FC2ブログ

秘密?のエロ按摩4

コタキナバル3日目の昼下がり。この日はホテルではなく、街なかのマッサージ店に。

アジア・シティやセンターポイント南エリアには、どう考えても過当競争なくらい、多数のマッサージ店。

見ているとフット1時間40RM、ボディ55RMが標準価格。

それにしてもこの辺りは、うら寂れた雰囲気。風俗だけでなく、コタキナバル全体が輝きを失っている印象です。

アジア・シティは複合テナント群のモールなのですが、半分以上がシャッターの下りた空き店舗では?

ボルネオの観光シーズンは4~9月で、今は8月。なのにこの「色褪せた」感じは何なのでしょう。

コタキナバルの港

担当の嬢は、中国からの出稼ぎ組。しかしキレイな発音の英語が出来たのでラッキーでした。
(お店の他の娘は、殆ど出来ないそう)

イポーでもクアラルンプールでも、過去記事のように中国系マッサージ店(オプション有)では苦い経験ばかりなので、可愛くはないけれど、見た目20代だし、マシな方かと。

彼女、本国で4年間マッサージ店にいたそうで、腕前は秀逸。

これまで東南アジアで、累計200回くらいマッサージ受けてますが、腕前はBEST3に入ります。

標準の55より割高の75RMでしたが、その価値ありました。約1時間の施術で、すっかりほぐされてリラックス。

「ココも、マッサージする?」 「いくら?」 「100RM」

それは高い、他で200出せば本番だって出来るのに、と主張。しかし頑として100RMから下げません。

彼女によると、お店からは全く給料は払われないので、オプションしてくれないとタダ働き、なのだそう。

一般店では55RM/1hの料金から給料が払われているのに、75RMをお店が総取りとは、あこぎですよね。

しかもオプションをお願いしたくなる品揃えでもないのに。お客にとっては非常に【不利な】形態だと思います。

イポーのマッサージおばさんも、同様の状況だったのでしょうね。かといって、チップを突き返してきた態度は、未だにムカつきますが。

「BODYタッチは?」 「服の上からなら、いいわ」

多分それではフィニッシュできないだろうなぁ~ と思いつつ、キャリア年数とマッサ技術に期待してTRYしました。

これがなんと、過去に経験したことのない、秀逸なテクニック!!

ただシゴくだけのHJとは雲泥の差です。というか、シゴく動きはほとんど無いのです。

睾丸マッサージの知識や技術を、上手く応用したような感じ。

服の上から、と言ってましたが、ブラをくぐり抜ける私の指を拒否しなかったので、乳首攻撃&パイ揉みまで出来て、無事フィニッシュ。

他の同僚娘が、同レベルのスキルがあるとは限りませんし、英会話OKなのも彼女だけ、だそうなので、そういう意味では3日連続で「当たり」を引けた、と思います。

コタキナバルのレポートは今回が最終です。
Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?

秘密?のエロ按摩3

コタキナバル2日目の午後、私はまた別のホテルの一室にいました。

ここの在籍はフィリピーナだけ。   *前日の店と比較しマイナス点
見て選ばせてはくれません。     *これもマイナス点
「じゃあ若いのを、頼むよ」

待つことしばし。登場したのは、トランジスタ・グラマーちゃん。

「故郷は?」 「ザンボアンガよ」

そこで知っているビサヤ語を披露すると、彼女にも笑みが。

昨日はスタッフに先払いしましたが、ここは嬢に直接。マッサージ+フル・サービスは250RM。

「マッサージは昨日受けたから」 と省略を願い出て200RMに。

ちなみに前日のホテルは省略不可、と言われました。 *この点はプラス

「じゃあ先にシャワーしてくるわね」

なぁんだ、洗ってはくれないのか。  *これはマイナス

向こうからアクションを起こさないので、ピロートーク。

「この仕事に就いてどれくらい?」 「1週間」
「1週間??? キミ、何歳?」  「18歳」
「先月まで、何していたの?」   「学生」

これは思わぬ拾いもの・・・

日本人客は、私が最初だと。 光栄です!

同朋の名誉にかけて頑張る所存です!

フィリピーナ

バスタオルを剥がして、陥没系乳首を責めます。う~~ん、この弾力! さすが18歳の若さです(嬉

こちらのリードに身を任せていた尾根遺産、いざインサートの際 「ゆっくりお願いします」 と。

まだ経験値、少ないんだねぇ~ (感激)

彼女の表情を観察しながら、徐々に先端を侵入させます。

「痛い?」 「ちょっと...ビコーズ...」

その先の言葉が出てきません。

「大丈夫、やさしくするから。信じてね」
「信じてるわ。 アイ ライク ユー」

互いに見つめ合ったまま、彼女も視線をそらしません。私も腰をゆっくり前後させながら、じっと見つめ続けます。

潤いが増してきて、動きが滑らかにできるように。最後は互いをきつく抱きしめ合いながらのフィニッシュでした。

連日「アタリ」を引けて、コタキナバル夜遊びは個人的にマル。


場所の詳細は前回同様、有料記事とさせて頂きます。
Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?

秘密?のエロ按摩2

コタキナバル夜遊びレポートの続きです。

私は素っ裸に、彼女は下着姿になって施術開始。キャリア3ケ月のわりに、筋が良さそう。

20分ほどのオイル・マッサージを終え、「シャワーに行きましょ!」と彼女も全部脱ぎます。

年齢の割には、期待以上に張りを保っているオッパイ。寄せ上げマジックではありませんでした。あまり揉まれていないからか、と推測。

「なんで結婚していないの?モテたでしょ、美人だから」
「昔、彼氏はいたけど、地元の男はティダ・バグースなの」

地元男は良くない、と上から目線で言い放つあたり、やはりこの尾根遺産、そこそこなお嬢様ですね。

コタキナバルの山
(コタキナバルの山)

日本製ゴムを見せたら、「日本のって、好き。でも高いのよね」といいながら、手早く被せてF開始。

「ブサール(おっきい)・・・」と何度も嬉しそうにつぶやきます。

もう少し前戯を楽しみたかったのですが、「コレを早く試したいの、ねぇ、もう入れて!」

こんな言葉を甘く囁かれたら、こちらも我慢できません。

彼女の蜜壺は、いっぷう変わっていて、締まりがいい、というニュアンスではなく、Myロッドを奥から外へ押し出すような動きをします。

押し出されてなるものか、と捻じり込むように動くと、それがまた気持ちいい。

しばらく禁欲していたせいもあって、ストップが効きませんでした(涙

「・・・・ヨかったのに・・・」と残念そうな彼女。

「ねぇ、深夜あなたのホテルに行くわ」

気持ちとしてはブラボー!な申し出でしたが、連れ込みは想定していなかったので、宿泊先はセキュリティBOXも無い安ホテル。

しかも手持ちの現金は残り少なく、ATMはホテルの近くでまだ見つけていませんでした。(翌日、センターポイント地下階で発見しました)

彼女によれば、このホテルではロング遊びも可能で、23時~朝、で370RMだそう。

コタキナバルのホテル

あえてホテル名を書かずにいるのは、イポーの二の舞を避けるためです。

それらしい表示はロビーにもエレベーターにもないので、普通の宿泊客は、そういう場所があることを知る術がありません。

SPAではないので、普通のマッサージだと勘違いして入店してくる客もいません。

ゆえに売り上げは多くならないはずですが、ホテル側がそこまで気を遣っているのは、申すまでもなく摘発を警戒してのことでしょう。

なので私が情報公開してしまうと、イポーのようにせっかくの遊び場が遊べなくなる可能性も。

それは避けたいので、これ以上の情報は有料記事とします。
御了解ください。

なお、コタキナバル関連記事は今月、集中掲載いたしますので、有料記事購入のご判断は、すべての記事が揃ってからお願い申し上げます。

Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?
リンク
カテゴリ
検索フォーム
最新コメント