FC2ブログ

セブシティで安く遊ぶウラ技

ハートヤイ記事の続きは次回に。
前回に関連して、今日は「アングラ」なセブ島夜遊び情報を。

実は、ビギナー向けとは申せませんが、「セブシティで」
「2000P以下で」「しかもロングで」遊ぶことが可能です。
若さではビキニバーに敵いませんが、コスパはなかなかでは? と。

この尾根遺産たちは、路上でお客を待っている道待娘ですが、
管理者も横にいます。
言い値2000P でしたが、「高いなぁ」と私が立ち去ったら
ずっと後をついてきて「ディスカウントOK!」と。

遊ぶ気はハナからなくて、この記事の取材目的だったので、
値切り交渉しませんでしたが、1500P までは下がるでしょう。

↓ まずは尾根遺産たちの実物動画をご覧ください。
セブの道待娘動画はこちらをクリック

どうですか? 10代の頃は結構イケていたろう、と思いますが。
動画内のやりとりでおわかりのように、
ショートでもロングでも値段は一緒だそう。

この場所に行くのは、実は2度目で、前回(1年半前)は
推定40代の邦人が私のすぐあとに来ていました。
ネットで「三門」=Gate3 と呼ばれていた地点です。
今も健在であることが確認できました。
では場所の説明です。

マンダウエ


地図の左下、大通りからオールド・カーラ・ロードに折れて、
VecoRoadとの分岐点付近に、金属製のフェンスが並んでいます。
そのフェンス前で立ち止まれば、声をかけてくるはずです。

タクシーでの行き方ですが、多くの場合、南側から北上するでしょうから、
バニラッド・タウン・センター と伝えれば連れていってくれます。

そのVanilad Town Center の手前(南)、オールド・カーラ・ロード入口の真向かいに
巨大な「ジョリビーJolibee」の看板がありますので目印に。
この看板はガイサノ・カントリー・モールの端に立っています。
北側(A.S.フォーチュナSt.側)から向かう場合は、
ガイサノ・カントリー・モールと告げてください。

オールド・カーラ・ロードに入ると雰囲気がガラッと変わります。
繰り返しますが、ビギナー向けではありません!
アングラ風俗ですから、何があっても自己責任ですよ!


もうひとつのチョイスもついでに。

セブシティのウォーターフロント・ホテルにある、カジノの入口と
カジノ内にもフリーランサーが出現します。
人数は数名ですが、今回再訪時もいました。
(注:空港横のウォーターフロントHには出現しません)

早い時は21時くらいでもいましたが、大体23時以降かと。
内部のスロット・エリアをブラついていると、
視線を合わせて微笑んできます。
(一般フィリピーナはそんな態度はとりません)

言い値はST1500~2000Pでしょう。500Pは値切れると思います。

tag : セブ島 夜遊び セブ ビキニバー ロング 風俗 フィリピーナ カジノ 尾根遺産 フリーランサー

お店に内緒で密会

先日速報しましたように、セブ島マンゴーのGOGOでは
連れ出しが不能になっていました。

私が2軒目に訪れたのが、摘発をくらったプッシーキャットの向かいにある
2012年オープンの「PLANET-X」
第一印象は「レベル、高いなぁ~」でした。

あの界隈のGOGOはひと通り覗いた経験があります。
ピン!とくる尾根遺産がいない → 座らず次の店に行く
→ 何軒目かでタイプが見つかる  

いつもこんなパターンでしたが、今回初訪問の
「PLANET-X」ではMyタイプが何人もいて、眼福

CIMG2726.jpg

で、オッパイの盛り上がり方にソソられた、色白尾根遺産を指名。
LDをゴチして、近況を情報収集したらガサ入れ直後と分かった次第。

尾根遺産は何度かコッソリ耳うちで「外で会いましょうヨ」よ。
稼ぎが減って、そういうリスクを冒さざるを得ない状況なんですね。

物凄くお店に気を遣っていて、電話番号のメモはその場で書かずに
トイレで書いて丸めて持ってきて、渡されました。
広げて読もうとしたら「ダメ!すぐポケットにしまって!」と。

私の投宿先を説明しようとしたら、それも「シーーー!(黙って!)」と。

そんなわけで、関係者が読む可能性もあるので、
尾根遺産の特定につながりかねない具体的な情報は割愛いたします。

気分が盛りあっても即連れ出せないのは、ナマ殺し状態ですが、
BF無しということは 『半額バーゲン』 でこの美形を抱けるチャンス!
これを逃す手はないでしょう?

営業終了する午前3時以降にするか、翌日の出勤時刻18時の前にするか
格安航空券と一緒で、安いのと不便さは表裏一体。

で、約束の3時15分に電話したら、もうホテルの前にいました。

部屋に入るなり、ハンドバッグから尾根遺産が取り出したのは・・・

CIMG2725.jpg

コデンマ!!!

邦人客にプレゼントされたのだそう。

シャワーを終えたら、早速自分でクリちゃんに押し当てヨガり始めます。
私は放置プレイ・・・・

負けるものか、と形の整った白い美乳を舐めまくり&モミまくり。
さらにコデンマの振動を使って、指でホール入口を刺激します。

これほどバストスなフィリピーナは初めて。面食らいました。

tag : セブ マンゴ GOGO 尾根遺産 フィリピーナ

セブのGOGO群、危うし!?

先日久しぶりにセブ島を再訪したんですが、
GOGO密集地のマンゴーSt.がおかしなことになっていました。
飲むだけならOK、でもお持ち帰りはNG!! です。

ちょっと前に、マンゴー地区の老舗プッシーキャットにガサが入って、
周囲の他店はBF無し(禁止)、ドリンクの売上だけで営業を継続しています。

CIMG2728.jpg

働いているフィリピーナたちも当然、大幅減収状態。
お店に内緒で、閉店後にお客と外で待ち合わせるしか
稼ぐ手段が無い、と嘆いていました。
しかし閉店後、となれば午前3時過ぎですし、お店に見つかったらペナルティ。

覗いたうちの1軒では、男性先客は10名ほどいましたが、
ほぼ全員がダンサーを眺めているだけで、
横に尾根遺産をはべらせていませんでした。
ガサが入ったときに「ただ飲んでいただけ」なら無罪放免だから???

セブ島在住者のブログに情報がないか探してみたら、
邦人経営のカラオケ店にも、BFしていないかポリスが調べに来たそう。

しばらくセブシティの夜遊びは「健全」になってしまうと思われます。
セブ島旅行を計画中の方はご注意を!

tag : セブ GOGO マンゴー 尾根遺産 フィリピーナ ダンサー

よくある話ではありますが

前回の続きです。

セブ島のディスコで拾った、自称24歳のKちゃん。
彼女もトレドの出身、2歳の娘がいます。

セブのビキニバーで働き始めて間もなく、
ひとりの日本人に見染められ、
カレの願いで仕事を止め、専属の愛人に。

3ケ月に一度くらいのペースでセブに来るカレを信じていたのに、
妊娠7ケ月目に、突如として音信不通に。

中絶を禁ずるカソリック、という側面もありますし、
7ケ月目では、中絶したくても遅すぎます。

かくして子持ちとなったKちゃんは、
養育費を稼ぐために【フィッシング】せざるを得ない状況なわけです。

IMGP0173.jpg

フィリピンでは特に、この類のジャピーノ・ストーリーが多いですよね。
最近はコリアンが大挙進出して、
コリピーノ問題も増加していると聞きますが。

そんな仕打ちを受けているフィリピーナが大勢いる一方、
英BBCの調査では今年も、
世界で一番日本が好きなのはフィリピン人、という結果が。

ジャピーノ問題に関しては、いろいろ思うところもありますが、
ブログの路線から外れてしまうので今回は割愛します。

IMGP0175.jpg
↑ 顔はさすがにNG


セブ島では有名なラブホに到着。

ディスコではうるさくて、あまり話が出来なかったので
一戦交える前に上のような身の上話を聞き、
話の流れで互いの気持ちが高まったまま戦闘開始。

Kちゃんはいつものように?いきなりF態勢に入ろうとしますが、
それを制して、こちらが丁寧に攻める “恋人モード” に。

特徴的だったのは、正常位でひとつになったあと。

ゆっくり抜き差しする私の下で、モゾモゾと動くKちゃん。
太腿を閉じるスタイルが好きなんだと。
それは消えたその日本人に仕込まれたのか、、、

バックからの流れで、うつ伏せにさせて太腿を閉じさせるのは時々やるんですが、
ピストンはしづらくなるものの、女性側はキモチイイみたいですね。
望み通り、その態勢のままFINISH

IMGP0172.jpg

事前交渉ではショートだったのに
戦闘終了後も、よもやま話は続きます。

初対面のフィリピーナに、私がよくする鉄板?話がありまして、
その話をすると、なんと言いますか、尾根遺産のハードルが
グッと下がる気がするんですね。

昔のドラマ「パパはニュースキャスター」で、
田村正和が毎回女性を口説くのに使っていたような。

Kちゃんも例外ではなく、完全に恋人モードになって
私に寄り添ってきます。

『おうおう、なかなか愛らしいのう・・・』
なんて思ったら、まだ終息から1時間も経っていないのに
愚息がバスタオルを持ち上げ始めちゃいました。

ご存じのように、最近はペネグラやカマグラ等でドーピングしなくても
FINISHできるようになった私ですが、
ドーピング無しで2~3時間で2回戦、というのは相当難しいんです。

しかし、バスタオルの盛り上がりを確認したKちゃんの
口元が ウフッ と動いた気が。

『ねぇ、今度はFしてもいいでしょう?』
『いや、でも、、、コンちゃんは1ケしか持って来なかったから。』
(セブのラブホにコンちゃんの備え付けはありません)

『・・・・・』

返事のないまま、Kちゃんはバスタオルを捲りあげてF開始。

ウッ、、、ウマいじゃないか!

『ねぇ、そんなに大きくしちゃったら、どうするのさ?ゴム無いよ』

『・・・・・』

無言のまま、Kちゃんは私の上に。。。。。

tag : セブ ビキニバー ディスコ セブ島 尾根遺産 ラブホ ペネグラ カマグラ フィリピーナ フィリピン

リベンジに成功せり

セブ島/マンゴー・スクウェアのBAR&ディスコ。

くのいちナイトウォーカー、トンボさんの情報で以前来た際に、
援交希望の尾根遺産をみすみす逃す、失態を演じたので
雪辱?を期して再訪しました。

ジュリアナ・アヴェニューは平日でもそこそこ盛り上がっていて、
23時くらいでしたが、
最初はステージ(大きなお立ち台)では誰も踊っていなかったものの
酔いの回りとともにフィリピーナが次々と登壇。

しかし私の目的は【素人ナンパ】ではないので
逆に登壇せずに座っているであろう、援交希望尾根遺産は絞りやすくなりました。

店の奥に以前あったカウンター席が無くなったので
単独来店している尾根遺産が見つけにくいんです。


テーブルに座りっぱなしの2人組の片方が、
時々私のほうを チラッ、チラッ と見ます。

以前も書いたようにここでは、
シンガポールのイパネマや
クアラルンプールのビーチクラブのような
尾根遺産サイドからの積極モーションは無いんです。

視線を合わせるように尾根遺産を注視し続け、
合った瞬間に ≪ニコッ≫ として、向こうの反応を伺います。

尾根遺産も笑ったので、突撃開始!!


「ココ、座ってもいいかな?」
「もちろん!」
「毎日来てるの?」
「そうね」
「エンジョイするため? それとも・・・」
「フィッシングよ!」

そうです、私は尾根遺産のルアーにまんまと食いついた魚。。。


微笑んできた尾根遺産Aは、推定20代後半(自称24歳)で美形度A級。
しかし胸の形がわからないような服を着ていたので
おっぱいは小さいんだろうと推測。(実際脱がせたらBカップ程度)

向かいに座っている尾根遺産Bは、20代前半。
美人というよりも、小柄で可愛いタイプ。
こちらは推定D~Eカップが、いやでも目立つような服装。
いわゆる ≪トランジスタ・グラマー≫ ですね。

素姓を探ってみると、
尾根遺産Bは現役のビキニバー娘。(店名は伏せますが、邦人客も多い店)
1週間、お店を休んで副業?に励んでいると。
メイン・ターゲットは若いコリアンなんだそうで。

どおりで邦人オヤジには色目を使わなかったわけだ。


オジサンが好き! 特に日本人、とボラボラ(お世辞)をいう尾根遺産Aを
2000Pでテイクアウトすることに。


Aの素姓(自称)とベッドでの様子は、
長くなりそうなので次回。

tag : セブ マンゴー BAR ディスコ 尾根遺産 ビキニバー フィリピーナ シンガポール クアラルンプール 援交

★オトコの夜遊びガイド★
実は各都市の 【とっておき】 情報は、ご購入者様利益を考慮し、ブログでは一般公開しておりません。シリーズ各編のご購入は、以下各都市のバナー画像をクリックしてください。
ジャカルタ編は分冊化!
これまでのビギナー向け情報は「基礎編」、日本人があまり行かないようなスポットを知りたい方々には「応用編」を
18JKT_K.jpg 18JKT_O.jpg
ジャカルタ編から分冊
ブカシ、チカランにご出張の皆さま向けにお求めやすく分冊いたしました。
18Cikarang.jpg
ホーチミン編18~19
2017年11月の最新情報にアップデート
18HCM.jpg
バリ島も遊び倒そう!
ゴージャスにプレイができるSPAは?★【夜のインドネシア語会話集】も
18Bali.jpg
ヤンゴンの夜遊びは?
有名店はスレた尾根遺産ばかりに劣化してしまったヤンゴンですが、じゃあ、どこで遊べば?
18YGN.jpg
【世界遺産の街】 の尾根遺産は
改訂版2018をリリースいたしました!★【カンボジア版:夜の指さし会話帳】も★
18REP.jpg
変貌著しいプノンペンの今!
改訂版リリースです★【夜のカンボジア語指さし会話帳】つき★
PNH17.jpg
クアラルンプール編
リンギット安のクアラルンプールなら、円安の痛手を感じずに風俗三昧OK!!
18KL.jpg
マニラ編17~18
2016年10月リリースの改訂版です
厳選マニラ夜遊びスポット。フィリピーナ攻略法も全公開 MNL16.jpg
ジョグジャカルタ編
世界遺産の街ジョグジャカルタの風俗情報★【夜のネシア語会話集】つき
yog17.jpg
スラバヤ編
スラバヤの風俗情報★【夜のネシア語会話集】つき
15surabaya.jpg
プロフィール

アジアナイトウォーカー

Author:アジアナイトウォーカー
アジアの尾根遺産をこよなく愛し、各地へ風俗巡礼を繰り返すアラフィフおやじ。

カテゴリ
リンク
検索フォーム
月別アーカイブ
最新コメント