FC2ブログ

2016/11/7【ビエンチャン】郊外のハンノイ

今回の磯仁様体験談の舞台はラオス。ご自身4年ぶりのビエンチャンで、突撃してみたハンノイの様子は???


サムロー1

まずBARのいくつかが閉店しておりました。


◎ドロップゾーン


昨年クローズしたそう。土地のレンタル代が高騰し支払えなくなった為撤退したとのこと。(同業他店談)  


現在は別のお店(カフェ)が営業しております(オーストラリア人経営)。


◎ZAP PUB


出★い系と呼ばれるこの店も閉店してました。


◎SAMLO PUB 


営業時間PM7:00-AM01:30。こちらは元気に営業中でした。


一度目は開店早々に入店するも、早過ぎてお客が誰も居らず早々に退散。二度目は午後10時過ぎに入店するも、客は男性客又はカップル客のみでした。


三度目は午後11時過ぎに行くも、今度は客が多すぎて座る席が全く無く撤退。


女性スタッフ曰く、女性客(現地のフリー娘)が多くなるのは午後11時前後からだそう。


ポーペン2

◎ポーペンニャン


こちらも元気に営業中でした。


ファランのグループ客が多数(カップル多し)。


客で大混雑する中に、それ目当ての現地の女性客もちらほら。


彼女らは一人又は二人組で来ていました。


私が座ったカウンター隣にも、常連と思われる娘が二人(別々)座っておりまして、バーテンダーと親しげに話していましたが、隣に座っている私ヘのアプローチは一切無し。


彼女らは20代後半のように見えました。


初々しさというか素人さはまるで無く、もうこれが本職、という感じに見受けられました。


好みから程遠い容姿でしたので謹んで遠慮。


rao4.jpg

◎ハンノイ(飲食店形態の置屋)


空港と市内を結ぶ道中にあります。


平日の午前11時、通りを歩いていると、お決まりのようにトゥクトゥクから声が掛ります。


その観光地巡りのオファーを断ると今度はこれまた同様に「レディ?ブンブン?」と。


まさかこんな朝早くから?とは思いましたが、念の為に「この時間でもやっているの?」と聞くと、「やっている」と言います。


「近いの?遠いの?」と聞くとドライバーは片道3$だと言います。


肝心の娘については「若くてきれい」、「娘は15人位いてその中から選べる」、「娘が25$(ショート)で、ヤリ部屋は近くのゲストハウスを使う、そこへはこのトゥクトゥクで連れて行く、全て込みで30$になる」と。


多少のマージンが上乗せされているのはミエミエでしたが、一応興味もあったのでこの話にのって見ました。


トゥクトゥクに乗って走ること約10分。寂れた街道沿いにその店はありました。


入口の上にはBeerLaoの黄色い三角形の暖簾がズラリ。 どうやらこれが噂に聞く「ハンノイ」のようでした。


見た目は一見普通のショボい食堂のようで、看板には英語で「RESTAURANT」との表記も。


今にも朽ち果てそうなバラック小屋のようなお店に入ると、テーブルとイスが並んだ土間のような店内には、ムッとするような熱気が籠っておりました。


中には7名程の娘がバラバラに座って居り、化粧をしていたり、寛いだりしています。


ドライバーが声を掛けると皆、一斉にこちらを見つめます。


ある娘は笑顔で、ある娘は物珍しそうに・・・・。


確かに皆若い、20才前後でしょうか。


しかし選べません、レベルが低いです。


店の奥にもいるようだったので歩いて行くと、何と奥は寝間のようでした。どこからなのか大便臭が漂っています。


そのまま奥に進んで行くと、ちょうど二人の娘が寝起きのパジャマ姿で、こちらを見て「あっ!」と驚いていました。


しかし蒸し熱い熱気と共に、大便臭が土間に籠っていて耐えられません。


ドライバーに「ここじゃ選べない」と断ってすぐさま店を出ました。


再度トゥクトゥクに。ドライバーは運転しながら「ここがゲストハウスだ、きれいだぞ」と案内します。お店から僅か1、2分でした。


他にお店は無いのか?と尋ねるも「この辺りにあるのはこの店だけだ」と。


最初に乗った場所に戻って貰いましたが、料金はしっかり6$取られちゃいました。(交渉しましたがマケてくれませんでした)


まあ夜中にベロベロに酔っぱらって、ドライバーの誘いに乗って行ったら勢いで・・・という以外、あれでは普通の人は遊べませんね。


 


◎管理人の感想


ゲストハウスはキレイなのでしたら、せめて周辺に置屋が数軒あればなかには、の可能性もありそうですが。


磯仁様のビエンチャン体験談はまだ続きが。公開はもうしばらくお待ちください。



tag : ラオス 体験談 置屋 ビエンチャン

【2016/3/16】ビエンチャンの風俗は

以前ウドンターニーのレポを紹介したWFR様、その足でラオス/ビエンチャンに赴かれたそう。
複数のブログで絶賛?していると聞く、ビエンチャンの風俗、各地をご経験済のベテラン様の目には、どう映ったのでしょう?

ビエンチャン

◎あらまし

ビエンチャンの雰囲気は、シェムリアップから観光客を減らした感じです。中心部は中途半端に都会ですが、車は多くなく、少し外れにいくともう田舎です。

ネットで得た情報を基に、バイクでいろいろ回ってみました。
早い時間なので、あまり人がいなかったのですが、とりあえず見つけたのは、以下のとおりです。

◎怪しいベトナム人マッサージ屋 

値段は200,000キープ(約3,000円)

◎置屋付きホテルの駐車場 

ショートが300,000キープ(約4,500円)、ロング600,000キープ(9,000円)です。
全く食指が動かず、すべて見送りました。

ビエンチャンは、そのためにわざわざ行く街ではないですね。
街自体は、独特ののんびりした雰囲気で、美味しいビールとフランスパンがあるので、決して悪くないのですが。

◎2日目

回ってみたところ、ビエンチャン・プラザ・ホテル横のマッサージが、いわゆるベトナム置屋になっていました。
年齢は若くて、マカオでも通用するレベルも結構いました。

料金は510,000キープ又は2400バーツ、バンコクと変わらない価格水準なので、ちょっと割高ですが、選択肢としてはありかもしれません。

ラオス尾根遺産
↑ 管理人が以前バンコクで遊んだラオス娘

◎管理人の感想

WFR様、いつもありがとうございます。

マカオで通用するレベルで、しかも若い?!
でもベトナム置屋なんですよね?

いずれにせよ私自身は、これまでも何故かASEANのなかでラオスには惹かれなくて、遠征を検討したことすら無いんですよね

にほんブログ村 大人の生活ブログ 東南アジアナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

tag : 置屋 ラオス ビエンチャン

ラオっ娘に誓:再訪

前回に続き、T様のラオス体験談です。


ビエンチャンでは、怪しい看板が出ていたZAPという店に行きました。
事前情報が何もないまま入りましたが、
店に入ってからネットで調べてみると連れ出しバーのようで
相場はショート1,000B、ロング2,000Bとのこと。

普通に飲んで終わるつもりだったのですが、
あまりにも盛り上がって流れで連れて帰ることに。

酔っぱらって気が大きくなってたのもあり
ロング1万円ほどで連れ出してしまいました・・・

ラオス語しか話せない子だったので、会話本を見ながらでしたが
とても愛想のいい、地元の18歳の子と一晩中イチャイチャして
ビエンチャンの夜は終わりました。

raos

ルアンパバーンはどの店も閉まるのが早いです。
トゥクトゥクと交渉し、置屋に連れて行ってもらいました。

女の子1,000B(250,000Kip)、トゥクトゥク往復200B(50,000Kip)
お爺ちゃんドライバーだったので大丈夫かな?と思いましたが、
結果的にここが最高で ( ̄ー ̄)

雑貨屋の奥にある家のような場所だったのですが、
2階の2部屋から女の子が一人ずつ出てきて(恐らく住んでいる子?)
どちらかを選べと言われました。

最初に出てきた子がかなり若くてかわいかったので
他の子が来る前から完全に決めていました。

ドライバーが女の子に200,000Kip渡していたので、
直接行けば200,000Kipで大丈夫なのかもしれません。

1階のベッドだけある部屋に移動して
服を脱いでスタート(シャワーや水浴びの類はありませんでした)

Fや生は病気が怖いので海外ではしないようにしていますが、
基本的にNGなこともなくキスをしながらイチャイチャできました。

喘ぎ声や小さくて狭い穴に興奮してしまい、
酒を飲んだ後だったのに数分で逝ってしまいました(-_-;)

普段は酒を飲んだ後は逝きづらく、逝けない時もあるくらいなのですが・・・
色々とぎこちなく慣れていない感じが何とも言えなかったです。

時間の関係で再訪問できなかったのが悔やまれます。

------------

T様はすでにラオス再遠征を考えていらっしゃるそう。

>色々とぎこちなく慣れていない感じ

いいですよね、そういうのって!!

tag : ラオス 体験談 ビエンチャン ルアンパバーン 置屋 ロング

ビエンチャン探訪その4

ビエンチャンの最終回は、別の置屋レポです。画像も磯仁様から頂戴しました。

Wonder Land GUEST HOUSE

ワット ホー パケオ(寺院)から約2km程の場所にあります。

観光の最後にトゥクトゥクのドライバーが、「若い娘がいるよ、見るだけでも良いから」と、連れて来られたところです。

時間はお昼の12時半過ぎです。メイン・ストリートから横道を通り小川を越えた、ローカルな風情の道沿いにありました。

ここはゲストハウスの建物らしく、看板にはそう書かれております。

ワンダー1

トゥクトゥクのドライバーが先に入り声を掛けると若い男性が出てきて、ちょっと待ってと言います。

やがて二階から、がやがやと声が聞こえます。どうやら娘さんらは二階が詰所のようです。

で、ママと思われる若い女性が正面を入った右の部屋へと案内します。広い部屋の中へ通され、ソファに座るように促されます。

やがて一人二人と若い娘が入って来ます。皆さん若くておしゃれな格好で登場します。

5人が並んで目の前のイスに座りポーズ。最後に一人遅れてやって来て計6人です。最後の娘はどうやら寝起きのようで、眠そうな目をこすっています。

左から順に眺めて行きます。娘さんらはそれぞれ視線に合わせて微笑んでアピールして来ます。

皆結構可愛いですね。しかも皆スリムで、太目の娘は一人も居りません。いかにもと言うロ★も居らず、ここなら安心して選べそうです。

で、若い男性が隣りに陣取り、ママが少し離れて立っていて、ゆっくり選べとのこと。会話は英語とタイ語のミックスですが充分に通じました。

ワンダー3

でも、このお店のシステムが判らないので最初に値段を聞くと、ショートが1,000Bhat、時間は30-40分だそう。もし1時間なら1,500Bhatだそう。

オールナイトの値段は聞きませんでした。また、ヤリ部屋は別途200Bhat要るそう。

と、説明を聞いている最中に突然停電、真っ暗で娘さんの顔が見えません。

少し待っても復旧しないので、若い男性が声を掛け、全員が部屋の外のロビーへと移動。娘さんらは何とロビーのあちこちに腰掛けて、思い思いの格好でポーズを取ります。

で、真ん中に座っていた昔のアイドル、芳本美代子風の顔立ちの、笑顔が可愛い娘さんに決定、それと告げると残りの娘は歓声を挙げて二階へと引き上げます。

ワンダー4

で、コースはショートの30-40分を選びます。

フロントに入った若い男性にショート1,000Bhat、ヤリ部屋代200Bhatの合計1,200Bhat≒300,000Kipを支払います。

彼女に連れられて離れの部屋へと入ります。中は普通のホテルの部屋といった感じです。彼女、名前は◆◆◆、年は☆☆才だそう。

さっそくお互いが服を脱ぎます。彼女、ショーアップの時にはそれ程気には止まらなかったのですが、上着を脱いで見ると、ブラをしていても、それと判る程の巨乳。

wonder77.jpg

で、ブラを外したら何とも大きいこと。

形も良く、張りもあり、しかも色は真っ白で、小さな乳輪にこれまた小さな小さな乳首は淡いピンク色です。

それでいながら体つきは細身で絞れたウエスト、かつ長身とスタイル抜群です。

服を脱いだ彼女、何とそのままベッドへと横たわります。

シャワーは?と聞くと、もう浴びてきたとのこと。で、一人シャワーを浴びてからベッドへ。

彼女が仰向けのままなので、こちらが上になり攻めます。

軽く首筋へのキスから唇への軽いキス、彼女、嫌がりません。さらに張りのある大きな胸を揉みながら、軽く小さな乳首をタッチ、

wonder88.jpg

と、彼女、手でこちらのモノを掴んでシゴき始めます。「オム(フェラ)してくれないの?」と聞くと、首を横に振ります。

どうやらラオスのサービスはこんなものなのでしょうか。

で、下半身へと移ると彼女、とてもくすぐったがります。ですので大きくなったところで持参のスキンを装着して中へ。

彼女、深く突かれるのを避ける為か、枕を背中に当てて半身を起こすような格好で下半身を下に向けていましたので、その枕を外し、足を片方持ち上げながら、深く深くがんがんと突きます。

彼女の白い柔らかい肌を堪能し、大きなゴム毬のような胸をぎゅっと強く揉みながら、最後は満足のフィニッシュです。

ワンダー6

終わると彼女、直ぐにシャワーをへと向かいます。直ぐにシャワーを終えて戻ってくると、ゆっくりと着替え始めます。

次にこちらがシャワーを終えて戻ると、彼女はほぼ着替えが終わっていて、ドアを指差して、先に戻るからと言います。

で、あわててカメラを取り出して「撮っていい?」と聞くと、嫌がるどころか彼女、にこっと笑い、立ち止まってポーズを取ってくれます。何枚か失敗し、その都度再度ポーズ。

で、彼女がそのまま帰ろうとしたので、呼び寄せて少しばかりのチップをあげると、彼女、驚いたようで、でも、直ぐにワイをしてにっこりと受け取ってくれました。

その仕草がとってもあどけなく、まだ☆☆才なんだなと感じさせてくれました。

お店を出る際に若い男性にあいさつ。営業時間を尋ねると、am9:00-pm24:00までの営業なのだそう。

このお店には、他にもさらに長身でスリムな娘やら、小柄な娘なども居りましたので、次も来て楽しみたいと思わせてくれるお店でした。

ワンダー5

磯仁様、長編レポートをありがとうございました。

画像には自主規制をかけましたが、確かにミッチョン似ですね。

昼間からアイドル顔の、若い巨乳尾根遺産と、しかもこの相場で遊べるなんて、いいじゃないですか、ビエンチャン!

極小の乳輪は、私のツボです

『形も良く、張りもあり、しかも色は真っ白で、小さな乳輪にこれまた小さな小さな乳首は淡いピンク色』

これで思い出したのが、綾★はる★の流出画像。まさにあんな感じですね。

tag : ビエンチャン 置屋 システム ショート ラオス サービス チップ 尾根遺産 相場

ビエンチャン探訪その3

磯仁様のラオス報告、第3弾です。

・Laongdao 1

ここは普通のホテルに併設の置屋です。ホテルに一旦入ってカラオケの看板を目当てに進んで行くと、カラオケの個室を過ぎて一旦ホテルの外に出ます。

そのまま広い中庭を奥の方へと歩いて行くと、そこの一室に娘が待機しております。

ホテルを正面から見たら、ホテルへは入らずに、ホテルとその右にあるホテルのレストランの間(パーキングになっています)を真っ直ぐに奥に進んで行った先の建物の、右の奥の一部屋に、そこだけ明かりが点いて人だかりがしておりますので、そこを目印に進んで行くのも良いでしょう。

娘の待機所となっている部屋の窓は開け放たれており、中には煌々とした明かりの中、娘さんが三段に並んで座って居ります。

行ったのは夜10時過ぎ、この時間で17,8人程でしょうか。窓の前にはお客が3,4人、既に品定めをしております。

窓の横には俗に言うコンシアでしょうか、若い男性が説明をしてくれます。

娘さんとの距離は窓からはほんの2m程。

中を覗いて視線を向けると目を合わせてくる娘、じっと能面のような無表情の娘、少しだけ微笑んでくる娘とさまざまです。

皆さん顔に化粧をしているのか、照明が明る過ぎのせいなのか、ちょっと顔だけが異様に白いのが不思議な感じです。

一人だけ、こちらが視線を向けると顔をそらす娘がおりました。これは嫌われているのでしょうね。

以前タイのMPの娘さんから聞きましたが、そのお客に選ばれたくない場合には席を外したり、下を向いたりしてお客に顔を向けないそうです。

で、真ん中列の真ん中よりやや左に座っていたちょっとだけ笑みのある娘をチョイス、コンシアにあの娘と告げるとコンシアが名前を呼んで、その娘がドアから出てきます。

コンシアの説明(若干の英語とタイ語は通じます)ではショートで1,000Bhat≒250,000Kip≒2,500円です。ちなみにオールナイトなら2,000Bhatとのことです。

あらかじめ調べていた値段と一緒で、ボリはありません。この男性にその場で支払いを済ませます。

で、彼女を従えてこのホテルに向かうと、何と部屋代は別らしく、ホテルのスタッフに聞いて見ると、ショートのヤリ部屋は別途50,000Kipだそう。

直ぐにヤリ部屋の方へと案内されます。そこにいた男性に支払いをして部屋へ。

なお、ヤリ部屋はホテル本館とは別棟でした。ホテルのカラオケから中庭に出る出口の真ん前にあります。

ここまで合計300,000Kip≒1,200Bhat≒3,000円です。

選んだ娘は細身でやや長身、髪は長くて顔はどことなく日本人風。年は☆☆才だそう。彼女、タイ語は通じますが、逆にこちらがあまり話せません。

服を脱いで見ると、胸はやや膨らんではいるものの、微乳。全体的に痩せ気味です。肌は真っ白で青白いくらいです。

彼女、服を脱ぐと先にシャワーへ、直ぐに済ませるとベッドへと戻ります。こちらも後からシャワーを終え、ベッドへ。

ここでちょっと揉め事が。持参のスキンを使おうとすると、彼女、「ノー」と言って彼女が持っているスキンを使うように言いますが、ちょっと心配なので、再度これを使うからと言って納得させます。

さて、プレイ開始です。が、彼女、仰向けに寝たままです。

しょうがないのでこちらから攻めます。彼女の首筋から胸へ、と軽く唇を這わせていると、彼女、手で掴んでシゴキ始めます。

「舐めてくれないの?」と聞くも「NO!」と。

結局手でシゴかれて大きくなったところで持参のスキンを装着し、そのまま上になって中へ。彼女の華奢な体をぎゅっと抱いてそのまま激しく突きます。

彼女の肌は白くてとてもすべすべとしています。こちらが充分に高まったところで、そのままフィニッシュ。

終わると彼女、直ぐにシャワーへ。シャワーから戻るとさっそく着替えて部屋を出ようとします。

で、写真を撮って良いか?と尋ねるも「No!」、そのままお客を残して先に部屋を出て行きました。

チップの要求も彼女からはありませんでした。

ですが最初から最後まで無表情で、あれも「No!」、これも「No!」はちょっとね、と言うのが実感です。

感想としては、ただヤルだけのちょんの間といった感じでしょうか。

同じ3,000円なら美形でスタイルが良く、サービスもありのジャカルタの方がコストパフォーマンスははるかに良いなと思いました。

DSCN2159.jpg

行き方ですが、場所は市内中心部からは少し離れておりますので、トゥクトゥクを使うしかありません。

行きはリバーサイドから要交渉で15,000Kipで行ってくれました。

が、何と帰りにはホテル近くにはトゥクトゥクが待機しておりません。

で、トゥクトゥクを探しながら大通りまで出て拾うハメに。真夜中の大通りは通る車もバイクもまばらです。

ビエンチャンの夜は結構速いのですね。15分程経ってやっと一台捕まりました。

で、20,000Kipで成立し、リバーサイドまで。が、このドライバー、降りる際に何と30,000Kipとぬかします。最初の交渉で20,000Kipだったろ、と言って降ります。

トゥクトゥクには要注意でしょうか。

プノンペンのようにどこでもモタサイが居ればもっと便利なのでしょうが、困ったものです。

tag : ラオス ホテル カラオケ 置屋 ビエンチャン プノンペン ジャカルタ ショート チップ サービス

リンク
カテゴリ
検索フォーム
最新コメント