FC2ブログ

2016/11/24【バンコク】夜遊びは今、どうなの?

服喪中のバンコクは今、どんな状況?


磯仁様による最新情報です。


 


◎街なかの様子


プミポン国王がご逝去されてから早1ケ月。


バンコクがどうなっているのか見てきました。


市内では皆さんが未だ喪に服しておりました。


タイ人の方に限っては、ほぼ全ての方が弔意を表す為に黒い服を着ておりました。服は黒一色または上下いずれかに黒色の衣服を着ていました。


稀に他の色の衣服の方も、喪章もしくは黒の喪章のペンダントなどを着けておりました。


全体的に暗い雰囲気が感じられました。


街中の至る所に祭壇が祭られておりました。


Bangkok-train.jpg

至るところにこのような祭壇が設けられ、記帳をする方も多くおられました。


銀行などの主要施設はもちろん、ホテル等にもありました。


◎夜の街は?


一方風俗は全面解禁しておりました。


自粛期間の1ケ月を過ぎたソイ・カウボーイは、以前と変わらず活況を呈しておりました。


お店の前にはセクシーな格好をした呼び込みのレディ達が並び、そぞろ歩くお客に黄色い声を掛けておりました。


◎MPは普段どおり


Hi Classはご逝去後3日間だけ営業を自粛、その後は普段通りに営業していたとのこと。


長らく営業停止していたエマニュエルが営業を再開しておりました。


オーナーが新しくなり、国王ご逝去後間も無くオープンしたそう。


内装は以前と全く変わらず、入って左の巨大な金魚鉢(タマダー)、入って右側のモデル部屋と健在でした。


チャオプラヤ2も普段どおり。


しかし同店斜め向かいにあったJ-ONEはいまだ閉店したままでした。


Bangkok-massa-ge-Caesar.jpg

◎BIWAは絶賛営業中


もの凄い人気です。


ひな壇に並ぶ女性は皆さん30代後半、中には40代もいるのに。


しかも平日の夜にも関わらず、ひな壇に並んでいる女性は僅か10人程で、ひと仕事終えてひな壇に戻って来るや、即お客からの指名 と物凄い忙しさ。


老舗の大衆風呂は健在でした。


 


◎高級店は日本人だらけ


La belle に平日の夜9時過ぎに入店。


ガラスの無いひな壇には僅か7名、一番安い左側(それでも2,800Bhat!)にはたった一人、右に並んだ女性は3,400 Bhat ~。


一番高いのは現役モデルという娘で何と6,000 Bhat!


日本語ペラペラのママのお勧めはその娘で、サービスがとても良いと。何でもその娘、今日お客から5,000 Bhatもチップを貰ったと自慢します。しかし本当にモデル?というお顔でしたが。


一方、ひな壇前のソファは娘を侍らせた同胞のお方で一杯!


ここは日本人御用達か?と思わせる程の活況でした。


 


◎BEER GARDENにも日本人が


スクンビットSoi7にある「テルメー」と並ぶ出会い系のお店です。


ここはその昔「タイ夜の遊び方」でも書かれていたお店なのですが、日本人を見掛けることはほとんど無く、ファランが主なお客でした。


しかも多くが50代~という客層のせいか、居並ぶ女性陣も皆30代~。ここの娘に聞くと「テルメー」に居る娘は皆20代~で、若い娘目当てなら向こうだと言います。


しかし今やここでも日本人をちらほらと見掛けるようになりました。


お年の頃は皆さん60代でしょうか?


一人で来られている方は極稀で、皆さん5,6人のグループで来ておられましたね。


さて当方が選んだ娘はやっぱり30代、しかも半ばを過ぎていました。


化粧っ気も無い娘でしたが、それでも年よりは若く見えました。


ショートの言い値2,000Bを「高い!」と言ったら簡単に1,500Bに下がりました。(ここの相場です)


やはりご自分の価値を客観的に見られるお年頃のようで。


◎連れ込んだホテル


娘の案内で近くのホテルを利用。


(Soi8、ここからは徒歩3分程の場所です)


ショートで350B、綺麗で清潔な部屋でした。


簡易シャワーですがちゃんとお湯が出ます。


さすがに7才の子持ちだけあって、ややくたびれた体でしたが、その分サービスは抜群!


飲み過ぎで?勃ちが悪かったせいかすぐに中折れの繰り返しでしたが、最後は彼女の提案で生★ェラのまま彼女の口中に発射!


老人客に手慣れているせいか、生★ェラのテクは極上モノでした。


ファラン客が多い為か娘は皆英語が達者です。


稀に日本語が出来る若い娘も交じっていたりしますが、そういう娘はかなりの確率で日本人スレしていますのでご注意を。


ともあれバンコク風俗は以前同様活況でした。


(見たのは極一部だけですが、ご容赦を)


 


◎管理人から補足


多くのタイ好きな同朋諸兄が、一時は固唾を飲んで推移を見守ったかと。まずはひと安心、ですね。


私が初バンコク遠征のときは、テルメーはササッと見回しただけでしたが、BEER GARDEN は1杯飲みながら初めてみるファランの様子を見守ったもの。


連れ出しませんでしたが、懐かしいです。


にほんブログ村 大人の生活ブログ 東南アジアナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

tag : バンコク タイ チップ 風俗

コメント

非公開コメント

リンク
カテゴリ
検索フォーム
最新コメント