FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホテル併設の本番マッサージ

スマラン情報の公開、第2回は
プリ・ガーデン・ホテル(Puri Garden)のスパ「ALOHA」です。

情報は2013年4月時点のものであることをお断わりしておきます。

プリガーデン

タクシーで到着し、ホテルのフロントで「SPAは?」 と尋ねると、
出て右へ行き、奥に回れと。

あぁ、目立たない看板がありました。
ホテルの建物の裏手から入るあたり、怪しさ満点です。

土曜の午後2時過ぎ。お客がいないようで、
だらけていた受付の兄ちゃん、英語ができません。
でもマッサージが20万、ということはわかりました。
(この当時、まだ私はインドネシア語がほぼNGでした)

CIMG2472.jpg

受付のすぐ向かい側に、大きな金魚鉢。
しかし娘は奥のほうに2人だけ。
どちらもポッチャリ体型でタイプではありません。

が、指名しないことには本番の有無も料金もわからないので、仕方なく片方を指名。
(こういう点でコミコミ料金のリンジャニはありがたいと思います。交渉不要ですから)

年季の入った部屋に向かいます。
カタコトの英単語はできるアラサー女性が、すぐに自分も全裸になり、洗ってくれます。
部屋の片隅のシャワー・ブースも年代物ですが、お湯はきちんと出ました。

CIMG2474.jpg

彼女、なぜか「チン☆ン」「マ☆コ」という日本語は知っていました。
過去に邦人客がそれなりにいたのか、かつてはジャカルタあたりに出稼ぎしていたか。

ベッドに座って待っていると 「チキチキ?マッサージ?」 と言うので
「チキチキ、マハル、ヤ?」(本番は高いんでしょ?) と訊いたら
「安い!50万」 と。 それのどこが安いのよ?

「近くの置屋なら15万だよ」 と反論すると 「あそこは汚い。ここはホテル」 と。
ホテルというほどの質が伴わないので、
「ティダ マウ チキチキ」(本番は不要)と繰り返し、マッサージだけしてもらうことに。

CIMG2475.jpg

こういう店では珍しく、予想外にマッサージそのものは上手でした。
何度か「ノー、チキチキ?」と言われましたが、(そりゃ、稼ぎたいのでしょうから)
「ティダ マウ」と言い続けたら、自分は服を着て施術に専念してくれました。

チップの要求が無かったのは好印象。
帰りに受付で20万払い、「彼女にチップ」と1万置いて退散しました。

夜の時間帯なら、もう少し選択肢があるかもしれません。


にほんブログ村 大人の生活ブログ 東南アジアナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

tag : スマラン スパ SPA マッサージ インドネシア ジャカルタ 置屋 チップ

スマランの置屋ホテル

オトコの夜遊びガイド「東中部ジャワ編」の販売を中止してから、
すでに1年半ほど経過いたしました。

かつて予告しましたとおり、これからいくつか、
スマラン情報をブログ公開して参ります。

ただし2013年4月時点の情報です。最新情報ではございません

今日はまず、スマランで最も遊びやすかった、
置屋ホテル リンジャニ Rinjani です。

リンジャニ

スマランのランドマークであるシンパン・リマから南西、丘陵地帯にあります。

Agodaで検索できない、おそらく中華系のホテルです。
でも有名なようで、タクシーに「リンジャニ・ホテル」だけで通じました。
(他の運転手も知っていました)

もっと怪しげな建物を想像していましたが、意外な高級感でびっくり。
一般宿泊の他、Shintaというスパと、カラオケが併設され、
SPAの看板は小さく、夜間は目立ちません。

CIMG2408.jpg

スパに入るとすぐ、奥の金魚鉢に案内されます。
お客の目線の高さにだけ、透明なラインが入ったタイプ。
向こうからお客の顔はみえないので、このタイプは恥ずかしさが無いです。

平日夜9時頃で、水槽内には11名。ロビーに先客が5名。
稼働中の娘を入れたら15名くらいの出勤でしょう。

このSPAは何と、朝の9時から営業します。夜は23時まで。
娘たちは2シフト制で、早番・遅番は週毎に交替するそうですから、
在籍は30名前後、という計算に。

第一印象で22番がいいな、と感じましたが、
横で英語可のマネージャーが「**番がいいぞ」 と。
理由を尋ねたら「子供を産んでいないから」だそう。

他に食指の動く娘はいなかったので、ここは彼の言葉を信じて20番を指名。
受付で43万Rpを払います。
これは部屋代・マッサージ代・本番代すべてコミコミです。

部屋の大きさは2種類あって、43万は標準タイプ。
動画で最初に案内された部屋が広いタイプです。

リンジャニの動画リンク

尾根遺産は、見た感じで21、22歳。実年齢26歳。
地元娘で、ちょっとポチャ気味。

幸いなことに英語が普通に話せました。
この仕事は1年前からで、その前は別のホテルで働いていたから話せる、と。

お互い全裸になりシャワー。集中的に股間を洗ってくれます。
ベッドに移り、うつ伏せになっていたら
「先にHして、残り時間でマッサージにしましょう」と。
ここは娘の流れに任せ、どんなサービスか受け身で待ちます。

ボディ舐めから生Fへ。
特別すごい技巧はありませんが、丁寧さは伝わります。

最初は騎乗位から。
「動き方は上手くないなぁ」 と思っていたら、急にギア・チェンジ。
おっぱいを揉みたくて腕を伸ばそうとしますが、
彼女が私の両腕を押えつけているので、ままなりません。
お客の自由にはさせない模様。

上下交替してもらい、自分のペースで抜き差し。
それまで無反応だった彼女でしたが、回転運動を加えた途端
「Oh…Oh, Honey! …Oh…Oh…Honey, oh!」 と、
まるで白人AVのような嬌声。まぁ演技かもしれませんが。

CIMG2409.jpg

対戦を終えてからのマッサージは、それほど技術はなし。
両腿をクリームで。あとは背中を足踏みマッサージ。
時短はありませんでした。

部屋を出る直前、言いづらそうに
「あのね、これまでの大勢のお客さんが、ちょっとだけおカネ、くれたのね・・・」 と。

チップの催促も、これくらい控え目なら気持ちいいですね。
しかも5万Rpで満面の笑顔に。

顧客の多くは中国系で、白人も多いそうです。


にほんブログ村 大人の生活ブログ 東南アジアナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

tag : 夜遊び ジャワ スマラン 置屋 スパ カラオケ SPA マッサージ チップ

スマランのブローカー

前回に引き続き、K様のスマラン体験談です。

以前のスマラン道待娘記事はコチラ


2)道待娘とポン引き

22時過ぎのPoncol駅付近。ぽつんぽつんとお姉さんがいます。
合計すればそこそこの数がいますね。

ただ、見ている限り、年増やあまり可愛くない娘も多い。探すのが大変です。

あまり遊ぶ気にもなれず、そろそろ戻るかというときに現れたのが
「東中部ジャワ編」の【斡旋ホテルA】

2人のおじさんがいて、そのうち1人が話しかけてきます。
試しに「ワニタ? アーベーゲー?」などと聞いてみると、
またペラペラと話してきますが、インドネシア語。

分かったことは、このおじさんが客引きであること、
値段がRp300,000、20分程度待てとのことでした。

申し出を断り、帰ろうと歩き出すと、客引きがバイクで追いかけてきました。
「若くてかわいい娘がいいんだな。すぐに呼ぶからバイクに乗れ」と言っているようです。

バイクに跨ると、Jl Imam Bonjolを駅と反対方向に向けて走り出し、
Hotel Oewa Asiaという、これまた汚らしいホテルで止まります。
(グーグル地図でもこのホテルは見つかりますが、実際は道の反対側です)
ここで降ろされ、「少し待ってろ」と。

add123.jpg

5分ほど待つと、客引きが女の子を乗せてやってきました。
お世辞にも美人ではない。年齢は20くらいか。

物は試しと、「この娘で」と言い、Rp300,000を渡すと、
そのうちのRp100,000を宿のフロントへ。
(で、お釣りをもらっていたので、宿代はRp100,000以下と思われる)

そして、女の子にもお金を渡しています。たぶんRp100,000程度でしょう。

客室係に連れられて、部屋へ。
大きな虫が床を這っているような、汚らしい部屋。

ここで女の子と少し話をします。
21歳、スマラン出身、既婚、主人・子持ち。

物静かですが、恥ずかしがり屋のようです。
話しているときの笑顔はかわいらしく、性格は良さそう。

プレイは完全に受け身。
愛撫して、ある程度濡れてきたところで合体。いわゆるマグロというやつでした。

時々腰がけいれんしたように動きますが、あまり反応はありません。
これは攻め派には物足りないのかも知れませんが、
女の子が悪いというわけでもないので、別に構いません。


プレイ終了後、女の子と少し話をしてから、部屋を出て、鍵をフロントに返します。
女の子が、携帯でバイクを呼び、5分ほどして先ほどの客引きがやってきて、
バイクに3人で跨り、来た道を戻ります。

女の子は、途中の路上で降りていきます。
後から思うに、この女の子、道ばたで客待ちしていたところを、
客引きに「客がいる」などと言われてスカウトされたのではないかと……

私はPoncol駅まで送ってもらいました。
チップは要求されませんでした。

add125.jpg

それにしても、なぜAではなく別のホテルだったのか。いまいち分かりません。
Aホテルには入れない、何らかの事情があったのでしょうか。

また、客引きは悪い人ではなさそうです。
道待娘を探して直接交渉する手間暇を考えれば、客引きを使って、
こちらの希望を伝えて女の子を連れてきてもらうというやり方もありかなと思います。

少なくとも女の子よりも客引きの方が外国人客の対応にも慣れていると思うので、
女の子に直接アプローチするよりは楽かと思います。
もちろん、望み通りの娘を探してきてくれる保障はありませんが。


とはいえ、個人的には二度目はありませんね。
あのような怪しげなところでやるよりは、少し金を払ってでも、
本番SPAで遊んだ方が、普通の人には楽しめるかと思います。


なお、スナンクニンは今回行きませんでしたが、次回は行ってみようかと考えている次第。

add126.jpg

K様、詳細なレポをありがとうございました。

スナンクニンは次回? ということはまたスマランに?

斡旋にTRYされたり、K様は本当にチャレンジャーですねぇ~


にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

tag : スマラン 体験談 ホテル ジャワ インドネシア チップ SPA

スマランの続報

お馴染みK様が、なんとスマランまで遠征されたそう。
私がスマラン風俗開拓に訪れてからもう1年。
その後あの街に変化はあったのでしょうか。


1)本番SPA(マッサージ・パーラー)

受付で請求された金額がRp450,000であったことを除けば、
流れは「オトコの夜遊びガイド」のレポート通りでした。

18時頃に入ったのですが、金魚鉢に5人ほどいた中で、選べるのは個人的には3人。
そのうちの1人を指名。23歳、スマラン出身、茶髪の今時な感じの女の子でした。

英語はダメで、簡単なインドネシア語で会話。
性格は良さそうで、会話もそこそこつながります。

で、全身リップがあり、一戦交えて、……、そこで終わりでした。
SPAなのにマッサージはないのかよ!!! 

ま、どうせあったとしても、大したことはないでしょうから、
実はあまり気にしませんでしたが。

最後に「控えめな」チップの請求。マッサージがなかったのでRp20,000しか渡しませんでしたが、
それでとても喜んでくれ、手を繋いで受付までエスコートしてくれました。

add122.jpg

K様はココに辿り着くまでにも、タクシーに英語が通じず、
別の場所に連れていかれてしまったそう。

コミュニケーションも、英語OKの尾根遺産を選ばないと大変なのがスマランです。
一方、日本人客が少ないこともあってか、
スレてガメつくないのはスマランの良さ、かと。

“とても喜んでくれ、手を繋いで受付までエスコート”
こういうのが、イイんですよね。

このSPAは2シフト制で、なんと朝の9時から営業しています。
早番と遅番は週毎に交代します。

私が行ったときは、部屋代・マッサージ代・本番代の合計で43万Rpでしたから
若干の値上げ、でしょうか。

K様の体験談は次回に続きます。


にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

tag : スマラン 風俗 SPA マッサージ 体験談 夜遊び チップ インドネシア

スマランにもホンダガール

スマランの某ホテル前を歩いていたら、オジェの運ちゃんが
「ノナ、ノナ?」と囁いてきました。この近くで30万だと。

「ABGか?ホントか?」と念押ししてオジェに乗り込んだのが22時過ぎ。
チンタラと20分ほど走って、小さな怪しげなホテルに到着。
野郎が数名たむろしています。
彼らの一人が斡旋屋で、他はホテル従業員のよう。

30分近く待たされ、バイクで尾根遺産がやってきました。
ホテル裏手の駐車場で待っている、と案内されます。

(ここから動画あり)
メットを脱いだ尾根遺産。

えっ??

どこがABGなんだよぉ~(涙

24歳。顔は平均的ですが、私好みの細身ではありません。
このレベルに30万は、なぁ~~~

ポン引き兄ちゃん、奥の部屋を指さして「さあ!」と。

「ゴメン!タイプじゃないんだよね」と
尾根遺産に交通費を差し出し、帰ることに。

強引な引き止めは一切無かったのが、まぁ救いか。

斡旋ホテルの動画

semarang_sk2.jpg

斡旋ホテルを後にして「今日はもう帰ろう」と。

折から小雨も降り出したので、なかなか来なそうなタクシーを待たずに
しつこく待っていたオジェの運ちゃんを再利用。
ここから投宿先までは、さほど遠くないはず。

相変わらずチンタラ走るオジェから、
道端の屋台を眺めていたら、ふと反対車線に停まっている
バイクの尾根遺産が、こちらに微笑んだような気が・・・・

直感的にピン! ときて、急いでオジェを停めさせる私。
さっきの一人だけじゃないぞ。少し先にも1台。こちら側にも。

女性が23時過ぎに、道端でバイクを停めて跨ったまま。
飲み食いしている様子もない。これは間違いない!

近くの尾根遺産に声をかけてみる。
「ハーイ、キミ何歳?」「※★◆」「もう1度言って」「※★◆」
私の現地語ヒアリング・レベルでは、早口でよくわからない。
見た感じでは20代後半。

(ここから動画あり)
私に微笑んできたと思われる、反対車線の尾根遺産に近寄る。
「何歳?」「24よ」
「いくらなの?」「20万よ」
斡旋ホテルの尾根遺産とレベルは同じ程度。でもこちらが割安。
(動画はここまで)

スマランのホンダガール動画

semarang_sk4.jpg

もう1人聞いてみたが、返事は同様。
申し合わせてはいないだろうから(外国人なんて、来ないでしょ?)
20万が適正相場なのでしょう。
斡旋屋の30万は、そこにコミッションが乗って、そんなものかと。

結局この付近100m前後の間に6台いました。

そこからしばらく先に、駅舎が。「ああ、ここだったのか!」と納得。

実はスマラン到着時に、駅で拾った運転手に聞き込みした際の会話。

「シンパン・リマに道待娘がいる、って聞いたんだけど?」
「いや、ダンナ、あそこにはもういませんよ」
「そうかぁ。ネットで見た、多分数年前の情報だからなぁ」(愕然)
「でもダンナ、他の場所にはいますよ」
「ぬわぁにぃ?! どこだ、それは?」
「ポンチョルっていう駅のそばです」

今、目の前の駅舎には確かに PONCOL と。

もしココにTRYされる方、夜の社会科見学ご希望の方、
スマランには駅が近くに3ケ所ありますから、お間違えなきよう。


にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
にほんブログ村


★オトコの夜遊びガイド★
実は各都市の 【とっておき】 情報は、ご購入者様利益を考慮し、ブログでは一般公開しておりません。シリーズ各編のご購入は、以下各都市のバナー画像をクリックしてください。
ジャカルタ編は分冊化!
これまでのビギナー向け情報は「基礎編」、日本人があまり行かないようなスポットを知りたい方々には「応用編」を
JKT17k.jpg JKT17o.jpg
ジャカルタ編から分冊
ブカシ、チカランにご出張の皆さま向けにお求めやすく分冊いたしました。
cika17.jpg
ホーチミン編17~18
2017年5月の最新情報にアップデート
17HCM.jpg
バリ島も遊び倒そう!
ゴージャスにプレイができるSPAは?★【夜のインドネシア語会話集】も
bali17.jpg
ヤンゴンの夜遊びは?
有名店はスレた尾根遺産ばかりに劣化してしまったヤンゴンですが、じゃあ、どこで遊べば?
YGN_17.jpg
【世界遺産の街】 の尾根遺産は
改訂版2017をリリースいたしました!★【カンボジア版:夜の指さし会話帳】も★
siemreap17.jpg
変貌著しいプノンペンの今!
改訂版リリースです★【夜のカンボジア語指さし会話帳】つき★
PNH17.jpg
クアラルンプール編
リンギット安のクアラルンプールなら、円安の痛手を感じずに風俗三昧OK!!
KL17S.jpg
マニラ編17~18
2016年10月リリースの改訂版です
厳選マニラ夜遊びスポット。フィリピーナ攻略法も全公開 MNL16.jpg
ジョグジャカルタ編
世界遺産の街ジョグジャカルタの風俗情報★【夜のネシア語会話集】つき
yog17.jpg
スラバヤ編
スラバヤの風俗情報★【夜のネシア語会話集】つき
15surabaya.jpg
プロフィール

アジアナイトウォーカー

Author:アジアナイトウォーカー
アジアの尾根遺産をこよなく愛し、各地へ風俗巡礼を繰り返すアラフィフおやじ。

カテゴリ
リンク
検索フォーム
月別アーカイブ
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。