FC2ブログ

ブカシまで電車で行くと

ジャカルタからチカンペック方面に向かう高速道、
いつもブカシのあたりで渋滞するんですよね。

高速を降りてからも、ブカシの出口近辺は慢性渋滞で、
バス・ターミナルまでの僅かな距離に
数十分かかったりします。

なので私は一昨年、昨年と、マンガブサル界隈から
ブカシまで電車で行きました。

コタ駅発のブカシ行き、本数もけっこうありますし、
何より日本の中古列車とはいえ、冷房完備!!

DSC_1087.jpg

これ、たぶん、昔の山手線かと。

DSC_1085.jpg

思えば私の初ジャカルタは2010年。

当時、ガンビル駅で見た光景は、
電車の屋根の上に、鈴なりに座った人々・・・

あれからまだわずか6年と思えば、
少々のダイヤの乱れくらい、大目にみましょう(苦笑
ずいぶん進歩したんですから。

終点のブカシ駅は、昔のままで、
切符売り場には長蛇の列が。

DSC_1097.jpg

ブカシ駅周辺の、猥雑な光景は
数年前のインドネシアそのもの、という印象です。

でもそこからタクシーでメイン通りAhmad Yani まで出ると、
大きな商業ビルが立ち並んでいて、別世界のようです。


tag : ジャカルタ チカンペック ブカシ マンガブサル コタ ガンビル インドネシア

リッポー・チカランにも道待娘が?

チカランでご勤務されている方に

方々を案内していただいたのですが、

驚いたのは 「道待娘」 ならぬ

道待娘もどき つまり LB の立ちんぼが

あんな場所にもいるんだそうで・・・


外国人エリアですから、普通のインドネシアの街より

ソッチ系の「需要」が多いんでしょうかね。

私が行ったのは昼間なので、人影もなかったですが。

チカランからブロックMへのアクセス

前回は空港からチカラン行きを解説しました。
今回はチカランからジャカルタのブロックMまでの
アクセスについて。

リッポー・チカランの西の端近くにあるモール、
CITY WALK の建物前にバス停があります。

DSC_1063.jpg

AO社のバスが、出発の20分前くらいから待っています。

こちらが時刻表です。所用時間は1時間、ですね。
DSC_1061.jpg

料金はたしか2万Rpだったかと。 安っ!

ジャカルタ中心部で高速を降りてからは、
沿線であればどこでも停車してくれます。

終点まで行くには、余計な時間がかかるわけですが。

で、最大の難点は、ブロックMの停車場所。

ダムリやトランス・ジャカルタのバス・ターミナルには
到着しないのです。
そこから北へ、200m以上離れた路上に停車します。
*MAPの右下に100mのスケールがあります。

AO_blokm.png

地図の中央上部、Jl. Palatehan 2 が停車位置でした。
近くにいた現地人に訊いたら、出発も此処だそう。

で、停車位置あたりは交通量も人通りも少なく、
タクシーもなかなかつかまりません。

これが雨の中や、酷暑の日だったり、
荷物が重い時は相当厄介な事態になるかと。

また、もし暗くなってからブロックM到着、の場合
南へ歩いていく道の途中に TOP GUN がありますね。
此処、現地の不良白人のたまり場です!!

危ないクスリをやってそうな輩が徘徊してますし、
付近の路上にいるのはチンピラ連中です。

その先、一旦地下に降りるとバス・ターミナルですが、
これがまた厄介で・・・とにかく行き先表示が少ない!

和食店やカラオケの密集地は、
地図の赤印(ブロMスクエア)の西側ですが、
そこまで行くのも難儀します。


私の経験からお勧めしたいのは、
ブロックMまで行かずに、途中で降りてしまうこと。

幹線道路沿いにも停まりますから、
そこでタクシーを拾って目的地に向かうべきかと。


前回記事で、空港からチカラン行きの説明をしましたが、
空港からブロックM行きのバスを使い、
ブロックMからAO社のバスでリッポー・チカラン、
というルートもあるわけです。

しかし、ブロックMでの乗り換えが難儀でしょうね。

tag : チカラン ジャカルタ ブロックM リッポー アクセス バス タクシー カラオケ

ジャカルタの空港からチカランへのアクセス

チカランにご出張される方々は、皆さん当然、
空港までお迎えが来ていることでしょう。

自力でチカランに行く、なんて酔狂な?人間は
私くらいだろうなぁ、と思っていますが、
これから例えば、夏休みにチカランに駐在している
知人・親族を訪ねていきたい、なんて人も
もしかしたらいらっしゃるかと考えて、
知る限りの情報をUPいたします。

以前、私自身が初めてチカランに行こうとしたとき、
ネットでも情報が全然無くて困った経験があるので。

ジャカルタのブロックMとリッポー・チカラン間の
バスもあるのですが、それはまた後日改めて。


ジャカルタのスカルノ=ハッタ空港からは
DAMRI (ダムリ)社のバスが各方面に出ています。

空港の建物から外に出たら、
バス乗り場の表示を探します。

DSC_1035.jpg
画像は第3ターミナル

カウンター・バス・ダムリ と書かれた
チケット売り場がありますので、
「チカラン」といえば 50,000Rp(約450円)です。
ちなみに乗車券なしで乗り込んでも車内で買えます。

本数は1時間に1本程度。時刻表はありません。

バスが入ってくるたびに、係員が行き先を連呼します。
ブロックMとかガンビルは10分くらいで次々と来ますが、
運が悪ければチカラン行きは1時間待つ覚悟で。

そうそう、チカランでは両替屋とかATMを
見た記憶がありません。(ATMはあると思いますが)
多少レートが悪くても、空港でルピアを入手しましょう。

≪2016/07/05 追記≫
両替は2ケ所あるそうです。コメントご参照


DSC_1037.jpg

バスのフロント部には行き先表示があります。
CIKARANG を確認して乗車してください。

チカラン(ジャバベカ)と小さい文字で書かれてます。
ジャバベカはチカランにいくつかある、
工業団地のひとつです。

ジャバベカまで誰かが迎えに来てくれるなら、
終点まで乗車していればいいわけです。

バスは各ターミナルを巡回したのち、高速道に。

空港を離れてすぐに、1回目の停車。
ここでは乗ってくる人だけです。

そこから一気にジャカルタの中心部を抜けて、
バスは高速をひた走ります。

とはいえ、渋滞は高速でも慢性化しており、
片道2時間は覚悟してください。
トイレを済ませておくこともお忘れなく!!

ブカシを過ぎてチカランの手前で、
バスは一旦高速を降りて、2つ目のバス停に。
そして再び高速道に戻ります。

再び高速を降りるのはチカランのインターです。

さて、ここが一番の難関です。

ジャバベカまで行く人はいいのですが、
リッポー・チカラン方面に行く場合、
高速を降りきった地点で降車です。

運転手が停車前に「リッポー!」と言います。
ここでは多くの乗客が降ります。

cikarangBUS.png

地図の青印あたりが降車地点です。
Jl. Raya Industri がメイン通りになります。
ジャバベカは右上方向、
リッポー・チカランは左下方向です。

地元民は降車地点からアンコタ(乗合タクシー)です。
しかしアンコタは決まったルートを走るため、
初心者の利用は困難です。

おそらくバスが停まるとオジェ(バイクタクシー)が
お客を求めて寄って来ますので、
リッポー・モールなりホテルなりまでは
オジェの利用をお勧めいたします。

旅行者にはフッかけてくるでしょう。
本来は1万ルピアくらいでチカランのどこでも行けますが
旅行者なので2万で収まれば上出来、
3万くらいは覚悟、でしょうか。

スーツケースひとつくらいならオジェで可能です。

とにかくチカランは、流しのタクシーの台数が少ないです。

どうしてもオジェではなくタクシー、という場合は
バスを降車したら反対車線側に渡って、
日陰を探して気長に待ってください。


帰路、空港に直行したい場合は、降車地点そばの
高速に入る手前で大勢乗り込みます。
バス停はありません。


ちなみに、多少おカネがかかっても
ジャカルタの空港からタクシー、とお考えの方、
チカランは営業区域外になってしまいますので、
普通のタクシー(ブルーバード等)は行けないのです。


≪2016/07/05 追記≫
カラワンに以前行ったときと勘違いしておりました。
チカランならOKだそうです。コメントご参照


行ってくれるとしたら「ポリス対策」で
大幅な上乗せ料金を要求されることでしょう。

そのうえ、本当に警察に捕まったら、
さらなるワイロ要求か、署に連行されるか、です。


tag : チカラン ジャカルタ ブロックM リッポー アクセス バス タクシー

やらかしちゃいました!

*捨て記事です

先日、ジャカルタでの調査を終えた最終夜。

翌朝が8:35発のエアアジア:クアラルンプール行で
5:30にスマホのアラームをセットして就寝。

しかしジャカルタでのあれやこれやを思いだし、
「さぁて、どんな記事にしようか」などと考え始めたら、
眠気が飛んでしまい、寝たのは午前3時過ぎ。

ふと目が覚めて、時計を確認したら、
なんと6:50?!

就寝前に支度はほぼ整えてあったので、5分後には
マンガブサルの投宿先を飛び出して
ブルーバードに「空港!急いで!!」と。

その時間帯、悪徳警官のいるらしき東回りではなく
北へ向かって、コタ駅西のクネクネした道を
強引に追い抜きながらトバしまくる運ちゃん。

こちらが止まるとタカをくくって?横断する歩行者や
割り込ませまい、と横にスライドしてくる運転手、
小さな渋滞にもイラつきもしましたが、運ちゃんに

「(急いでくれて)ありがとう、でも気をつけて」 と。

ブルーバードが時速120kmでアラームが鳴る、
と初めて知りました。

日本とはマナーの違う、ジャカルタの高速を
蛇行して追い抜いていくのは、
そこいらのジェットコースターよりも遥かに恐怖です!

ターミナル3に滑り込んだのは、7:35
到着する前にもう、助手席に奮発チップ込みの
代金を置いておき、着くやいなや猛ダッシュ!

エアアジアの規定では、搭乗1時間前が締切ですが、
「ジャム・カレッ(ゴム時間)であってくれぃ!」 と
車中で念じ続けた甲斐があったのか、
もう誰も並んでいないカウンターで、無事チェックイン。

いやぁ、冷や汗の凄かったこと・・・・

磯仁様にこの話をメールしたら、
「あのホテルから空港まで40分? 奇跡ですね!」 と。

あとでスマホの履歴を確認したら、
3分間鳴り続けて停止したよう。

ベッドの上に置いたのが致命傷でした。
音が吸収されちゃったんですね。

tag : ジャカルタ ブルーバード クアラルンプール マンガブサル エアアジア コタ

★オトコの夜遊びガイド★
実は各都市の 【とっておき】 情報は、ご購入者様利益を考慮し、ブログでは一般公開しておりません。シリーズ各編のご購入は、以下各都市のバナー画像をクリックしてください。
ジャカルタ編は分冊化!
これまでのビギナー向け情報は「基礎編」、日本人があまり行かないようなスポットを知りたい方々には「応用編」を
JKT17k.jpg JKT17o.jpg
ジャカルタ編から分冊
ブカシ、チカランにご出張の皆さま向けにお求めやすく分冊いたしました。
cika17.jpg
ホーチミン編17~18
2017年5月の最新情報にアップデート
17HCM.jpg
バリ島も遊び倒そう!
ゴージャスにプレイができるSPAは?★【夜のインドネシア語会話集】も
bali17.jpg
ヤンゴンの夜遊びは?
有名店はスレた尾根遺産ばかりに劣化してしまったヤンゴンですが、じゃあ、どこで遊べば?
YGN_17.jpg
【世界遺産の街】 の尾根遺産は
改訂版2017をリリースいたしました!★【カンボジア版:夜の指さし会話帳】も★
siemreap17.jpg
変貌著しいプノンペンの今!
改訂版リリースです★【夜のカンボジア語指さし会話帳】つき★
PNH17.jpg
クアラルンプール編
リンギット安のクアラルンプールなら、円安の痛手を感じずに風俗三昧OK!!
KL17S.jpg
マニラ編17~18
2016年10月リリースの改訂版です
厳選マニラ夜遊びスポット。フィリピーナ攻略法も全公開 MNL16.jpg
ジョグジャカルタ編
世界遺産の街ジョグジャカルタの風俗情報★【夜のネシア語会話集】つき
yog17.jpg
スラバヤ編
スラバヤの風俗情報★【夜のネシア語会話集】つき
15surabaya.jpg
プロフィール

アジアナイトウォーカー

Author:アジアナイトウォーカー
アジアの尾根遺産をこよなく愛し、各地へ風俗巡礼を繰り返すアラフィフおやじ。

カテゴリ
リンク
検索フォーム
月別アーカイブ
最新コメント