FC2ブログ

2019/1/6【バンコク】噂の斡旋ホテルに潜入したら

今回、体験談をお寄せくださったのはお馴染みD様です。


年末にバンコクからホーチミンを回られたそうで、今回はバンコクにあるロシア系置屋の雄?ロイヤルガーデンホテルが舞台です。


◎潜入したものの


午後7時頃にロイヤルガーデンホテルに行きました。


ホテルに入ったのですが人がほとんどんいなくて、ネットでの情報のような雰囲気ではありませんでした。


ホテルのロビーで座っていると、同じ目的であろう人が来ましたがすぐに出て行きました。


10分ほど経った時にブローカーと思われる男性が1人入ってきて「Lady?」と私に言ってきました。ホテルの外に出て、そのブローカーはスマートフォンで女性の写真を私に見せました。


ロシア人の20歳、ロシア人の25才、コロンビアの25才など5人ほど勧めてきました。ロシア人の25歳に惹かれましたが、条件交渉で予想もしていなかったことがわかりました。



  • ①値段は3,500バーツ、部屋代が500バーツの合計4,000バーツ。【うん、ネットの情報どおり】

  • ②お姉さんを決めたらバイクで連れてくる【ん?おかしい】

  • ③場所はこのホテルではなくバイクで1分あたりの場所。【は?】


②と③が予想していなかったことで、もう少し詳しく聞くと



  • ④今このホテルで斡旋はしていない。2~3ヶ月前に警察がやってきてここは潰された。

  • ⑤新しい場所は来年2月位に決まるであろう。ここから近い所だと思う。


行きたかったのですが、やはり安全を考えると踏み込めませんでした。


バンコク

◎同朋の姿も?


話をしている時に、個人で何名か(おそらく日本人)がやって来ましたが、事情を知り撤退していました。


そのうちの一人は、「3,000バーツにディスカウントして」、「実際に見てから決めたい」と交渉していましたが、すべて断られていました。


ということで、目的は果たせませんでした。残念。


Twitterで、「受付がホテル、プレイは別の場所」という情報が1つだけ出ていました。


◎管理人から


D様、ホットな情報をありがとうございました。


バンコクにご駐在であっても、白人好きという方々もいらっしゃるでしょうから、早く次の場所が決まるといいですね。でも警察に潰された、という点は気になりますが。


にほんブログ村 大人の生活ブログ 東南アジアナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

tag : 体験談 バンコク 置屋

2018/8/27【バンコク】今まで避けてきたものに挑戦(その1)

今回はお馴染みH様から頂戴したバンコクの体験談です。


≪2018年「今まで避けてきたものに挑戦その1」バンコクの旧ジュライ・ホテル付近の立ちんぼ体験≫


日本では猛暑の続く中、バンコク・ドンムアンに降り立った。驚くことに、日本より南にあり赤道に近いはずなのに涼しい!


思えばバンコクには20年以上通い続けている。


ゴーゴーバーの連れ出しで4,000B、マッサージ・パーラーやプロンポン辺りの本番マッサージで2,000Bと贅沢三昧。このままではお金が続かない。


そこで思いついたのが、「今まで避けてきたものに挑戦」。ということでその第一弾、旧ジュライ・ホテル付近の立ちんぼに挑戦。


宿泊は、とても便利なアソークにあるホテルにチェックイン。夕方6時、地下鉄でホアランポーン駅を目指す。


ホアランポーン駅を出て、閉鎖されているジュライ・ホテルを目指す。すると路地にポツポツと立ちんぼが。


冷やかしで、50くらいのおばさんに「タオライ」と声をかけてみると「ハーロイバー(500B)」。「安い」。


しかしここで話に乗ってしまえば本当の値段が分からない。帰るふりをすると「300B」に値下がり。これ以上下げると気の毒なので交渉成立。


その立ちんぼについていき階段を昇って行くと、その壁には大きな毛沢東の不気味な肖像画。


受付で部屋代100Bを払い、部屋に入った。薄汚いベッドと部屋の隅には、壊れかけのトイレにシャワーが付いた小さな部屋。


まずは、シャワーで入念に洗ってくれる。当然お湯ではなく冷水のシャワー。


シャワーも終わりいざベッドイン。


熟女の良さは、経験からいうと感度の良さと何でも受け入れてくれることだが、キスしようとするとNG、クンニしようとするとNG。


まあ300Bだから仕方ない。ここは潔く退散。


took-took-2847034_640.jpg

◎こんな場所でも?


ホテルを出て、今度はきっちり交渉することに。


しばらく歩いていると、今度は、ここの立ちんぼではありえないくらいの若さとスタイルの子がいた。


半分あきらめかけて「ジュープダイマイ(キスしてもOK)?」と聞くと、こくりとうなずく。


年齢を聞くと、18才。奇跡だ!


聞くところによると、子供を産んだばかり。値段も向こうの言い値の500B。


ホテルに100B払って、いざ服を脱がせてみる。


赤ちゃんを産んだばかりで結構巨乳。おっぱいを吸ってみると確かに母乳が出てきた(私はどちらかというと母乳は苦手)。


顔は少し地味だが、おなかもくびれがあり、クンニしながらおっぱいをもむと結構感じてくれる。


シアオ」とか「スッ(ト)ヨート」とかいうタイ語が自然に出てくる。


◎やはり一期一会か


ことを終えてホテルをあとにする。


「なんで今まで避けてきたのだろう」と思ってしまった。


次の日はもっといい部屋でしようと思い、便利なアソークを出てホアランポーン駅近くのホテルに陣取る。


準備万端で夕方、また彼女を探す。しかし、何度探してもいない。残念な結果に。


仕方なく、別の場所で遊ぶことに。いい思いは続かないものである。


 


◎管理人の感想


H様はインドネシアの達人、と思い込んでおりました。失礼いたしました!!


バンコクに通われて20年、タイ語もインドネシア語同様にスラスラと出てくるとは・・・・


500Bで18歳とは、ヒキがお強いこと!


でも私も母乳は正直、苦手です(苦笑


H様のレポートはまだありますので、続きをお楽しみに。


にほんブログ村 大人の生活ブログ 東南アジアナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

tag : バンコク マッサージ 体験談 タイ

2018/6/14バンコクのクラブで素人?フィッシング

今回の体験談の主は昨年、パタヤ夜遊びのレポートを寄稿くださったY様。今度の舞台はバンコクのクラブです。


◎スクラッチドッグ


月曜の23時以降に入場。500THB(約1,700円)でビール2本付き。


中は暗くて、近くの人しか顔がちゃんと見えない。スタッフは多いのに、客は自分以外に男性(韓国人?)グループ2組のみ。


24時過ぎに、女性2人組が2組入場。幸運にも、そのうち1組が隣のテーブルに来たので、様子を見ながら、一人がトイレに行った隙に話しかけた。


その女性は、背もそこそこあり胸もでかいセクシー系で、モールの洋服屋で働いている。


もう一人は背の高くない、メガネをかけたアラレちゃん系で、マーケティングディレクターとのこと。


時間が遅かったので、洋服屋の娘とLINE交換し、退散。


その後、洋服屋の娘(22, 3歳)とLINEメッセージのやり取りをしましたが、結局その娘はお金目当てで、ショート3,000THB(約1万円)の言い値だったこともあり、結局、再会しませんでした。


Y_BKK1.jpeg

◎インサニティー


翌日はインサニティーに夜11時過ぎに入場。確か300THB(約千円)でビール1本付き。


こちらはスクラッチドッグより明るく、四隅のお立ち台でスタイルの良いダンサーが踊っており、お客も多かったです。


飲んでいると、隣の女性2人組のうち一人が視線を送ってくる。そんなに綺麗でも若くもない(後で聞いたら30歳でした)が、他に目ぼしい娘もいなかったので、声をかけてみた。そうしたらかなり乗ってきて、徐々に体を密着しながら、さらにキスもしながら一緒に踊りました。


その後、その女性が外に行こうと言うので、外で軽く食事をしホテルに帰ろうとしたら、その女性から「家が遠くて、明日の朝早いからホテルに泊めてくれ。ただしNo SEX」と言われました。


まあ、そんなこともたまには良いかと思い、泊めてあげることにしました。広いダブルベッドで一緒に寝て、SEXする気はなかったのですが、成り行きでキスやら体を触ったりしてたら結構濡れてきて、結局向こうからSEXしたいと言ってきました。


朝起きて女性が帰り際に、交通費ということで1,000THB(約3,400円)をせがまれ、払いました。


結果、それなりに楽しめたので、コスパは良かったと思います。


 


◎管理人の感想


キスもしながら一緒に踊って、それで「Hなしで泊めてくれ」だなんて、そんな条件を快く承諾する男はY様くらいでは?


口では「いいよ」と言いながら内心では「どうにかしてHに持ち込んでやろう」とか考えるのが普通の男性でしょ?


まぁ、会話の流れとかフィーリングの問題なので、当事者のY様にしかわからない部分はあるのでしょうけれど。


でも、最初から援☆目的ではない(結局交通費のみ)わけで、そういう素人(ですよね?)フィッシングの楽しさは、GOGOやMPとまた違ったバンコクの楽しみ方かもしれませんね。


一応修正はかけましたが1人目の尾根遺産、胸もでかいセクシー系ということですが、瞳が印象的な美人さんですねぇ~~!!ショート3,000THBでも割高感はないかと。



≪ヒックマン様のコメント≫
バンコクのクラブはまだ行ったことがないので、今度社会勉強の意味合いもふくめて行ってみたいですね。インサニティでのお立ち台のダンサーは、一見の価値があるのかもです。

この記事を拝読してバンコクのクラブ事情についてちょっと検索してみましたが、スクラッチドッグとインサニティは外せないのは確かなようですね。当方もクラブとかは苦手なのですが、ただ外国に行くとやはり女の子にも積極的に声をかけちゃうし、精神的にはじけたところは出ますね。あれほんと不思議です。

差支えのない範囲で教えていただきたいのですが、ANW様は、バンコクほかのクラブで素人相手にアタックされることはあるでしょうか。そしてその結果は?

≪管理人の返信≫
>ANW様は、バンコクほかのクラブで素人相手にアタックされることはあるでしょうか。そしてその結果は?

基本、私は自らをわきまえているつもりです。(笑
見た目がどらえもんで、50歳過ぎで、素人にアタックするほど身の程知らずではありません。
にほんブログ村 大人の生活ブログ 東南アジアナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

tag : 夜遊び 体験談 バンコク

2018/3/2【バンコク】道待娘軍団は、みな障害者?

今回の記事はちょっとシリアスです。お馴染みヒックマン様から頂戴しましたバンコクの道待娘レポートです。


2018年1月某日、バンコクの宿泊先であるナナホテル前でストリートガールを物色しました。


テーメーに行こうか、ストリートガールをつかまえようか考えたのですが、費用その他の理由により後者にすることにしたのです。


◎ナナホテル前にいたのは


20時30分ごろ、BTSナナ駅からナナホテル前のたまり場を歩きます。10人以上の女の子がいましたが、みな手話をしています。


健聴者はいなかったようで、この日は聴覚障害者の縄張りの日(?)だったようです。正直、それなりの人数のストリートガールがみんな聾唖者というのは、私にはけっこう強烈な印象がありました。


さて、その中の女性で1人、身体に多くの文字系のタトゥーをしていましたが見た目は私好みの女性がいました。アイコンタクトしたところ、彼女は嬉しそうに私を指差して自分も指差します。


◎交渉のプロセス


スマートフォンで相場を確認して交渉に入ります。彼女もスマートフォンを取り出して、私に示します。


タイ語の画面を出した後に英語の画面になり、


「 私は聾唖者です」


「☆ンドーム使用で1,500バーツ。1時間」


という画面が出ました。


私は自分のスマホで「1,200」と値切ります。彼女がOKで、交渉成立です。実際には1,000バーツくらいには十分、下がったような気がしましたが、今回はこの価格で手を打ちます。


◎連れ込んでみると


手をつないでホテルに入ります。レセプションで「彼女を連れ込みたいのだが」と話すと、 セキュリティへといわれます。彼女がIDを預けて無事部屋に入ります。このホテルはJF無料なのがありがたいところです。


私がかなり強く冷房をかけていたので、彼女は寒いという仕草をしました。じゃあ好みに下げろ、と私も手真似をします。


シャワーを浴びて来いと彼女を浴室に入れました。


彼女がタオルを巻いて出てきたので、私もシャワーを浴びてベッドに行き、彼女と楽しもうと思ったのですが、どうも彼女の肌がとても塩辛いので、シャワー浴びていないんじゃないの?という疑念が。


それでキスOKなのでキスしますが、私の無精ひげが痛かったようで、途中から断られてしまいました。


尾根遺産と遊ぶ際は、ひげはちゃんとそらねばな、と反省します。


彼女は、時計を見るしぐさをやたらします。時間のことを伝えたいのはわかりましたが、まだ始まったばかりなので「時間はまだたっぷりあるじゃん!」とちょっと不快になりました。


◎プレイのあとで


で、途中はとばしまして、ベッドの上での楽しい時が終わってひと休みしていますと、彼女の左手の手首から肘の辺りが傷だらけであることに気づきました。


「う! この娘リストカッターだ!!!」


急に怖くなりました。と言っても彼女は聾唖者であるから言葉で言ってもしょうがないので、腕を出して刃物で切るしぐさをしたら、彼女は屈託なく( かどうか分からないですが)うなずきました。


で、彼女はさらに時計を見るしぐさをし、次にはスマートフォンまで出してきます。


彼女の真意がわからなかったのですが、彼女が私との時間を延長したいと言いたいのだとようやく気付きました。


が、 リストカッターの女の子というのに私は本気で怖くなってしまい、「すぐシャワーを浴びろ」とベッドから追い出して浴室に押し込みました。


出てきた彼女に約束の金とチップを渡して、すぐ部屋から出しました。


一応連絡先は聞きましたが、しかし連絡する気にはならなそうです。


◎どんな尾根遺産だったのか


彼女は美人だし、スタイルもいい女性でした。そして延長を申し込んできたということは、私をそれなりに信頼してくれたのでしょう。


しかし私はというと、彼女が聾唖者であることは全く気にもしませんが、腕が刃物の傷だらけだったのには正直恐怖を感じました。


冷静になって考えてみれば、その傷もだいぶ以前のものだったようだし、今はそれなりに落ち着いていたのでしょうが、私がそのような経験が乏しいということもあるでしょうが、やはり怖いものがありました。


ただもう少し彼女との時間を持ってもよかったように思います。


私が連絡先をノート書いてくれと頼んで、彼女が書いたLINEのIDの字がわかりにくくて確認したら、本当に一生懸命書き直してくれました。


今後彼女に連絡はとらないとしても、私のことを多少なりとも気に入ってくれたのならそれは嬉しく思います。


いずれにせよ、尾根遺産ビギナーの私としては、聴覚障害者でリストカッターとの出会いは、一生忘れがたいものになりました。


 


◎管理人から


ヒックマン様、長文を御礼申し上げます。


リストカッターに恐怖を感じてしまった、そのお気持ち、よくわかります。私も同様の経験が過去にありますので。


日本のような社会保障が整備されていないタイ。


これ以上、生きていることがツラくなる、障害者がそう考えてしまうような事態は日本以上に起こりやすいことでしょう。


聾唖者が集団で道待娘になっている。この事実は彼女たちが置かれている社会的な状況を充分に示唆していますよね。


お叱りを受けるかもしれませんが、障害を持った道待娘を指名することも、見て見ぬふりをするよりは彼女たちの「支援」になると私は考えます。(もちろん他の支援もあればいいのですが)


レポートによれば、その晩、なぜか健聴者道待娘はいなかったということですが、出現する日に何かルールがあるのでしょうか。


どなたかご存じでしたらご教示をお願いいたします。


thailand-2707808_640.jpg
≪モンキー様のコメント≫
多分、推測ですが、以前スクンビット沿いのアソークからナナ、プルンチット付近までの道端を占拠して、土産物やバイ○グラ等の薬、ニセモノブランドを売る屋台がたくさんありました。しかし、2016年に、軍政がいきなり「景観が悪いし歩くのにジャマ」という理由で路上屋台を一部区域のみにして禁止しました。実はこの屋台では聾唖の方が結構働いていまして、手話で話すのをよく見ましたし、私も電卓を叩いて値切り交渉したものです。で、ただでさえ職が限られる彼女達が職場を奪われるとどうなるか、当然バックにはや○ざさんがいますので、お金を稼ぐ手段が必然その道になったのではないでしょうか?ただ元々立っていた娘達も生活がありますから、バック同士が話し合って立つ日を決めたのではないかと思います。あくまで推測です。ちなみに私もパタヤで最後に入ったゴゴで聾唖の尾根遺産をお餅したことがあります。翌日朝早くに(この時既に朝5時)バンコクに戻る予定でしたので、ショートにしましたが、しきりに「ロングにして」と求められました。私の場合は「稼げる時に取っとこう」だと思いますが(笑) 長文失礼しました。

≪管理人の返信≫
モンキー様、情報ありがとうございます。

彼女たちの背後には組織がいるはずなので、ご推測どおりの可能性は高いのではないでしょうか。

≪ヒックマン様のコメント≫
どうも、長い拙文をご紹介いただきありがとうございます。モンキー様、管理人様がおっしゃるように、明らかに組織が調整しないとこのようなことにはならないというのは当然予想できることですが、彼女の笑顔を思い出すとやや重くるしい気分になってしまいます。

なお、これは私の偏見かもですが、他の日よりろうあ者の尾根遺産のほうが化粧他は地味だったように思いました。

≪管理人の返信≫
ヒックマン様、ご丁寧にコメントまでありがとうございます。

>彼女の笑顔を思い出すとやや重くるしい気分になってしまいます

それはひとえに、ヒックマン様のお優しさゆえかと。
お気持ちはよくわかりますが(私もボランティア経験が結構あるので)、案外向こうは「私たちを特別扱いしないでほしい」と感じていることも多いですよ。
にほんブログ村 大人の生活ブログ 東南アジアナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

tag : バンコク

【2017/3/28】8日間のパタヤ風俗ざんまい(2)

前回の続きで、Y様のパタヤ体験談を。バービアではなくディスコのお話しです。


◎お店の専属娘も


Hollywoodというディスコに行きました。


場所柄、暗くて盛り上がっていたこともあり、そこにいる娘達がすごく可愛く見えました。


娘達と話したところ、お店に雇われている娘もいて、テイクアウト可能とのことでした。


英語が話せる娘が多かったと思います。


ただ、値段は高かったです。(娘によって違います)


ちなみに男性客は韓国、中国が多く、日本人は少しだけでした。


ディスコ内を回って娘達を見学しましたが、可愛くてスタイルが良い娘が多く(暗がりと雰囲気のせい?)、その中でも自分好みの娘を見つけて恐る恐る話しかけて、テイクアウト可能か確認したところ、OKとのことでした。


値段は、ショートが4,000B(約12,000円)、ロングが6,000B(約18,000円)とのこと。


高いと思いましたがとても綺麗だったので、リーズナブルかと思いました。


ただ、かなり深夜になっていたので、その娘とはLine IDを交換後、翌日の来訪を約束して帰りました。


pattaya5.jpeg

◎そして翌日は


翌日、昼間もその娘とLineでメッセージのやり取りをしていましたが、またディスコに行くと遅くなりそうだと思い、ホテルに直接来れないか確認したところ、車なのでOKとのことでした。


夜にホテルで待っていると、娘は予定通り来てくれました。


前夜のディスコでのエロい感じではなく、普通の感じでしたが、やはり好みのタイプではありました。


ショートでしたが、あまり時間を気にすることなくおしゃべりしたり飲んだりして、その後一回やって、深夜になったころに娘は帰りましたが、ディスコに行き友達と遊ぶと言ってました。


◎管理人の感想


Y様、長文のレポと画像、重ねて御礼申し上げます。


日本人は少ないとのことですが、画像の尾根遺産、美形ですし、ディスコも十分選択肢になりますね。


にほんブログ村 大人の生活ブログ 東南アジアナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

tag : 体験談 ディスコ

リンク
カテゴリ
検索フォーム
最新コメント