FC2ブログ

2018/4/13尖沙咀界隈のひとり飯スポット【ランチ編】

前回の朝食編に続いて、香港:尖沙咀界隈でのおすすめ“お一人様ランチ”編です。


20180205_093129.jpg

このエリアには、前回ちょっと触れた「池記」のような有名店もありますが、行列必至なので【ひとり飯】はツラいと思うのです。


空いていて、かつ美味しいお店を2ケ所、紹介いたします。



◎穴場の中華


少し前に紹介しました、尖沙咀界隈の141「發利大厦」(地図の黒?)からすぐ西側にある、小さな中華レストランが「鶏記潮州面食」。


黄色の看板が目印になります。地図も黄色のマーカーにしました。


20180205_130057.jpg

お店の前には、掲載された雑誌などの切り抜きも掲示されているので、香港でも定評あるお店のよう。


ランチタイムは地元香港人でそこそこ混んではいましたが、行列しているほどではなし。しかもお一人様客が多いので安心感も。


さらに日本語メニューもあるので助かります。


20180205_130107.jpg

池記で食べることができなかった、香港名物「エビワンタン麺」を注文しました。33HKDで、十分美味しかったですよ。


◎インド料理はいかが?


中華が続いたときに、目先を変えてインド料理はどうでしょう?


20180205_185014.jpg

格安ゲストハウスやレートの良い両替店で有名なチョンキン・マンション(重慶大厦、地図の青いBED印)ですが、実はインド料理店が多数あることでも有名です。


ビルの前にはインド人の客引き?もいますし、ビルに1歩入ればスパイスの香りが漂ってきます。といっても、ビル内で調理しているのではなく、外から運び込んだ出来合いの料理をレンジでチン!して提供します。


私が試したのは地上階、入ってすぐ右に折れたところの店。


20180205_185023.jpg

マレーシアやシンガポールで、こういう光景をこれまで多々見てきたので「なかなか美味しそうだな」と。


画像の右上、チキン・ビリヤーニ(60HKD)にしようかと思って、一応「スパイシー?」ときいたらYESと。


どれがNot Spicyかきいてみたら「バターチキン・カレー(55HKD)だ」と店員。じゃあ、ソレを!と頼んで着席して待ちます。


20180205_185033.jpg

これが食べてみるとNot Spicyとは思えない辛さ!!無料のつけ合わせで出されたキュウリがあって助かりました。


でも旨い! いやぁ~、飯がすすみますよ、コレは。


香港通の方々のなかには、あえて重慶大厦にインド式カレーを食べにくる人もいるそうですしね。


湾仔の中華系食堂で「本日のおすすめ」となっていた咖喱飯を食べてみたらイマイチだったのですが、カレーはやっぱりインドっすね。


にほんブログ村 大人の生活ブログ 東南アジアナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

2018/4/12尖沙咀界隈のおすすめひとり朝飯スポット

香港遠征の関連記事、最後は当サイトおなじみの「ひとり飯スポット」紹介です。


「重慶大厦」「美麗都大厦(下画像)」の格安ゲストハウスに宿泊される方々向けに、尖沙咀界隈に絞りました。


20180204_184857.jpg

朝食のつかないゲストハウス滞在を念頭に、今回は朝食SPOTを紹介いたします。



◎朝からマカオ名物を堪能する


最初に紹介しますのは「澳門茶餐廳」(地図の緑マーカー)。


20180204_184921.jpg

茶餐廳とは、日本でいうファミレス。多彩なメニューが写真入りメニューからチョイスできます。下画像は朝食メニューです。


尖沙咀界隈で朝から営業する店は多くありません。24h営業のマクドナルドは、地図の青マーカーなど数店ありますが、せっかく香港に来てマクドナルドでは、ねぇ?


澳門茶餐廳は朝6:30 から深夜2:00 まで営業しています。私は香港エクスプレス成田行きに搭乗するため、7時過ぎには尖沙咀を出発したかったので助かりました。


20180206_105656.jpg

クリスピーパンなど香港の定番朝食もありますが、店名どおりマカオ料理もあるので、ここはマカオ名物「豬扒包」を。ポークチョップバーガーです。


20180206_105559.jpg

スパイシーなポークチョップと炒めたタマネギを、香ばしいバンズに挟んだシンプルな一品です。


20180206_105608.jpg

私のオーダーはこのバーガーとスクランブルエッグのセット38HKD。


20180206_105618.jpg

定評のあるミルクティーも香港名物で、単品なら25HKDですが食事と合わせて注文すれば8HKDで済みます。


◎ちなみに


20180206_105549.jpg

ランチやディナーなら、他のマカオ料理に舌鼓可能。


斜め向かいには、香港各地に支店を持つ有名店「池記」(地図の紫マーカー)があります。


20180204_184931.jpg

海老ワンタン麺で知られますが、画像のように常に行列なので「ひとり飯」にはちょっと敷居が高いかと。


和食屋もいくつもあるのですが、ラーメンとか日本より高いんですよね。それに中華に飽きたらラーメンではなく飯モノでしょ?


だったら日本のチェーン店「かつや」(地図の茶色マーカー)か、青マーカーのマクドナルドのそばにある吉野家がひとり飯にはいいでしょう。


◎香港の朝は中華粥


20180205_115019.jpg

尖沙咀でお粥といえば、有名なのは「輕鬆一下」ですが「重慶大厦」「美麗都大厦」からはちょっと遠いです。また大型バスで団体客が乗りつけるような店ですし。


ひとり朝食なら「洪利粥店」(地図のピンク色)がおすすめです。小じんまりしたお店で、朝7時から開いています。


20180205_115009.jpg

「皮蛋痩肉粥」(ピータン粥)も美味しいと評判のようですが、私はピータンが苦手なので「魚片粥」28HKD。白身魚のスライス入りで、こちらも定評がある一品。美味でした!


こちらのお粥は他店よりボリュームもあります。日本語メニューはありませんが、写真を見て選べます。深夜まで営業しているので、夜食にもアリかと。


にほんブログ村 大人の生活ブログ 東南アジアナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

2018/4/9【香港】道待おばさんエリアに、アノ国の女性も

香港遠征でもうひとつ、実態調査をしたいエリアがありました。


20180205_172033.jpg

◎道待娘(熟女?)がいるのは


その場所とは廟街(テンプル・ストリート)。MTR佐敦駅の北西に位置し、南北に走る通りです。


ネーザンロードから5本ほど西側。観光客は少なく、雀荘とか海賊版DVD(主に日本のAV)を売る店がやたらと目につきます。


廟街の別名は男人街ですからね。


20180205_172021.jpg

南京街と交差するあたりから北側は、夕方になると道路の真ん中に屋台が組まれ、ナイト・マーケット風になります。


ネットで読んだ情報では、準備前の屋台の間から女性が声をかけてくる、と。でもその相場や、レベルとの釣り合いに関する情報は見つけられませんでした。


◎諦めかけた、その時


廟街の南端、冒頭の画像の門に到着したのは16時過ぎ。DVD屋を冷やかしたりしながら、道の右側をずっと北上していきます。


しかし、ソレらしき女性の姿は無し。声をかけられるような状況がいつ起こるのか、とソワソワしながら歩いていたら、廟街の北端?がもうすぐそこに。


あっちゃぁ~~!情報が古かったのかぁ?


そのときです。


「ハロー、ミスター!」と後方から英語で女性の声。


振り返った私の視線の先には、黒人女性が。香港のこの界隈、白人旅行者はときどき見ましたが、黒人は初見。


「どこの国の人?」 「日本だよ」 「私はジャマイカよ」


そして彼女はこう続けました。

「私とイイこと、しない?私の部屋、すぐそこヨ」

「エッ、、、ちなみにいくら?」「400HKD」


多くの読者様はご存じでしょう。私はかつて、クアラルンプール(ビーチ・クラブ)でジャマイカ尾根遺産をテイクアウトしたことがあります。


もし私が黒人未体験だったら「せっかくのチャンスだし」と考えたかもしれませんが、ジャマイカは「済」でしたし、巨乳ではあれどメタボ系で、タイプではありませんでした。


「ゴメンよ、明日日本に帰るから、もう手持ちのキャッシュが無いんだ」 「ウソでしょう?」 「ホントだよ!」


過去記事のとおり資金不足だったので、実際に財布を出して中身を見せました。100HKD程度しか残っていませんでした。


とっても陽気な彼女、「じゃあATMに行ってよぉ~」と粘ってきましたが、残高不足を理由にリリース。


◎道待小姐は


廟街の北端でちょっと一服し、このあとどうするか考えることに。


あたりを見回していたら、視線の彼方に、明らかに私に向かって微笑んでいる女性が?!


私が北上してきたのは廟街の、屋台群の右側通路。彼女は左側(南下する場合は右側)の北端にいました。「アレがそうかな?」


近づいてみると、彼女の他にあと3名、妙齢の女性が何するでもなく道端に立っていました。ジャマイカさんは30歳前後に見えましたが、間違いなくもっと年上かと。


警戒しながら通り過ぎようとする私に、彼女が囁きます。


チュマ?


おぉっ?!懐かしい響き!!


かつてシンガポール/ゲイラン道待娘から、何十回?何百回?かけられた、魅惑の響き。


言い値は300HKD。推定アラフォー。1ブロック南には、もう2名いました。平日の17時前で計6名。


私は佐敦駅から向かいましたが、廟街の北端にいるようですから、油麻地(ヤウマティ)から向かうほうが近そうです。


にほんブログ村 大人の生活ブログ 東南アジアナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

2018/3/19尖沙咀にある141ビルまでのアクセス解説

前回記事でレポートしました、香港観光のメイン・エリアのひとつ尖沙咀にある141。


香港空港から直行したい!というニードもあるかと考え、アクセスを画像つきで解説して参ります。


20180205_093311.jpg

◎空港からネーザンロード


空港から尖沙咀まではA21のバス(City Flyer)で行くことをおすすめいたします。


エアポート・エクスプレス(機場快線)からMTRに乗り継ぐアクセス・ルートを紹介している旅行関連サイトが多い印象ですが、トータルの所用時間はほぼ一緒(約1時間)です。しかも機場快線は高い!


スーツケースを引いて歩くなら余計に、乗り換え不要のバスがよろしいかと考えます。A21は人気路線なので、昼間なら10~15分間隔で走っています。(深夜はN21になります。)


ただし141は多くの部屋をノックして回るので、スーツケースを引きながら、では難儀でしょう。週末弾丸旅行など、機内持ち込み荷物だけで香港旅行されるなら「空港から直行」や「プレイ後に空港へ直行」も可能かと考えます。


20180205_093154.jpg

画像は尖沙咀のバス停と、ランドマークのひとつ「i-SQUARE」です。


A21は空港から油麻地~佐敦~尖沙咀と、ネーザンロードを南下していきます。車内の停留所表示や英語アナウンスでもわかりますが「i-SQUAREの大きな看板が近づいたら降車」でもよろしいかと。


◎バスを降りたら


20180205_093103.jpg

バス停のあるネーザンロードを、バスの進行方向に歩きます。すぐに道路の反対側に、MTR尖沙咀駅のA1出口(画像)が見えてきます。


MTRで尖沙咀に向かう場合は、ここからお読みください。


20180205_093129.jpg

進行方向に尖沙咀駅B1出口が現れますが、そのままネーザンロードを南下していきます。するとCITI BANKの大きな看板があるので、そこで左折します。A1出口から行く場合は、ネーザンロードを横断してください。


20180205_093052.jpg

CITI BANKの角でネーザンロードから堪富利士道(Humphreys-Avenue)に折れたら、そのまま直進します。


20180205_130123.jpg

真正面に、1Fに7-11のあるビルが見えてきます。そのビルが目的地の發利大厦です。


セブンイレブンを通り過ぎたらすぐにビルの入り口があり、目の前にエレベーターがあります。


20180205_093018.jpg

2台あるエレベーターはそれぞれ、奇数階行きと偶数階行きですので、目的階によって乗り分けます。


ですがこの發利大厦は2~4階に尾根遺産部屋が多いので、エレベーター脇にある階段を上って攻めるほうが、効率はいいかもしれません。


 


◎プレイ後に空港へ向かうには


ネーザンロードにあった、MTRの尖沙咀A1出口を目指してください。


空港に向かうA21のバス停は、ネーザンロードの横断歩道を渡って、A1出口のすぐ南(i-SQUARE側)にあります。


◎格安ゲストハウス泊なら簡単


20180204_184910.jpg

ホテル代の高い香港なので、安いゲストハウスを探すと多くは尖沙咀の美麗都大厦(ミラドール・マンション)か、画像の重慶大厦(チョンキン・マンション)内にあります。


どちらからも發利大厦は徒歩数分です。CITIBANKまで北上しなくても、美麗都大厦の北側を加掌分道に折れて道なりに進めば、前方に7-11が見えてきます。


体力(回復力)に自信のある方なら、美麗都大厦か重慶大厦に投宿して、發利大厦に複数回突撃するような“141三昧”も可能ですね。



オリジナルGoogleMAPでは黒ハート印が發利大厦です。


これから香港遠征をされる方々の参考になれば幸いです。


にほんブログ村 大人の生活ブログ 東南アジアナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

2018/3/17旅行者が行きやすい尖沙咀の141で

香港風俗の代名詞ともいえる141。


当サイトでは磯仁様がすでに2ケ所の141について、行き方を画像つきでレポートして下さいました。


そこで私は、過去記事とは別の141に行ってみました。場所は香港旅行で多くの同朋が訪れるであろう、尖沙咀(チムサーチョイ)です。


◎平日午後でも競争率は高し


香港141にお詳しい、ピンポン太郎様のサイトで「15時くらいにはほとんどの部屋が営業を始める」と読んだので、その少し前を狙って訪問しました。


ところが月曜にもかかわらず、15時頃にはすでに半分以上の部屋がPlease Wait状態になっていました。


廊下や階段を、私同様にうろつく男性の多さ!これが夜や週末ともなれば更に混雑するでしょうから、人気姫に巡り会うには14時には着くべきかな?と感じました。


20180205_093004.jpg

◎尾根遺産のレベルと料金


今回覗きに行った141は尖沙咀にある發利大厦。


9F建ての雑居ビルで、9Fから2Fまで各階に尾根遺産が待っています。


ピンポン太郎様によれば、全部で140室以上。特に2~4階はそれぞれ30数室もあり、この3フロアだけで100室以上!


141の王道攻略法は、最上階から順番に降りていくわけですが、このビルは階段で下から攻めるのもありかと。


小姐はマカオ同様、背が高く巨乳系が多い印象。中国系男性の嗜好に合うタイプでないと稼げないからかな?と推測します。


美的レベルについては、私が想像していたより良好で、シンガポールのゲイラン置屋にも全く遜色ないくらい。


部屋のドアにはポストイットみたいなものが多数貼られていて、料金はやはり600HKD。なかには日本語で書かれたメッセージや、「私は日中のハーフです」といったものまでありました。


◎小姐ばかりではなく


私は4Fから攻めていったのですが、メッセージをいろいろ読みながらWelcomeになっている扉を探していて、最初にノックした部屋から顔を出したのはタイ娘でした。


小姐より少し安くて550HKD。その近辺の数室はみなタイ娘だそう。


私が日本人だとわかったからなのか、終始笑顔で接客してくれました。そのあといくつかの部屋をノックしましたが、最初のタイ娘が私的にはベストでした(あくまでも主観です)。


タイだけでなくロシアもいるそうですが、私がノックしたなかにはいませんでした。


このビルまでの詳しい行き方は、次回記事で詳しく画像つきの解説をいたします。


にほんブログ村 大人の生活ブログ 東南アジアナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

tag : 置屋 風俗 タイ

リンク
カテゴリ
検索フォーム
最新コメント