのはありがたい

  • 両替所やコンビニも近くにある

  • 食堂が24時間営業なのが嬉しい

  • サワ・ブサル駅から近い

  • スタッフの親切さ、サービス精神、態度が極めて高いレベルにある


わざわざスーパーを探さずとも、手軽にビールが買えるのはメリットですよね?下画像は案内板ですが、最下部にDRUG STOREとありますね。ビールの価格もスーパーと大きな差はないようです。


20180511_072646.jpg

いちばん近いコンビニは、ホテルを出て右に50mほどです。


また両替店は、マンガブサル大通りの西端突きあたりにも支店があるチェーン店DOLARINDOが、ホテルのすぐ隣。


◎部屋はまずまず


私が予約したときはアゴダで、スタンダード・ルーム(冒頭画像)が¥2,893、税金 & サービス料が¥608でした。(朝食なし)


部屋の広さは一人なら十分でしょうし、清潔感も特に問題ではないでしょう。喫煙・禁煙を選べるのも、愛煙家にはメリットです。


アメニティはクラシック・オリジナルです。(トラベルも以前宿泊しましたが、やはりオリジナルでした。)


しかし価格相応か?となると疑問符がつきます。


例えばトラベル向かいのホテル88だったら、もう少し安かったうえに、充実した朝食ビュフェつきですからね。(ホテル・ブログの推奨記事にリンクしました)


ちなみにクラシックにも朝食ビュフェはあります(下画像)。朝食のつかないプランの予約者でも100,000Rp払えば食べられます。


20180511_072631.jpg

◎デメリット


この価格帯なのに、湯沸しポットが無いのは残念でした。私は朝、起きたらまずコーヒーを飲みたいのですが、外のコンビニまで行く羽目になりました。


TVもローカルのチャンネルだけで選択肢はごく僅か。


私にとって最悪だったのはwifi。PCでもスマホでも繋がりませんでした。どちらかが繋がらないことは、東南アジアを旅していれば時々ありますが、両方ダメというケースはそうそう巡り会いません。


アゴダの履歴で200軒以上のホテルに宿泊した経験のある私ですが、邦貨2千円以下の安宿でもレアな状況といえます。


フロントに電話したら、3名ものスタッフが部屋に来て対応を試みてくれました。レビューにあったように、親切心は備わっているようです。


しかしPCの言語設定を英語にしていろいろやっても、原因は解明できずじまい。おまけにその日以降、PCを立ち上げると初期画面でエラー・メッセージが出ることもしばしば起きるようになってしまいました。(涙


私のIT無知ゆえかもしれませんが。


「クラシックで夜遊び三昧したい!」ということなら、タクシー移動の手間やリスク(悪徳警官等)も勘案すれば選択肢ともいえますが、個人的には2度と泊まりたくはありません。


にほんブログ村 大人の生活ブログ 東南アジアナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

tag : ジャカルタ 夜遊び トラベル クラシック マンガブサル

2018/2/3他にもクラシックの被害者が

少し前に、ジャカルタ・クラシックのひどい接客ぶりに関する記事をUPしましたが、Mi Child様からも、コメント欄にクラシックでの被害報告が寄せられましたので転載します。


 


◎初めてのクラシックで


あ~!!私の他にも被害者居ましたね~!!


クラシック最悪ですよ本当!!


絶対トラベルのほうが良い!!


私の時は3ヶ月くらい前、初めてのジャカルタ滞在(2週間ほど)の時でした。(今現在、再びジャカルタに舞い戻っていますが・・・どんだけジャカルタ好きやねん俺!!)


既にジャカルタの置屋スパは何軒も経験を済ませ、ちょっと慣れてきた頃でした。


クラシックに入店したらママが女2人連れてきて『どうよこの二人!!3Pヤっちゃいなよ!!』って感じで売り込んできました。


二人とも75点位、特別良いわけではないけどハズレではない、みたいな。


一人がなかなかスタイルが良かったのと、もう一人が派手めの美人系だったので、ヤった時にどんなコンビネーション・・・どんな化学反応を見せてくれるのか・・・などと妄想して3Pでオーダーしてしまいました。


◎部屋に移動してからが問題


で、3人でヤリ部屋に移動。追って女のスタッフがドリンクの注文に来ます。


私はお酒飲めないんでコーラ、スタッフが女ども二人に「ドリンクオーダー良い?」みたいに聞いてくるので『OK』と答えました。


女ども何を頼んだか?アルコール系だっったような気がします・・


スタッフがその後に『シガレット?OK?』と尋ねてきました。


意味がわからなくて、『タバコ??ん??タバコ吸いたい??いーよ吸えば、俺ノースモーカーだけど気にしないよ吸いなよ・・』みたいな会話でした。


(この時、私は舞い上がっていたせいか、シガレットについてスタッフが私に聞いてきた事に気づいていませんでした・・)


私はベッドの真ん中に横たわり両手を広げて

『HEY!! YOU COME!! WE REST TOGETHER!!』


そうです、3Pの醍醐味、川の字になって両手に華ポジション!!をやりたかったんですね。


でも・・女ども二人でずーっと話をしながら私を完璧にガン無視しています。不思議な空気が流れ続けます・・


なんやこの女どものホスピタリティ・・


オーダー受けたらもう仕事終了かい!?


なんじゃそりゃぁ!!


私はへこみながらその後も2,3度

『HEY!! YOU COME!! WE REST TOGETHER!!』

と言ったんですが目も合わせようともしません。


ポジション的には私が一人、ベッドのど真ん中に横たわって両腕を広げ、女どもはベッドの枕の反対側の方に座ってひたすら二人でくっちゃべっている。


ベッドに横たわるおっさん。無視してデカイ声で二人でくっちゃべるネシアンガールズ・・なんじゃこりゃぁ!!


そんな感じで5~10分近く経ちましたかね。まだドリンクも運ばれて来ていませんでした。私もう、その空気感に耐えられなくなりました。


女共には一切目線も言葉も掛けず部屋を出ました。ちょっとした反則だという事は解っては居ましたが、もう耐えられませんでした。


ホールに一人で戻りママに

『俺、あの二人の注文取り消すわ!女変えるか、金返してくれ!』

と告げたところ、男のスタッフも出てきてちょっとした修羅場になりました。


(私自身、結構な掟破りを犯している自覚はあったものの、私なりの悪あがきのつもりでした。)


実は最悪、金は返って来んでもいい位の気持ちもあったのですが、ちょっと掻き回してやりたかった。


だから言い合いになって最終的に

『もうどうでも良い!!金返して貰わなくても良い。その代わりここには二度と来ねーからな!!』

と言ってクラシックを後にすることにしました。


◎修羅場は続く


帰る前にカウンターで決済しないと出られない事を思い出します。


でも私何も飲んでないし、最悪ドリンク代は払わんとアカンのかなぁ・・程度には考えていました。


請求額は約400,000IDR!! 


部屋代含め、ヤリ代は別途支払い済でしたのでビックリ仰天!!


よく聞いてみるとドリンク代とシガレット代でその額になると言う・・


ここでやっと部屋で『シガレット??OK??』と尋ねられた意味を理解しました。私のコーラ+女共のドリンク(アルコール系)×2+タバコ×2=約400,000IDR。


何もやってないのに550,000+400,000=950,000IDRは絶対に有り得ません。また修羅場第2ラウンド、再開しました。


『シガレット??OK??』と尋ねられた事の意味が解らなかったことが、私の無知が一因であったことは理解出来るとは言え、納得できなかったですし、よく考えてみると私が部屋を出たときはまだドリンクもシガレットも運ばれてくる前で私は明細にサインしてないんです。


私はそれを盾にして

『俺の注文は完了してねー!俺サインしてねーもん!俺がサインした明細出せなかったら俺は払わん!』

の一点張りで押し切りました。


結果的に私は払わずに済みました。なんか男のマネージャーらしき奴も出てきましたが、ちょっと頑固なわからず屋の外人を演じきりました。


この事があってクラシックは嫌なイメージしかありません。絶対トラベルの方が良いです。


 


◎管理人から


前回も書きましたが、クラシックについては接客の改善は期待できませんね。


Mi Child様は3ケ月前、ママにもフィードバックし、男性スタッフにもクレームを伝えているのに少し前の記事のとおり、な現状ですから。


20180511_072852.jpg
≪ネシアン修行僧様のコメント≫
クラシックは、以前からこのようなことをしていたようですね。
一方、トラベルでは、顔見せで、ママさんが連れてきた女子のほとんどは、にこやかに挨拶をしながら握手を求めたり、さらにチップの攻撃もありませんでしたので、肩透かしを食らったように感じました。

≪管理人の返信≫
ネシアン修行僧様、何度もありがとうございます。

トラベルでチップ攻撃がなかったですか?
だとしたら、接客が改善された可能性はありますね。

≪LCCユーザー様のコメント≫
他国で同じようにキレた経験がありますので、この方のお気持ち、痛いほどわかります(笑)
ただ、この国では悪徳警官の話にもあるように、あり得ないことが普通に起こりえると思うので、特にインドネシア語がわからない場合はあまり無茶をなさらない方が良いと思います。。数千円のことで怖い・危ない思いをするのは割にあいませんし(笑)

≪管理人の返信≫
LCCユーザー様、いつもありがとうございます。

私もアジアに目覚めた初期の頃、マニラでキレた経験があります(苦笑

ママやスタッフ・レベルではそうそう危険な事態にはならないと思いますが、経営陣は別、と私は考えています。
スタジアムが閉鎖された際、責任者の部屋からは銃や薬物も押収されたと聞きます。
そういう人たちなので、クラシックに「接客改善要望」で乗り込むのはもう控えています。

≪moto様のコメント≫
クラシックの部屋に注文聞きに来る女もグルかも。
一度注文聞きに来た女に『NO THANKS 』って言ったら、物凄く不満そうな顔で出て行きました。
3Pはトラブルの元なので止めておいた方がいいですね。
私はドリンク類も一切注文しないようにしてます。嬢が欲しいって言っても注文させません。
聞き分けのいい子にはチップをあげる様にしてます。

≪管理人の返信≫
>注文聞きに来る女もグルかも

その可能性もあるかもしれませんね。確証はありませんが。
イスラムにも「互助精神」みたいなものはあるみたいですから。
にほんブログ村 大人の生活ブログ 東南アジアナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

tag : ジャカルタ トラベル クラシック チップ インドネシア

2018/1/27クラシックのヒドい接客は相変わらず

臨時更新です。


ジャカルタのクラシックに行かれた、ネシアン修行僧様からの苦言レポートをコメント欄から転載いたします。


 


◎事の顛末は



クラシック3階(エレベータでは2階)で不愉快なことがありましたので報告します。


姫と個室に入ると、半強制的にギネスビールと水、そしてなぜかマルボロを注文させられました。


ウエイトレスから、それら注文したものの請求書にサインをするように言われましたが、値段が書かれていなかったため何度も訊いても「サインをしろ」の一点張りで全く埒があきません。


そこで、靴を履いて値段を訊きにキャッシャーへ行こうとすると止められ、英語ができるウエイトレスが連れてこられました。


彼女は、その請求書に、ギネスビール及び水がそれぞれ30,000Rpと書き込み(計60,000Rp)、マルボロについては、私は払う必要はないと説明。


しかし最終清算をしにキャッシャーへ行くと、190,000Rpと馬鹿高い請求がありました。内訳を尋ねると、ギネスビール85,000Rp、水50,000Rp、マルボロ55,000Rpとのこと。


請求書にウエイトレスが記入した値段を示しつつ、個室での経緯を説明し、支払金額は60,000Rpであると主張しても、これらに数字は関係ないとの返答のみ。


なにやら、店ぐるみの組織的なぼったくりバーにハメられたように感じましたので、クラシック3階へは今後、足を向けることはないでしょう。


ちなみにトラベルも同じシステムですが、ここでは、注文したその場で支払うことを要求され、オレンジジュースと水とマルボロで65,000でした。


ということはウエイトレス(キャッシャーではなく)の意向でいくらでも高くできる。



 


◎管理人から


ネシアン修行僧様、災難でしたね。


金額の多寡ではなく、接客態度の問題ですね。


クラシックのMGRに、このような接客の改善を求めて、以前乗り込んでいった私ですが、(その時は改善すると言ってくれたものの)彼らに改善しようという意思は無いようですね。


過剰チップの問題については、「事後、担当のママに苦情を報告しましょう」と過去にベテラン様方から助言頂きましたが、精算システムにママさんは関知しないかと。


もちろん、接客態度そのものを指導するのはママの仕事領域なので、そこにしか改善を期待できないのが現状ではありますが。


トラベルは精算に関しては信頼できますが、嬢のチップ要求のヒドさはクラシック以上。


ジャカルタの大手系列店で遊ぶときは、今回のレポートのような「不愉快な思い」をすることを覚悟したうえで行くしかないのかと。


だから、ですよね。


日本人がほとんど行かないような、嬢がスレていないようなお店をPickUpした拙著ジャカルタ応用編」に需要があるのは。


お客の側としてできる最善の「対策」は、ネシアン修行僧様も最後に書いていますが「そういう店にはもう、行かないこと」では?


クラシック・ジャカルタ
≪ネシアン修行僧様のコメント≫
(更に・・・)
この不愉快な清算を終え、出入口を潜り、お店の外に出ると、その近くのカウンターにいた女性から、20,000ルピアの請求がありました。
その理由を尋ねると、ただ単に「20,000ルピアを払え」を繰り返すのみでしたので、無視して、その場を通り過ぎました。
やはり、クラシックには行くことはないでしょう。

≪管理人の返信≫
ネシアン修行僧様、たびたびありがとうございます。

入口のカウンターにいる女性ということはクロークですよね。
荷物を何か(小さくても)預けていればチップを要求されることはあるはずですが、何も預けていないのに、だとすればホント、悪質です。

≪Mi Child様のコメント≫
あ~!!私の他にも被害者居ましたね~!!
クラシック最悪ですよ本当!!絶対トラベルのほうが良い!!

(以下、本文記事に転載)

*管理人よりMi Child様へ

長文をありがとうございました。
今しがた、本文記事として転載いたしました。

≪チキンハート様のコメント≫
チカランの***スパもスレてきましたよ~。
No.46は選んではいけません!

マッサージ後にチキチキ代40万ルピアを娘が直接払えと言うので
「いつもは下のキャッシャーで一括払いだろう?」と言い返したら
『じゃあ、ハンドジョブだけね。それでも30万ルピア』と言うので
「ロビーで娘を紹介する男を部屋に呼べ」とまた言い返したところ、
『はいはい。チキチキすれば良いんでしょ』という対応をしたので、そのままロビーに降りました。

ロビーで紹介男を探すも『夕飯探しに出ていった』と雲隠れ。
キャッシャーで「金払う必要ないよな?」と捨て台詞を吐いて車に向かうと男達が追いかけてきました。

無視して車に乗り込むと、『ごめんなさい。接客は謝ります。
部屋代17万ルピアだけでも払ってくれませんか?』と言ったので、それだけ払い帰宅の途につきました。

最近、店舗型で不快な思いをすることが増えてきました(笑)

≪管理人の返信≫
これはいかんですね!遺憾でもあります。
毅然とした態度で通していただきありがとうございます。
顧客は怒るんだぞ、と店にも尾根遺産にもわからせないと、ですよね。

オトコの夜遊びガイドにも、加筆が必要ですね。
海外風俗に不慣れな出張者のお客が多いと、徐々にそうなっちゃいますよね。

ブログで公開していない名称なので伏字にさせていただきました。
諸事情ご理解賜りたくお願い申し上げます。
にほんブログ村 大人の生活ブログ 東南アジアナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

tag : ジャカルタ トラベル クラシック チップ 夜遊び 風俗

2018/1/26【ジャカルタ】ご駐在ならではの素人ハンティング

ジャカルタに駐在できる転職先はないかな?


思わずそんなことを夢想してしまったのが、駐在K様から頂戴したメールでした。まず2012年1月の旧ブログ記事です。



◎コタ地区のスレ嬢は


皆さん、やはりコタ方面に行かれてるようですね。


その手の店も何度かつきあいで行ったのですが、どうも選ぶ女の子との相性が悪くて...(泣)


選ぶ時はニコニコ愛想振りまいてるんですが、終わったら時間半分残してとっとと席に戻りたいという子とか、終始不機嫌なままで終わった途端、「tip,dong!(チップちょうだいね~!)」とか...


もう、最悪。


◎健全な?ローカルのマッサージで


で、最近はマッサージ屋ばかりですね。それも大手チェーンではなく街なかの個人経営店。出張者の方はまずいかない郊外方面です。


マッサージばかりしてもらっているのではなくて、仲良くなってメイクラブしちゃってます。チップは後で少し多めにあげてますが、10万ルピア位ですね。


事前に値段交渉しているわけではないので、できるかどうかは女の子との相性次第ですが。こちらの子はのり気になると、かなり開放的ですからねぇ。


気に入られたのか、気がつかないうちに首にキスマークつけられてた事もあります。


「まだ夕食まで時間があるからお腹すいてるでしょ?これ食べなよ。」って、お菓子(チョコとか)を渡すのもかなり喜ばれますよ。


何度か通う必要もあったりして、手間がかかりますが、駆け引きが楽しいですよ~。


◎バイトに来た女子大生と


某所にアルバイトに来ていた女子大生と仲良くなって、たまにデートしたりしてます。


全部こちらもちなので費用はかかりますが、日本人だけだとなかなか知る事ができない事にも遭遇して勉強になります。


もちろん言葉の勉強にもなりますし。


メイクラブはまだしてません(笑)


どうも私は玄人よりも、ちょっと水商売に足をつっこんだ位の子がいいみたいですね。お金を払って、直接的にMLするというのはどうも性に合わないみたいです。



マッサージの尾根遺産

◎管理人の感想


過去にいろいろなところで読みましたが、イスラム教の女性を恋人とか愛人にすると別れるときが大変そうな印象が。


普通のマッサージ屋に通って、好みの尾根遺産がいたらリピートして、仲良くなって格安でHする。


これなら後腐れも無さそうですよね。


フィリピンに住んでいたとき、コンドの階下にあるマッサージ屋に毎週通い、何人か仲良くなったことはありますが、当時はフィリピーナと同棲中だったので悪さはできなかったんですね。


今であればwechatとかもありますし、、、


どなたか、ジャカルタ現地採用のお仕事を私にご紹介いただけないでしょうか(笑


にほんブログ村 大人の生活ブログ 東南アジアナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

tag : ジャカルタ チップ コタ マッサージ

リンク
カテゴリ
検索フォーム
最新コメント