FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

その後、ドリーは今

半年ぶりのスラバヤ。


H様から頂戴しましたレポートはすでに紹介済みですが、
自分の目でドリーの現状を確認に赴きました。

一般商店は営業しているので、人通りも絶えてはいませんが、
以前の活気は失せて、見かけは「普通の街」です。

かつて置屋が集中していたジャラン・ドリーに折れるあたり、
減速したタクシーに3名のポン引きが駆け寄ってきて、窓を叩きます。

それを無視してジャラン・ドリーの途中まで進みますが、
そこでもすぐさま、別のポン引きがニタニタしながら
タクシーの窓を叩いてきます。

別の仕事に就くよりも、モグリを続けたい。
ポン引きにも尾根遺産にも、まだいるんですね。

DSC_0064.jpg

車内から素早くジャラン・ドリーを前後撮影して、すぐ発進させました。
敢えてこの状況下、遊ぼうとは思わないので。

彼らポン引きもお客が減って、苦しいでしょうから、
商売が強引になっているものと推察します。

どこかに隠れて待機しているであろう尾根遺産たちだって、
どんなレベルやら・・・・期待するほうがおかしいでしょう?

DSC_0063.jpg

「旦那、次はどこへ?」「デルタ・プラザだ」

プラザ・スラバヤ (デルタ・プラザ) の周囲に、
道待娘が出没する、という英語情報があったので。

もしかすると 、ドリーでかつて働いていた尾根遺産の一部が、
道待娘になっている可能性もあるかなぁ~ と考えた次第。

22時過ぎの到着で、プラザの店舗はすでに営業終了。
迎えを待っているのであろう、仕事を終えた人々がたむろしています。
道端には帰宅者狙いのタクシーが連なり、
誰かを待つ無数のバイクの車列が続きます。

ひとりポツンと座っている女性も数名いましたが、
こちらを一瞥もしないのは、「お迎え待ち」の一般人だからでしょう。

こりゃあダメだ、無駄足だったか。

DSC_0065.jpg

スラバヤの変化、ということでついでに。

タンジュンガン・プラザの最上階に「丸亀製麺」が登場。

「温」「冷」があり、天ぷらも日本のようにチョイス可能。
うどんの量が選べないのは残念ですが、種類は豊富です。
薬味ネギや揚げ玉も入れ放題。

「かけ」 が3万Rpです。
辛い料理で疲れた胃腸に、讃岐うどんは優しいですよ。

DSC_0066.jpg

同階には和食チェーンの SUSHI TEI もありますが、
結構値が張りますし、以前食べたセットメニューのうどんが
正直イマイチだったので、うどん好きの私にとっては

ウェルカム!丸亀製麺 です。


にほんブログ村 大人の生活ブログ 東南アジアナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

tag : スラバヤ ドリー 尾根遺産 置屋 プラザ

★オトコの夜遊びガイド★
実は各都市の 【とっておき】 情報は、ご購入者様利益を考慮し、ブログでは一般公開しておりません。シリーズ各編のご購入は、以下各都市のバナー画像をクリックしてください。
ホーチミン編17~18
2016年11月の最新情報。床屋3軒他を新規収録
17HCM.jpg
ジャカルタ編から分冊
ブカシ、チカランにご出張の皆さま向けにお求めやすく分冊いたしました。 販売ページはジャカルタ基礎編・応用編と同一です。
cika_buka16S.jpg
ジャカルタ編は分冊化!
これまでのビギナー向け情報は「基礎編」、日本人があまり行かないようなスポットを知りたい方々には「応用編」を
JKT_K16S.jpg JKT_O16S.jpg
ヤンゴンの夜遊びは?
有名店はスレた尾根遺産ばかりに劣化してしまったヤンゴンですが、じゃあ、どこで遊べば?
YGN_17.jpg
バリ島も遊び倒そう!
蜂蜜プレイができるSPAとは?★【夜のインドネシア語会話集】も
bali16.jpg
【世界遺産の街】 の尾根遺産は
改訂版2017をリリースいたしました!★【カンボジア版:夜の指さし会話帳】も★
siemreap17.jpg
変貌著しいプノンペンの今!
改訂版リリースです★【夜のカンボジア語指さし会話帳】つき★
PNH17.jpg
クアラルンプール編16秋~17
リンギット安のクアラルンプールなら、円安の痛手を感じずに風俗三昧OK!!
KL16A.jpg
マニラ編17~18
2016年10月リリースの改訂版です
厳選マニラ夜遊びスポット。フィリピーナ攻略法も全公開 MNL16.jpg
ジョグジャカルタ編
世界遺産の街ジョグジャカルタの風俗情報★【夜のネシア語会話集】つき
14yog.jpg
スラバヤ編
スラバヤの風俗情報★【夜のネシア語会話集】つき
15surabaya.jpg
プロフィール

アジアナイトウォーカー

Author:アジアナイトウォーカー
アジアの尾根遺産をこよなく愛し、各地へ風俗巡礼を繰り返すアラフィフおやじ。

カテゴリ
リンク
検索フォーム
月別アーカイブ
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。