FC2ブログ

2017/7/12【ジャカルタ】高層ビルのお膝元でもヌキは可能

ジャカルタの南部、ブロックMの南西に位置するポンドック・インダー(Pondok Indah)。


高層ビルがそびえ、大きなモールやゴルフ場まで揃っているこのエリア、足を踏み入れるのは今回が初。


こんな場所でもヌケるのは、さすがジャカルタ。


20170505_173629.jpg

◎その場所は


オトコの夜遊びガイド「ジャカルタ編」のご購入者様から頂戴した情報を基に地図を用意して向かいましたが、看板が樹木の陰になっていて目立たず、通り過ぎてから道端の人に尋ねて、徒歩で引き返す羽目になりました。


周囲を見渡せば、ここに風俗があるとはちょっと思えない環境。


SPAのカウンターにはパッケージで「60分マッサージ+トップレス+HJ(手こき)」で350,000Rpとあり、さらに英語で「チップ無用」とも明記されています。


このSPAのメリットは、受付ロビーで指名待ちの尾根遺産たち全員、実物を見て選べることです。


画像でしか選べないSPAが増えている昨今、なかなか貴重な存在でしょう。


◎チョイスしたのは、やっぱり


私がチョイスしたのは、日本の女子★生風なコスチュームをまとった美女、21歳。


訊けばやっぱり、スンダちゃんでした。ホント、スンダ族には美女が多いんですよね。


とにかく可愛かったのですが、施術を終えていざ、という段階で

「脱ぐならチップ15万Rp」と言いだしました。


「受付でトップレスはパッケージになっていたぞ」と抗議しましたが、頑として譲りません。


インドネシア語の出来ない客から、こうして小遣い稼ぎしているのではないか?と推察いたします。


情報によればオプションはすべて娘との交渉で、上を脱ぐとプラス30万、最後までとなるとプラス80 万が相場と聞いていましたから、35万でHJまでパッケージなのは交渉不要で楽です。


(注)どこまでOKかは娘次第です。


後に続く同朋のためにもプラス15万Rpは拒否し、その後なんとか懐柔して、おっぱいタッチ+HJで無事にフィニッシュできました。


にほんブログ村 大人の生活ブログ 東南アジアナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

tag : ジャカルタ ブロックM 夜遊び SPA マッサージ チップ インドネシア

2017/5/31潜入!ジャカルタ南部の無法地帯

◎ジャカルタでも未知のエリアには


ジャカルタのローカルな置屋街にお詳しい、だるまわんさ様に存在をご教示いただいたのは、これまで行ったことのないエリアにある置屋通り。


某施設脇の細道に道待娘?が大勢いるけれど、夜遅くにならないと現れない。ということで、ブロックM界隈からタクシーに乗り込んだのは23時半。


インドネシアのブルーバード

◎嫌な予感


運転手に施設名と道路名のメモを見せて「タウ?」(知ってる?) 「OK」と向かった先は、ブロックMから南東方面。


事前に見た地図では、コタからクラパガディンに行く以上の距離。


深夜なので渋滞はなく、飛ばすタクシー。すでにメーターは8万Rpを越えています。


「そろそろのはずだけどなぁ~」と思っていたら、タクシーのたまり場?で停まりました。


「トゥングー(待ってて)、ミスター」と下車する運転手。


あっ、コイツ、ホントは知らなかったんだ!!


これだからなぁ、インドネシア人って。案の定、他の運転手が私に寄ってきて「Uターンです」だって。


「おいっ! 知らなくて通り過ぎたのか?もうメーターがこんなになってるじゃないか!」「大丈夫です。ディスカウントしますから」って、そういう問題じゃないんだよぉ~


 


◎暗い細道の奥にうごめくのは


そしてタクシーが停まったのは、少し前に通り過ぎた建物の前。


やっぱりココだったのかぁ!


大きな建物脇の路地に「遮断機」があって、門番みたいな男がいたのを車内から見て「怪しげな場所だな」とその時思ったのでした。


「ここで待っていますね」という運転手に、Uターンの道中で考えたセリフを。「メーターどおり払うから、一緒に歩いてくれ。」


私ひとりでは身の危険がありそうなので、ディスカウント分で保険をかけよう、と。


車1台も通れないような細い路地。遮断機の先、20mくらいは何もないのに、その先には道の両側に木製の小さな掘っ立て小屋が連なっていました。


横幅で2mほど、奥行きで1m少々くらいの小屋が数十軒あり、各小屋の前には1~3名の尾根遺産が座っています。


◎痛恨のミス!


これまでに訪ねたどの置屋街とも様相が違います。


例えばカリジョドは大きなハコもありました。今は亡き線路脇の小屋群は、あんな場所でもコンクリート製でお店の体裁がありました。


バリ島のパガンダラやカラワンのテンダビルが高級に思えるほど、ここは簡素です。


文章で説明しても伝わりにくいと思いますが、実は動画撮影に失敗してしまっていました。(ホテルに戻って判明しました)


 


◎尾根遺産だけではなく


半露店みたいな、屋台のような小屋なので尾根遺産たちの顔は確認できました。


明らかにOVER30もいましたが、見た感じで20歳前後くらいの、そこそこカワイイ尾根遺産もチラホラ。


路地は1本道ながら途中で折れつつずっと先まで続いていましたが、両側がちゃんとしたワルンになるあたりから尾根遺産もいなくなったので引き返します。


道の途中に3ケ所、人だかりが出来ていて野郎どもが集まっていました。違法カジノのようです。


かつてシンガポールのゲイランでは裏道で賭場が開かれていましたが、それにかなり近い雰囲気。


道中ですれ違う若者の表情をチラ見していると、明らかにラリった目つきをしている者が多数。できるだけ視線を合わせないようにします。


「コイツ、外国人?」と目立ちたくないので、運転手と一緒に歩きながらも会話は一切せず。なので値段も訊いていません。


此処にはヤリ部屋が無いので、どこかに連れ込むしかないはず。路地の先の方には、そういう場所があるのかもしれませんが。


なので「置屋街」というよりは道待娘に近いでしょうか。


 


◎最後のひと悶着


まだ20代であろう、ブルーバードの運転手。表通りに戻ってくると、肩の力が抜けたようで「チェウェ、たくさんいましたね」と興奮気味。


ローカルの彼でも、初めて足を踏み入れた場所でかなり緊張していたようです。


この置屋街、一度はアホック・ショックで閉鎖になったものの、復活したのだそう。


「じゃあ、ブロックMに戻ろうか」 


ここでひと悶着。遮断機前で路上駐車管理をしているオッチャンが「駐車料を20,000Rp寄こせ!」と。


ジモティはみなバイクですから、表通りには他にアンコッタ1台しか停まっていません。だからって、2万はないだろうに!


そもそも公道なんだし。


運転手は5,000Rpでカタをつけようと粘りますが、オッチャン、頑として譲らない様子。


仕方ないので横から割って入り、「1万で十分だろ!」と吐き捨てて運転手を引っ張り車に戻りました。


 


◎エピローグ


私が理解できないのを承知なのか、運転手はそのあとしばらくの間、運転しながら早口で何かブツブツとしゃべり続けました。


彼にとっては、おいしい長距離客のはずがとんだ災難だったのかもしれません。


ブロックMスクウェアに戻ったのは25時過ぎ。メーターは18万ほどでした。


私は「口直し」にとブラつきながら、仕事を終えた私服のカラオケ嬢たちをしばらく眺めていました。


ついさっき、垣間見た置屋街の女性たちの表情と、同じジャカルタでもこんなに違うものなのか、と。


にほんブログ村 大人の生活ブログ 東南アジアナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

tag : ジャカルタ 置屋 ブロックM タクシー カラオケ

2017/5/22【ジャカルタ】スレたSPA尾根遺産にリベンジ

・応用編から割愛したSPA


今からちょうど1年前、【朗報】ブロックM方面に★番が標準のSPA登場 という記事を書きました。


私が入店したのはまだソフトオープン時でしたが「ジャカルタ夜遊びの勢力図が変わるかも?」と予感したとおり、その後は過去記事【ジャカルタ】あのSPAは激混みに!のような状況になりました。


オトコの夜遊びガイド「ジャカルタ・応用編」は


・まだ娘たちがスレていない


・日本人にあまり知られていない


そういう風俗スポットの紹介がコンセプトなので、もうあのSPAは応用編の対象ではないな、と。ゆえに今回の改訂で基礎編に移しました。


・パッケージのはずなのに


そのSPAに関してBJ様から頂戴したレポです。(ご本人様が特定されないよう一部修正)


DSC_1134.jpg

3月に行った時、迂闊にも時間稼ぎ作戦にハマってしまい(疲れてたのもありますが)、ラスト10分の電話がなって初めてHをするかどうか聞かれた上に、+20万Rpで全身リップと★ェラを追加してあげるというネゴを受けました。


ここまできて★ェラがないのも、、、という思いからこれまた迂闊にも受けてしまった、という苦い思いをしました。


一緒に行った友人も同じように言われたそうで、もしかしたら日本人相手にはデフォルトになってしまっているのかもしれません。


・リベンジの再訪


今回また行って来ました。


3月と同じ相手、10番のCという女の子を選んだのですが、同じ轍を踏まないように、部屋に入るなり「この後食事で急いでるから、さっさとしよう!」と、シャワー後即、事に及ぼうとしたら案の定、時間稼ぎしたい彼女は「なんで?」という感じで戸惑ってましたが、そこは強引にスタートさせました。


本人が僕を覚えてなかったのも幸いしたのか、何のネゴもなくリップ~F~合体という流れでした。


要はボレるところからボッてやろう、ということだと思います。


前回分を取り返したいのでそれだけで終わらず、発射後、ワザとらしく携帯をチェックして、「あ!友達来れなくなったって!時間空いちゃった」とマッサージまでしっかりやり遂げてもらいました。


20万Rpもらえない上に、マッサージまでさせられて彼女も若干不満そうでしたが。


賢者タイム中、彼女が疲れたとゴロゴロしてたので(体調万全だったので長持ちしたんです)、パシャパシャと写真を撮ったのですが、バレてたみたいで、マッサージ中に「さっき写真撮ったでしょ。消してよ!」


そのやり取りが延々と続いたので、面倒になって90分到達前に出てしまいました。怖い人たちに通報されるのも怖かったですし。


ということで、これからあのSPAに行く時は、まず合体が鉄則だな、と一人で感じています。


 


・管理人の感想


日本人相手にデフォルトなのかどうかはもちろん定かではありませんが、駐在者に案内されたビギナー出張者ならすんなり払っちゃうでしょうからねぇ。


予約したのに1時間待ち、とか他にも難点はあるSPAですが、立地条件、ファシリティ、コスパ、レベル等々考えるとやっぱり価値はあるんですよね。


にほんブログ村 大人の生活ブログ 東南アジアナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

tag : SPA ジャカルタ ブロックM 風俗 夜遊び マッサージ

2017/4/26【ジャカルタ】夜遊びスポット群の近況

磯仁様のPATRA&LARISの潜入レポートを先月UPいたしましたが、その滞在中にジャカルタの方々の夜遊び場にお顔を出されたそうです。


◎STARMOONは盛況


時間割引の垂れ幕はもうありませんが、会計時にPM8時迄なら50,000Rp引きの280,000Rpというタイムセールは以前同様に継続中でした。


娘の数もかなり増えていました。中には若くてイケてる容姿の娘もちらほらと。


皆さん緑色の番号札を付けているのですが、中に1人だけ赤い「FL09」という札を付けている娘が居ました。


男性コンシアに聞くと「彼女はフリーランスで、他の娘より50,000Rp高い」そう。(注:FLはフリーランスの略)


ただ、当方が開店当初に指名していた娘3人のうち2人は既に辞めていました。ここも入れ替わりが激しいようです。


starmoon

◎LAも盛況


明るい金魚鉢の中に娘は多数。皆若くて容姿もなかなかです。


娘同伴でお酒を飲んでいると、途中でママ(パパ)から「そろそろ上に上がれ」と娘に指令が来ます。


同系列の為か、サリアユと同様に「2人でビール大瓶4本」が目安のようです。


◎HALOMAS(ALOHA)


こちらも健在でした。


訪れたのは平日のお昼前ながら、奥のソファに並んだ娘はその数10名、barサイドに2名と、なかなかの数でした。


やはり皆さん30代でしょうか。でも以前よりほんの少しだけ質が上がっているような。


お客もぽつぽつとやって来ます。


終えて上から下りてくるお客もぽつぽつと。皆さん現地の方でした。


◎某置屋


ジャカルタ基礎編36P


こちらも盛況でした。新顔の娘も増えておりました。


ママに勧められて遊んだ娘は、初めて見るフリーランスの娘でした。


ジャカルタ出身でまだ20才だそう。


彼女、テクニックは今ひとつながらも、指入れなどこちらからの攻めは全部受け入れてくれました。


彼女のスレンダーな肢体に白いすべすべの肌は極上ものでした。


その肢体を堪能し、最後は蹂躙するかのようにガンガン突きますが、結局イケずに自ら終了を宣言。


3日後に再訪しましたが、何と彼女、前日から生理でお休みだと。滞在中の再指名は叶いませんでした。


◎トラベル


前回指名した娘は既に辞めておりました。僅か2ケ月なのに・・・。


別の指名娘もこの日は生理中でお休みでした。


訪れたのは平日の午後2時過ぎで、手前のソファに娘はぎっしりながらピンと来る娘は一人も居らず。


奥のフロアのソファには、ぱらぱらと座って居るだけで空席が目立ちました。


ママに勧められた娘も気に入らずそのまま退店。料金は0円でした。


ここは入場料がチャージされないのが素晴らしいところです。クラシックもこうだったら行き易いのですが。


◎某SPA


ジャカルタ応用編28P


平日の午後なのにお客は引っ切り無し。


二階のラウンジではお客の指名した娘がどんどん捌けて行きます。


まさに現地のお客御用達のお店ですね。


にほんブログ村 大人の生活ブログ 東南アジアナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

tag : ジャカルタ 夜遊び 置屋 トラベル SPA

2017/3/16【ジャカルタ】ブログ初登場の置屋(2)

前回のLARISに続き、磯仁様によるジャカルタ置屋の新規開拓レポです。場所はラリスの向かいです。


Jakarta-Patra.jpg

◎PATRA


・営業時間:AM10:00~PM10:00


・料金 300,000Rp/1Hour (マッサージ+☆番のパック料金)


入店したのは平日の午後一時過ぎ。受付のカウンターに在籍娘の写真が並べられているのは置屋長屋と同じ。


30名程の写真が並んでおりましたが、皆さん年齢は比較的高めのようです。


受付の男性が「今選べる中ではこの娘が一番お勧めだ」と言うので迷わずそのお姉さんを選択。


料金と内容を確認して二階に上がります。


部屋は長屋のように並んでおり、パーテーションで仕切られていて、天井は空間となっていました。


部屋の入口はカーテンで仕切るだけです。


Jakarta-Patra2.jpg

狭い室内には簡素な施術台がひとつ。*LARISよりは広い


服を脱いで待つこと5分。


カーテンを開けて現れたお姉さんは、小柄でややムチムチの体型ながら、そのお顔は美形でした。自称28才とのこと。


Jakarta-Patra3.jpg

◎プレイの模様は


シャワーに行くように言われ一人でシャワー。


シャワーを済ませて再びベッドへ。お姉さんもその場で服を脱ぐと、いきなりの☆番!


軽い乳首舐めから股間に移り、舌先でなぞるように袋舐め。


そこから玉吸い。


竿舐めから先を咥えると、口中で先を舌でなぞりながら、同時に片手で袋をさわさわと触り、さらには玉揉みと、なかなかの技です。


充分になったところで準備をして、まずはお姉さんが上に。


ゆっくりと腰を下ろした後、そこを擦るように動きながら、同時に上体を寄せての乳首舐め。


途中で交代して今度はこちらが上に。


彼女の大きく柔らかい乳房を両手で揉みながらゆっくりと動き、彼女のすべやかな肌を堪能します。


ここから再度交代して再び彼女が上に。


上下、前後に動きながら同時に後ろに手を伸ばして、片手で玉袋を揉む技もなかなか。


Jakarta-Patra4.jpg

しかし連日の放出の為かイク気配が全く感じられず、自らここで終了を宣言。再度一人シャワーを浴びて着替えます。


気に入ったのでお姉さんの名前を聞くと、何とお姉さん、笑顔で当方のメモ帳に自ら名前と勤務時間、それに携帯の番号(しかも2つ!)まで書いてくれました。


 


◎管理人から


フィニッシュできなかったとはいえ28歳で、美人で、テクニックも。


磯仁様、リピートしそうですね。


にほんブログ村 大人の生活ブログ 東南アジアナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

tag : ジャカルタ 置屋 マッサージ

リンク
カテゴリ
検索フォーム
最新コメント