FC2ブログ

泥棒置屋、健在なり!

「ホーチミン編」に続いて「シェムリアップ編」「プノンペン編」の
最新版をリリースいたしました。

カンボジアの変遷は、他国より激しいですねぇ。
この1年ほどの期間で、「オトコの夜遊びガイド」旧版収録店のうち
プノンペンのエロ按摩は4軒、
シェムリアップの連れ出しカラオケも4軒、
閉鎖になったり、健全店に転換したり。

それだけカンボジアの発展は目覚ましい、ということでしょう。
空港から中心部へ向かう道だけでも、
「あれ? こんな光景だったっけ?」 と戸惑います。

今回は磯仁様の、注意喚起レポートです。 *画像は本文と無関係です

PHN1314.jpg

このベトナム置屋は、上海の前の172stを西に向かって3分程歩いた、
通りに面した左側にあります。
目印は「HENG SPEY PICH Guest House」と書かれた
黄色い看板のゲストハウスの隣。
店はビルの一階にあり、一見、どこにでもある簡素なカフェのような感じです。

訪れたのは週末の午後4時過ぎ。歩きながら中を見ると、
男性客が数人テーブルの席に座っていて、
女性を侍らせてお茶を飲んでおりました。
他にも店内には女性が隅のテーブルに3-4名程固まって居りました。

立ち止まって中を見ていると、直ぐに
一人の小柄な中年男性が店の中からこちらへやって来ます。
現地語で話しかけて来て、手招きしながらこっちへ来いと誘います。

躊躇っていると、男性はいきなり英語で20$、と言います。
で、店内へ入ると、なおも店の奥へと誘います。
店の奥の突き当たりの右側の出入り口には簾が掛っていて、
そこを潜った直ぐ左側に小部屋へ入ると、
先程、お店にいた娘さんが次々と入って来て並んで腰掛けます。
顔見世ですね。総勢6名。
これで全員か?と英語で尋ねると、全員とのこと。
男性は英語も大丈夫です。

khmer14.jpg

女性は皆ベトナム人。見た目はやはり皆さん色白で、
年はかなり若い感じ(20才前後)です。見た目はそれなりの美形もおります。
太目はおらず、皆さん結構スタイルは良いですね。

左側から順に眺めていくと、皆、視線を合わせて来ますが、
何人かは笑顔でアピールして来るも、他の娘らはほぼ無表情です。
男性にいくら?と改めて尋ねると、1時間20$だそう。

一番手前の娘さんは肉感的で愛想も良く、かつ片言の英語で話しかけてきたのですが、
やはり最初にお店に入った際に目に付いた、
色白でセミロングの黒髪の、細身で長身の娘さんを指名。
娘は選ばれても喜ぶでも無く、愛想無く無表情のままです。

男性が先導して階段を上がって二階へと向かいます。
建物の作りは立派なゲストハウスといった感じでしょうか。
部屋はここだと言われ、まずはここで先払いと言われます。
代金の20$を支払うと、さらに部屋代は別に5$だと言います。総計25$です。

部屋は狭く、大きなベッドがひとつ、何とシャワーは無しです。
まずは服を全部脱いで、ドアの横のフックに掛けます。
こちらがバスタオル一枚になったところでプレイ開始です。

彼女は下は脱いで上はブラをつけたまま、バスタオルを巻いた恰好です。
こちらが話掛けても彼女、ベトナム語のみのようで、
返事をされても全くわからず、お互い全く会話が出来ません。

cambodia lady

まずはこちらにうつ伏せになるように身振りで示し、
背中を形だけのマッサージです。
丁度タイのマッサージで最後、両手を刀のようなかたちにして
「パコッパコッ」と音を出して叩くような感じです。
これをただ2~3分やって、マッサージは終了です。

次にブラを外した彼女、いきなりベッドに仰向けになります。
このスタイルはビエンチャンのホテルの置屋と一緒ですね。
で、フェラはしてくれないの?と尋ねるも、「ノー」。
彼女に上になってもらおうとお願いするも、「ノー」。

よってこちらが上になって軽く攻め始めると、彼女はこちらのモノを手でしごき始めます。
が、こちらが攻めると途中で顔はダメ、首もダメ、とダメの繰り返し。

こちらが大きくなったところで日本から持参のスキンを装着して挿入、
(スキンはお店側でも一個用意してくれます)
彼女の青白い程の白いすべすべの肌、張りのある大きな胸を揉みしだき、
その感触を楽しみながらそのままフィニッシュしようと、
最後は彼女の上に覆いかぶさると、それが痛いと文句まで言われる始末。

これではただ突いて出すだけのようなお店ですね。

こちらが終えると、彼女は直ぐに起き上がり、着替えを始めます。
部屋にはティッシュすら無く、しょうがないのでバスタオルで始末をし、着替えます。

着替えたところで、持参のカメラを取り出して、撮って良い?と尋ねると、
こちらに呼び止められてチップでもくれるのかとでも思ったのでしょう、
振り返った彼女、カメラを見た瞬間、何と、フンッという感じで、
客を残して部屋からさっさと出て行ってしまいました。

一人残されゆっくりと着替えて下に降ります。
一階のお店の簾の前にいた彼女に僅かなチップを渡すも、
受け取っても御礼の言葉どころか笑顔すら無し。これは全くの無駄金でした。

男性に聞くと店はPM3:00-PM10:00迄の営業だそう。

dancer-training-phnom-penh.jpg

一旦ホテルに帰って直ぐに気が付きました。
しっかり50$ちょうどが財布から抜かれておりました。
実はホテルから徒歩で直接ここへ向かったのですが、
出掛ける際に財布にはちょうど200$を入れておりました。
支払ったのはサービス代20$、部屋代5$、娘へのチップのみですので
直ぐにそれと判りました。

思うに、部屋で服は脱いだ後でドアの横のフックに掛けていたのですが、
最初にうつ伏せになってマッサージを受けている時は、
ドアの真反対側を向いた格好になっており、
しかもその間は娘が背中に跨って重しになっているので、身動きひとつ出来ません。

恐らくこの「パコンパコン」というマッサージの音が合図となって、
その間に部屋のドアを開けてズボンから財布のお金を抜いたのかな、と考えます。
着替えの際に押しボタン式のドアのロックは確認したのですが。

又はベッドは洋風になっており、床との間に隙間が30cm以上あったので、
最初にベッドの下に誰かが潜んでいたのかも知れません。
(その可能性はかなり低いとは思いますが)。

ちなみに財布の位置や向きは元通りで、ズボンのボタンもちゃんと掛っており、
その場では全くそれと気付きませんでした。
結局一発75$+αという高いものになってしまいました。

50$というのは客が怒鳴り込んでこない程度の考えられた金額だったのでしょうね。
最後に娘も客がチップまで呉れるとはと、あっけにとられていたのかも知れません。

このお店に通う場合には財布にお金は最低限を入れての持参、
25$+5$程度で出かけるのがベストの自衛の対策なのかも知れません。
しかしながら、プノンペンで
ベトナム女性と手軽にお手合わせ願える場所でもありますね。

khmer5.jpg

磯仁様、子供を使った泥棒マッサージに続き、あちゃあ~ でしたね。
50$あれば、他で2回戦できちゃいますからね。

ご指摘のとおり、外から合鍵で侵入、という手口だと思います。
63Stあたりの置屋に「もしも」挑戦されるなら、
財布は持たずに、ポケットには必要最小限のドル札、ですよね。

もちろんビギナーには絶対にオススメできません。
それにいくら若い美形でも 【ノーノーマグロ】 はノーサンキューでしょ?




にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

tag : ホーチミン プノンペン シェムリアップ 夜遊び カンボジア マッサージ 置屋 ベトナム カラオケ 按摩

★オトコの夜遊びガイド★
実は各都市の 【とっておき】 情報は、ご購入者様利益を考慮し、ブログでは一般公開しておりません。シリーズ各編のご購入は、以下各都市のバナー画像をクリックしてください。
ジャカルタ編は分冊化!
これまでのビギナー向け情報は「基礎編」、日本人があまり行かないようなスポットを知りたい方々には「応用編」を
JKT17k.jpg JKT17o.jpg
ジャカルタ編から分冊
ブカシ、チカランにご出張の皆さま向けにお求めやすく分冊いたしました。
cika17.jpg
ホーチミン編17~18
2017年5月の最新情報にアップデート
17HCM.jpg
バリ島も遊び倒そう!
ゴージャスにプレイができるSPAは?★【夜のインドネシア語会話集】も
bali17.jpg
ヤンゴンの夜遊びは?
有名店はスレた尾根遺産ばかりに劣化してしまったヤンゴンですが、じゃあ、どこで遊べば?
YGN_17.jpg
【世界遺産の街】 の尾根遺産は
改訂版2017をリリースいたしました!★【カンボジア版:夜の指さし会話帳】も★
siemreap17.jpg
変貌著しいプノンペンの今!
改訂版リリースです★【夜のカンボジア語指さし会話帳】つき★
PNH17.jpg
クアラルンプール編
リンギット安のクアラルンプールなら、円安の痛手を感じずに風俗三昧OK!!
KL17S.jpg
マニラ編17~18
2016年10月リリースの改訂版です
厳選マニラ夜遊びスポット。フィリピーナ攻略法も全公開 MNL16.jpg
ジョグジャカルタ編
世界遺産の街ジョグジャカルタの風俗情報★【夜のネシア語会話集】つき
yog17.jpg
スラバヤ編
スラバヤの風俗情報★【夜のネシア語会話集】つき
15surabaya.jpg
プロフィール

アジアナイトウォーカー

Author:アジアナイトウォーカー
アジアの尾根遺産をこよなく愛し、各地へ風俗巡礼を繰り返すアラフィフおやじ。

カテゴリ
リンク
検索フォーム
月別アーカイブ
最新コメント